some reflections on racism

人種差別について考えてみる

by #elisa

In a world left in disarray by the COVID-19 pandemic, the police killing of George Floyd on May 25, following the tragic murder of Breonna Taylor on March 13 and Ahmaud Arbery on February 23, triggered waves of protest all across the U.S and the world. The blatant evidence of the current lack of equality shook a global conscience bringing people to the street against police brutality and racial discrimination. Around the world, from Europe to Syria, Brazil to New Zealand, protesters showed their solidarity with the Black Lives Matter movement. In the wake of the protests, a lot of BIPOC* including several celebrities, started speaking up about their experiences with racism.


* BIPOC = Black, indigenous, and people of colour.


COVID-19パンデミックによって混乱した世界では、3月13日のブレオナ・テイラーさん、2月23日のアフマド・アーベリーさんの悲劇的な殺害に続いて、5月25日のジョージ・フロイドさんの警察による殺害事件がきっかけとなり、アメリカ全土、そして世界中で抗議の波が押し寄せました。現在の平等性の欠如があからさまに証明され、世界で警察の残虐性や人種差別に反対する人々の良心を揺さぶり、路上で抗議デモ活動を行いました。ヨーロッパからシリア、ブラジルからニュージーランドまで世界中で、抗議者たちはBlack Lives Matter運動への連帯を示しました。抗議行動をきっかけに、何人かの著名人を含む多くのBIPOC*が人種差別の経験を語り始めました。


*BIPOC = 黒人(Black)、先住民族(Indigenous)、有色人種(People of Colour)



In particular, I found out that a lot of American publications that I had supported in the past (such as Man Repeller, Refinery 29, and Bon Appétit) are extremely problematic behind the scenes. Ironically, I was first drawn to them because they often showcased a diverse cast of contributors. In reality, however, it was a farce. Several former BIPOC employees pointed out how they were paid less, assigned less important positions with respect to their white colleagues, and faced microaggressions* on a general basis. Overall, they were used to create an appearance of multiculturalism, and inclusivity that was actually lacking in their work environment. This tokenism, i.e. the practice of making only a symbolic effort to be inclusive to members of minority groups to create the impression of social inclusiveness and diversity in order to deflect accusations of discrimination, is incredibly toxic for minority groups and it prevents BIPOC from being treated equally in the workspace. This unfair treatment of minorities isn’t limited to media companies but exists in a widespread racist corporate culture that wants viewers and customers to think they’re supporting diverse and inclusive brands and/or publications. I recently stumbled upon this quote by Malcolm X and I think it’s still relevant in our times:

“The white man will try to satisfy us with symbolic victories, rather than economic equity and real justice.”

特に、以前私が支持していた多くのアメリカのメディア(Man Repeller、Refinery 29、Bon Appétit)では、その内情が大きな問題をはらんでいることを知りました。皮肉なことに、私は当初、それらのメディアに寄稿する人々や書き手の多様性に魅了されていました。だけど、実際にそれは茶番でしかありませんでした。こうしたメディアで以前働いていたBIPOCの従業員数名によると、BIPOCの人々は白人従業員に比べて少ない給料しか支払われず、重要な役職にもつけず、日常的にマイクロアグレッション*に直面していたという指摘があります。総合的に見てみると、BIPOCの人々は、多文化主義の体裁を整えるために利用され、実際には職場環境に欠けていたインクルージョン**を演出するために利用されていました。差別の非難をそらすために社会的なインクルージョンとダイバーシティ***の印象を作り出すためにマイノリティグループのメンバーを利用し、こういった印象的な申し訳程度の努力の見せ方は、マイノリティグループにとってとても有害であり、それはBIPOCの人達が職場で平等に扱われることを妨げています。このようなマイノリティへの不公平な扱いは、メディア企業に限ったことではなく、読者や視聴者、消費者に、「ダイバーシティでインクルーシブなブランドやメディアを支持している」と思わせようとする人種差別的な企業文化が蔓延しています。最近、黒人公民権運動活動家であるマルコム・Xのこの言葉を偶然見つけたのですが、今の時代にも通じるところがあると思います。


『白人は、経済的平等や真の正義ではなく、象徴的な勝利で私たちを満足させようとするだろう』


* マイクロアグレッション = 悪意のない差別的な言動や行動

具体例ー『わかりづらい差別 -マイクロアグレッション


** インクルージョン/インクルーシブ = 企業内すべての従業員が仕事に参画する機会を持ち、それぞれの経験や能力、考え方が認められ活かされている状態。


*** ダイバーシティ = 多様な人材については人種や国籍、性別、性格、学歴など、幅広い捉え方がされています。それらにとらわれず就業機会を広げる、という意図で使われている。