some reflections on racism

人種差別について考えてみる

by #elisa

In a world left in disarray by the COVID-19 pandemic, the police killing of George Floyd on May 25, following the tragic murder of Breonna Taylor on March 13 and Ahmaud Arbery on February 23, triggered waves of protest all across the U.S and the world. The blatant evidence of the current lack of equality shook a global conscience bringing people to the street against police brutality and racial discrimination. Around the world, from Europe to Syria, Brazil to New Zealand, protesters showed their solidarity with the Black Lives Matter movement. In the wake of the protests, a lot of BIPOC* including several celebrities, started speaking up about their experiences with racism.


* BIPOC = Black, indigenous, and people of colour.


COVID-19パンデミックによって混乱した世界では、3月13日のブレオナ・テイラーさん、2月23日のアフマド・アーベリーさんの悲劇的な殺害に続いて、5月25日のジョージ・フロイドさんの警察による殺害事件がきっかけとなり、アメリカ全土、そして世界中で抗議の波が押し寄せました。現在の平等性の欠如があからさまに証明され、世界で警察の残虐性や人種差別に反対する人々の良心を揺さぶり、路上で抗議デモ活動を行いました。ヨーロッパからシリア、ブラジルからニュージーランドまで世界中で、抗議者たちはBlack Lives Matter運動への連帯を示しました。抗議行動をきっかけに、何人かの著名人を含む多くのBIPOC*が人種差別の経験を語り始めました。


*BIPOC = 黒人(Black)、先住民族(Indigenous)、有色人種(People of Colour)



In particular, I found out that a lot of American publications that I had supported in the past (such as Man Repeller, Refinery 29, and Bon Appétit) are extremely problematic behind the scenes. Ironically, I was first drawn to them because they often showcased a diverse cast of contributors. In reality, however, it was a farce. Several former BIPOC employees pointed out how they were paid less, assigned less important positions with respect to their white colleagues, and faced microaggressions* on a general basis. Overall, they were used to create an appearance of multiculturalism, and inclusivity that was actually lacking in their work environment. This tokenism, i.e. the practice of making only a symbolic effort to be inclusive to members of minority groups to create the impression of social inclusiveness and diversity in order to deflect accusations of discrimination, is incredibly toxic for minority groups and it prevents BIPOC from being treated equally in the workspace. This unfair treatment of minorities isn’t limited to media companies but exists in a widespread racist corporate culture that wants viewers and customers to think they’re supporting diverse and inclusive brands and/or publications. I recently stumbled upon this quote by Malcolm X and I think it’s still relevant in our times:

“The white man will try to satisfy us with symbolic victories, rather than economic equity and real justice.”

特に、以前私が支持していた多くのアメリカのメディア(Man Repeller、Refinery 29、Bon Appétit)では、その内情が大きな問題をはらんでいることを知りました。皮肉なことに、私は当初、それらのメディアに寄稿する人々や書き手の多様性に魅了されていました。だけど、実際にそれは茶番でしかありませんでした。こうしたメディアで以前働いていたBIPOCの従業員数名によると、BIPOCの人々は白人従業員に比べて少ない給料しか支払われず、重要な役職にもつけず、日常的にマイクロアグレッション*に直面していたという指摘があります。総合的に見てみると、BIPOCの人々は、多文化主義の体裁を整えるために利用され、実際には職場環境に欠けていたインクルージョン**を演出するために利用されていました。差別の非難をそらすために社会的なインクルージョンとダイバーシティ***の印象を作り出すためにマイノリティグループのメンバーを利用し、こういった印象的な申し訳程度の努力の見せ方は、マイノリティグループにとってとても有害であり、それはBIPOCの人達が職場で平等に扱われることを妨げています。このようなマイノリティへの不公平な扱いは、メディア企業に限ったことではなく、読者や視聴者、消費者に、「ダイバーシティでインクルーシブなブランドやメディアを支持している」と思わせようとする人種差別的な企業文化が蔓延しています。最近、黒人公民権運動活動家であるマルコム・Xのこの言葉を偶然見つけたのですが、今の時代にも通じるところがあると思います。


