sustainability on my feet

足元のサスティナビリティ

by #mio


7月に、KEEN(キーン)というブランドのサンダルを購入しました。UNEEK(ユニーク)という2本のコードが編まれているようなデザインがかわいくて、今年の夏になったら絶対買おうと思っていたので購入時はとってもウキウキだったのですが、履き始めてから「これって環境に良いブランドなのだろうか…?」と疑問に思い始めました。環境問題について意識し始めてから、服を買う時は「ファストファッションは買わない」や「値段が高くても長持ちするものを買う」など、自分なりに意識してとても慎重に選んでいました。服以外にも最近では、動物実験を一切行っていないnaturaglacèというブランドのファンデーション*を購入してみました。しかし靴の事は全く何も考えずに購入してしまい、後からとても反省しました。そこでKEENが取り組むサスティナビリティについて調べてみたのですが、これがとても素晴らしいものだったのでみなさんに紹介したいと思います!


In July, I bought a pair of KEEN's sandals called UNEEK, which is a cute pair sandals made of woven cords and I was so excited to buy them this summer because I was definitely going to get them, but then I started wearing them and I realized that they are great for the environment. Is it a good brand...? I began to wonder about this. Since I became aware of environmental issues, I have been very careful in my own way when buying clothes, for example, not buying fast fashion and buying expensive but long-lasting clothes. In addition to clothes, I recently bought a foundation from a brand called "naturaglacè," which is not tested on animals in any way. But I didn't think about shoes at all, and I felt bad about it later. So I looked into KEEN's commitment to sustainability and it's so great that I wanted to share it with you all!


KEENのサイトを確認したところ、4つの分野での取り組みを見ることができました。まず、撥水加工*段階で使われる過フッ素化合物(PFC)を使用していないということ。2つ目は、シューズの防臭対策としてよく使われるバクテリアを排除するための殺生物剤を100%排除し、代替えとして微生物を使用していること。殺生物剤はバクテリアだけでなく、ハチのような生き物も殺してしまいます。3つ目は、水資源に配慮した認定レザーを使用していること。レザーの調達を認定された工場に限ることで、化学物質の使用を軽減し海の生態系への悪影響を防ぐことができます。また多くの水を節約することができます。そして4つ目は、2020年春夏新作モデルよりプラスチック再生繊維を採用していること。


* 撥水加工 = 生地表面を水が転がり落ちるような作用で、水を弾かせるための加工方法


When I checked the KEEN website, I was able to see their efforts in four areas. First, they do not use perfluorinated compounds (PFCs), which are used in the water-repellent* processing phase. Second, they have 100% eliminated the biocide used to eliminate bacteria, which is often used as a shoe odor control measure, and use probiotics as a substitute. Biocides not only kill bacteria, but also critters like bees. Third, they use certified leather that is water-conscious. By limiting the sourcing of leather to certified factories, we can reduce the use of chemicals and prevent negative impacts on the marine ecosystem. It also saves a lot of water. And lastly, starting with the new Spring/Summer 2020 model, they are using recycled plastic fibers.



わたしはこの取り組み全てにとても感心しました。中でも1番気になったのが、1つ目の「PFCを使用していない」という取り組みです。PFCは人工的に作り出された化学物質の一種で、一部のPFCは生きものの生殖能力に阻害し、腫瘍の増加を促進し、ホルモン系に影響を与える物もあります。また、肝臓や腎臓の障害、生殖障害などといった様々な問題を引き起こす物もあることなどから、有害な物質とされています。今現在、人間以外の動物への影響は確認されていますが、人間への影響は確認されていません。しっかりと証明されていないだけで、懸念されている段階です。動物によっては人間とPFCを代謝する仕組みが異なり、動物への影響が人間にも同じような影響を与えるとは確実には言えないそうです。例えば、ラットでは発ガン性が確認されていますが、ラットと人間ではPFCの代謝する仕組みが違うため、人間でも同じ症状が起きるとは限りません。しかしこのような動物実験は、人間にも同じような影響を与える可能性があるということを示すため、PFCを体内に入れない、というのが健康への被害を防ぐ1番の方法です。このようなPFCですが、衣類の防水加工や焦げ付かないように加工された調理器具、また防水性・防汚性に優れた家具や絨毯等にも使用されていて、調べてみるとわたしたちの生活の中で身近にあるものだということが分かりました。しかし一度環境に放出されると、ゆっくりと分解され、数百年の間環境中に残り、地球全体に分散します分散したものは生活汚水や汚水処理場、暴雨による水流等を通して地表水*に入り込みます。また、人間活動から遠く離れた場所に生息するホッキョクグマの体内からも検出されています。


* 地表水水道の原水となるとなるもの。地下水と比べると細菌に汚染されていることが多くあるため、より厳格な水質管理が必要となります。


I was very impressed with all of these efforts. The first one I was most impressed with was the "PFC-free" initiative. PFCs (perfluorinated compounds) are a class of artificially produced chemicals, some of which cause harm to reproduction, promote the growth of tumors and affect the hormone system. And also it causes a range of other problems in animals, including liver and kidney damage, so it is considered to be a harmful substance. At present, it has been confirmed that it has effects on non-human animals, but not on humans. It just hasn't been firmly proven, but it's a stage of concern. Different animals metabolize PFCs differently than humans, and they cannot say with certainty that the effects on animals will have the same effects on humans. For example, carcinogenicity has been confirmed in rats, but since rats and humans metabolize PFCs differently, it is not necessarily true that the same symptoms occur in humans. However, since these animal studies show that PFCs can have the same effect on humans, the best way to prevent damage to your health is to avoid putting PFCs in your body. However, PFCs are also used in waterproofed clothing, non-stick cooking utensils, waterproof and stain-resistant furniture, carpets, and other items, so it is clear that PFCs are a familiar part of our daily lives. However, once they are released into the environment, they slowly decompose and remain in the environment for hundreds of years before being dispersed throughout all over the world. Dispersed materials enter surface water* through domestic sewage, sewage treatment plants, and water flow from rainstorms. It has also been detected in the bodies of polar bears that live far from human activities.


*Surface water = raw water for tap water. Compared to groundwater, it is often contaminated with bacteria and therefore requires stricter water quality control.



PFCは、わたしたちの生活の中でとても役に立っているものだと思います。ですが、今回PFCを調べてみて、人工物質が環境に及ぼす悪影響の恐ろしさを実感しました。我々の手から作られたものが、恐ろしい形で我々に返ってくるだけではなく、何の関係もない野生動物や自然、地球にまでも被害を広めていること。わたしたちはこの事実をしっかりと理解する必要があると思います。


I think PFCs are very useful in our daily lives. However, when I researched PFCs this time, I realized the horrible negative effects that man-made substances have on the environment. Not only do the products made by our own hands return to us in a horrible way, but they also spread the damage to wild animals, nature and the earth, which have nothing to do with us. I felt that we need to understand this fact.


先ほど紹介したKEENの全ての取り組みは、フットウェア業界初の取り組みらしく、リサーチをしてみて、こんなにも環境に配慮したブランドの靴を履けるなんてすごく嬉しいことだなと今は思います。次に一般的なスニーカーの製造状況における環境問題に着目してみたいと思います。


All of the KEEN initiatives I just mentioned seem to be the first in the footwear industry, and after doing the research, I now think it's great to be able to wear shoes from such an environmentally friendly brand. Next, I'd like to focus on the environmental issues in general sneaker manufacturing.


スニーカーは、世界中で多くの人に履かれています。しかしその反面、スニーカーの原料の採掘や加工・製造・組み立て・輸送の過程では、地球全体の平均気温を上げる温室効果ガスが多く排出されいています。現在わたし自身が愛用しているスニーカーのほとんどは、わたしの手元に来るまでに地球に何らかの悪影響を与えているわけです。また処分する際ですが、スニーカーは様々な素材からできているのでリサイクルすることがほぼ不可能です。地域によってさまざまだと思いますが、わたしが履きつぶしたスニーカーを捨てるとき、「その他・燃えないゴミ」の分類で回収されます。回収されたスニーカーのうち20%は焼却され、残りは埋め立て地に捨てられますが、分解するのに1000年もの時間を有します。


Sneakers are worn by many people around the world. But the mining, processing, manufacturing, assembly, and transportation of the raw materials used to make these sneakers emit a lot of greenhouse gases that raise the average temperature of the planet. Most of the sneakers I currently use are already having a negative impact on the earth by the time I get them. And when it comes to disposal, sneakers are nearly impossible to recycle because they are made of a variety of materials. When I throw away, they are categorized as "other/non-burnable trash" and 20% of them are incinerated and the rest is thrown into landfills, but it takes a thousand years to decompose.