『白人は、経済的平等や真の正義ではなく、象徴的な勝利で私たちを満足させようとするだろう』


* マイクロアグレッション = 悪意のない差別的な言動や行動

具体例ー『わかりづらい差別 -マイクロアグレッション


** インクルージョン/インクルーシブ = 企業内すべての従業員が仕事に参画する機会を持ち、それぞれの経験や能力、考え方が認められ活かされている状態。


*** ダイバーシティ = 多様な人材については人種や国籍、性別、性格、学歴など、幅広い捉え方がされています。それらにとらわれず就業機会を広げる、という意図で使われている。



Microaggressions have been defined as brief and common daily verbal, behavioral, and environmental communications, whether intentional or unintentional, that transmit hostile, derogatory, or negative messages to a target person because they belong to a stigmatized group. Although these communications typically appear harmless to observers, they are considered a form of covert racism or everyday discrimination. Examples of microaggressions might be touching and commenting on a person’s natural hair without their consent, telling someone they don’t look like their ethnicity, pointing out how hard a name is to pronounce and not putting any effort into actually pronouncing it correctly. Microaggressions are subtle and ambiguous and it’s the person who receives the comments who has the right to feel insulted or not.


マイクロアグレッションとは、意図的であれ非意図的であれ、相手が特定のレッテルを貼られた集団に属しているという理由で、敵意や軽蔑、あるいは否定的なメッセージを含む、簡潔で日常的に用いられる言語、行動、環境的コミュニケーションと定義されています。一般的にこれらのコミュニケーションは、周囲の人々からは無害のように思われやすいけれど、隠れた人種差別や日常的に起こる人種差別の一種として考えられています。マイクロアグレッションの例としては、同意を得ずに相手の髪を珍しがって触ったり、コメントしたりすることや、その人が属する人種に見えないと伝えること(例えば、日本人に対して「日本人に見えないね!」など)、名前の発音が難しいと指摘し、正しく発音する努力をしないことなどがあげられます。マイクロアグレッションは、わかりづらく曖昧であり、侮辱されたかされていないかを感じる権利は、その発言を受け取った人に委ねられています。



When I first discovered this fake façade of inclusivity I felt so naïve and ashamed because I had simply assumed that since I was seeing a diverse group of creators, those publications were supporting minorities, giving them the space to share their thoughts and opinions. I realised how easily we can be fooled by performative actions, and how quickly we see equity where discrimination is still present. I admire the bravery of people who denounced the discrimination they have been subjected to. I wonder however, if they didn’t speak up, who would have done it? How can we expect minorities to denounce their oppressors when they don’t have a voice? Maybe people who have the privilege of not being discriminated against for the colour of their skin should pay more attention to how minorities are treated in companies and institutions and use their voices to speak up and demand change.


最初にこういった偽りであり、見かけのインクルージョンを見つけたとき、私自身とても世間知らずで恥ずかしいと感じました。なぜなら、私は多様なクリエイターたちが発信しているものを見て、こういったメディアがマイノリティを支援し、彼らの考えや意見を共有するスペースを提供しているのだと単純に思い込んでいたからです。私は、私たちが簡単にこういった見せかけの行動に騙されてしまうこと、そしてそれが原因で差別が存在する場所に、一瞬で「平等」を見出してしまうことに気づきました。私は、自ら受けてきたそんな差別を非難した人たちの勇気を称賛します。でも、もし彼らが声を上げていなかったら、誰が声を上げるのでしょうか?マイノリティが声を上げるのは難しいのに、どうやって抑圧者を告発することを期待できるのでしょうか?肌の色で差別されない特権を持っている人は、企業や制度によりマイノリティがどのように扱われているかにもっと注目して、声を上げて変化を求めるべきなのかもしれません。



In the past weeks I saw a change in these publications. After sharing some posts in which they express their sorrow for failing their Black and POC staff and audience, Adam Rapoport resigned as editor in chief at Bon Appétit, the founder of Man Repeller Leandra Medine announced her intention to step back, and Christene Barberich Refinery29’s editor-in-chief, also declared that she will step down. In addition to this, after committing themselves to create more diversity, these publications now display more articles that are written by BIPOC writers and/or feature BIPOCs. I’m willing to keep supporting them if they demonstrate a long-term conscious effort to be diverse, showing that this is not another publicity stunt but a true dedication to equality.