そこで、できるだけ環境に優しい処分の仕方がないか調べてみたのですが、わたしが調べた結果では「サーマルリサイクル(熱回収)」という方法がありました。靴を焼却処理する際に発生する熱エネルギーを回収して利用するリサイクル方法のようです。これは靴に限らず完全に分別しきれないプラスチックなどの廃棄物を処理するのにも有効のようです。焼却するにあたって温室効果ガスである二酸化炭素が発生してしまいますが、逆に、食品が付着したプラスチック類を埋めて、それが腐敗した際に発生する二酸化炭素の21倍の温室効果があると言われるメタンガスを抑えることができます。よって、埋めた時よりも温室効果ガスの排出を抑えることが可能になります。このサーマルリサイクルは、日本のリサイクル率84%のうち56%を占めるリサイクル方法です回収されたエネルギーは温水施設に供給したりしています。しかし欧米においては、このリサイクル方法が環境にいいものとは限らないという考えが広まっています。実際、欧米では「サーマルリサイクル」ではなく「サーマルリカバリー」と呼ばれ、"リサイクル"としてカテゴライズされていない場合もあるようです。日本では環境に良いこととして"リサイクル"にカテゴライズされていますが、こう見てみると結局は"ゴミを燃やしているだけ"に感じてしまい、果たして"リサイクル"と呼んで良いものだろうかと疑問に思います。


So I investigated whether there was a method of disposal that was as environmentally friendly as possible, and from the results of my investigation there was a method called "thermal recycling" (heat recovery). This is a recycling method that recovers and uses the heat energy generated when shoes are incinerated. This method is effective not only for shoes, but also for plastics and other waste that cannot be completely separated. Although incineration generates carbon dioxide, a greenhouse gas, burying food-stained plastics can reduce methane gas, which is said to be 21 times more potent than the carbon dioxide produced when they decompose. Therefore, it is possible to reduce greenhouse gas emissions compared to burying them. This thermal recycling method accounts for 56% of Japan's 84% recycling rate. The recovered energy is used to supply hot water facilities. However, there is a widespread belief in the West that this recycling method is not always good for the environment. In fact, in the West, it is called "thermal recovery" instead of "thermal recycling" and is not always categorized as "recycling." In Japan, it is categorized as "recycling" and as a good thing for the environment, but when I look at it this way, it seems to me that in the end, we are just burning trash, and I wonder if it is really appropriate to call it "recycling."



またサスティナビリティが広まる今、数多くのブランドでは、ナイキ「MOVE TO ZERO」、ヴァンズとフィニステレのコラボカプセルコレクション、コンバース「Converse Renewなど、環境に配慮した様々な取り組みが行われているようです。わたしが特に気になったコンバースのサスティナブルシリーズ「Converse Renew」は、使用済みペットボトルから生まれた100%リサイクルポリエステルを使用した生地や廃棄ジーンズをアップサイクル*した生地、またレザーフリーやリサイクルコットンなどを扱っていて、色もデザインもグッドです!(残念ながら日本未発売らしいです…。)何か必要な物があるときにこういった選択肢がある場合には、"普通のスニーカー"よりも、環境に優しいものを積極的に選んでいきたいと思いました。


* アップサイクル = サスティナブルなものづくりの新たな方法論のひとつ。これまでのリサイクルのように「原料」に戻すのではなく、元の製品として「素材」をそのまま活かす手法。そのままの形をなるべく生かすため、地球への負荷を抑えることができる。


And as sustainability becomes more widespread, many brands are taking action to protect the environment, such as Nike's "MOVE TO ZERO," Vans and Finisterre's collaborative capsule collection, and Converse's sustainable series "Converse Renew." Converse's sustainable series "Converse Renew," which I was particularly interested in, features fabrics made from 100% recycled polyester made from used plastic bottles, fabrics made from upcycled* discarded jeans, leather-free and recycled cotton, and more, and the color and design are good! (Unfortunately, they are not yet available in Japan...) When I have this option when I need something, I will actively choose something more eco-friendly than "regular sneakers."