ここ数週間で、こういったメディアにも変化が見られました。黒人やPOC*のスタッフや読者、視聴者、消費者を失望させたことへの悲嘆を表した投稿をいくつか共有した後、アメリカで最も有名なフードマガジンの一つである『Bon Appétitit』の編集長は辞任し、カルチャーマガジンである『Man Repeller』の創始者は退任の意向を表明し、Refinery29の編集長 も退任を宣言した。これに加えて、これらのメディアは、より多くの多様性を取り入れることを約束し、今ではBIPOCの作家によって書かれた記事やBIPOCを特集した記事をより多く掲載するようになりました。もし彼らが長期的に多様性を意識し続け、これが偽りではなく、平等への「真の献身」であることを示すならば、私は彼らを支援し続けてもいいかな、と思っています。


* POC = People of Color(有色人種)



Even if you aren’t an American citizen it doesn’t mean that you can’t be an ally and support the BLM cause. However, to do so, it’s very important to educate yourself and do your research. The events that took place in the U.S. are rooted in a specific social, political, and historical context which must be understood before we compare the U.S. to other countries otherwise we risk deflecting the attention from the cause. For instance, when protests in solidarity with BLM protesters were organized in Italy several people argued that “instead of wasting time paying attention to how immigrants are treated in other countries, we should focus on more important matters such as how immigrants are treated in Italy”. African Americans in the U.S. aren’t immigrants so this comparison is misleading. In addition to this, I think that sentences like the aforementioned reflect the idea that many Italians instantly perceive non-white people as foreigners. In fact, there are thousands of non-white Italians who despite being born and raised in Italy are considered “outsiders”. I definitely agree that we must reflect on our society but just because we pay attention to the US it doesn’t mean that we cannot ponder on our situation, or that the BLM movement can’t be a starting point to a different reflection on the Italian situation. I think that the conversation about inclusivity in Italy is only starting to open, not because there weren’t any advocates in the past but because people of colour are only starting to be heard and accepted by mainstream culture. There are still a lot of people, both adults and youngsters, that aren’t familiar with topics such as systemic racism and inclusivity. Despite the myriad of content on the internet, many are still ignorant about these themes because they aren’t personally affected by issues such as racial injustice.


アメリカ人ではないからといって、私たちが味方になってBLM(Black Lives Matter)の主張をサポートすることができないという意味ではありません。でもサポートするためには、自分自身を教育し、自分自身でリサーチすることがとても重要です。アメリカで起こった出来事は、特定の社会的、政治的、歴史的文脈に根ざしており、アメリカと他国を比較する前にそれを理解しなければなりません。例えば、私はイタリア人ですが、イタリアでBLMの抗議者と連帯するための抗議行動が開催されたとき、何人かの人は「他の国で移民がどのように扱われているかについて時間を無駄にするよりも、イタリアで移民がどのように扱われているかなど、もっと重要な問題に焦点を当てるべきだ」と主張していました。アメリカにいる黒人は移民ではないので、この比較は誤解を招きます。これに加えて、前述のようなことは、多くのイタリア人が白人ではない人を瞬時に「外国人」と認識していることを反映していると思います。実際にイタリアで生まれ育ったにもかかわらず、白人ではないイタリア人が何千人もいて、彼らは「部外者」とみなされています。私は、自分たちの社会の中のことを知る、考えることは必要だということには同感です。しかし、アメリカに注目したからといって、私たちの状況について考えないわけではありませんし、BLMがイタリアの状況について考え始める出発点になりうることもあります。イタリアではインクルージョンについての会話がやっと始められてきていると思います。それは過去にこのような行動を起こそうとしている人がいなかったからではなく、メインストリームが有色人種の人々に耳を傾け、受け入れ始めたばかりだからだと思います。大人でも若者でも、制度的人種差別*やインクルージョンなどの話題に馴染みのない人はまだたくさんいます。インターネット上には、数えきれないほどのコンテンツがあるにもかかわらず、こういったテーマについては、個人的に自分自身が人種的な問題や影響を受けていないだけで、多くの人が無知のままなのです。


* 制度的人種差別 = 社会的な弱者が不利となる仕組みが社会構造に組みこまれていて、黒人が黒人として生まれただけで、以後の人生が自動的に不利になってしまう。その悪循環から抜け出せない。個人の自助努力では克服しがたい構造的な差別のこと。

honeyhands - 『Black Lives Matter



Because I’m half-Filipino and half-Italian, I’ve been driven since a young age to learn more about discrimination. Fortunately, I’ve only experienced racism a handful of times and these experiences made me more empathetic towards those who face it on an everyday basis. I reflected on what I can do to improve the situation, how to turn my anger and outrage in the face of racism into something positive. The idea of confronting someone makes me uncomfortable. I understand that this is a privilege because I can choose if I want to talk about racial issues, whereas others have no other choice. I want to be better at speaking up and start a constructive conversation. I realised that even if I can’t change the opinion of everyone around me, I can start by opening a conversation about racism and normalize discussing these topics. For this reason, my sister and I decided to create an account on Instagram (you can find us at @la.tuttologa) where we post videos and content concerning racism and BLM in Italian, so that people who are not fluent in English can understand and contextualise the situation better. We don’t have a big platform but we hope that by sharing information we can create more awareness, hopefully leading to a snowball effect where more and more people can learn. In my opinion, education is only the first step to a long-term solution to fix systemic racism. For this reason, I think that we should all take our time to research, educate ourselves, and keep the conversation going. As I mentioned before, those who are lucky enough to have the power to speak up should help amplify BIPOC’s voices and help them be heard. Amplifying others’ voices can take different forms. To me, it means supporting initiatives and platforms which help oppressed minorities and speaking up when people are being discriminated against, whether online or in real life. I’m still learning how to be more active in my allyship but I’m committing myself to a long-term fight against racial violence and injustice.


私はフィリピン人とイタリア人のハーフなので、幼い頃から差別についてもっと知りたい、学びたいと思っていました。幸いなことに、私は人種差別を経験したのはほんの一握りで、私の数少ない経験は、日常的に人種差別に直面している人たちへの共感を深めてくれました。 人種差別に対する私の激しい怒りをどうやってポジティブなものに変えていけばいいのか、状況を改善するために自分にできることは何かと私は考えました。私は、差別的言動をした誰かに立ち向かうことは、心地悪くできないと思います。こんな状況に陥った時、他に選択肢がない人もいるのに、私は人種問題について相手と話したいかどうかを選択できてしまう。これは私が持っている特権だと理解しています。私はもっと上手に声をあげていきたいし、積極的な会話を始められるようになりたいです。私の周りの人の意見を変えることはできなくても、人種差別についての会話を開くことから始めて、こういったトピックについて話し合うことが「普通」だと示すことができることに気付きました。それから、私は姉と一緒にInstagramでアカウントを作ることにしました。(@la.tuttologa)ここでは、英語を話さないイタリア人たちが状況をよりよく理解し、文脈を理解できるようにするために人種差別やBLMに関する動画やコンテンツをイタリア語で投稿しています。私たちは大きなプラットフォームを持っているわけではありませんが、情報を共有することで、より多くの人の意識を高め、学ぶことができるような、知る人が一人でも多く増えるようにつながることを願っています。 私は、教育は制度的人種差別を是正するための長期的な解決策への第一歩に過ぎないと思っています。そのために、私たち一人一人が時間をかけてリサーチしたり、自分たちを教育したりして、この会話を続けていくべきだと思います。前にも述べたように、声を上げる特権を持っている人たちは、BIPOCの声を広め、人々が彼らの声を聞くことができるように支援すべきです。他者の声を広める方法は、さまざまです。私が他者の声を広めるためにやっていることは、抑圧されているマイノリティを支援する取り組みやプラットフォームをサポートし、オンラインでも現実世界でも人々が差別されているときには、声を上げることです。私はまだ積極的なアライ*になる方法を学んでいるところですが、人種的暴力や不正との長期的な戦いに身を投じています。


* アライ = 「味方」を意味する。LGBTQ+やBIPOCの当事者ではない人が、マイノリティを理解し支援するという考え方、あるいはそうした立場を明確にしている人々を指す言葉。


Images by Elisa

Japanese Translated by Kanaco, Mao and Hikari

Edited by Kiara

Follow us on Instagram!

contact:

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black SoundCloud Icon
  • Black YouTube Icon
©Copyright 2020 honeyhands. All Rights Reserved.