the small steps i take for myself

自分のために踏み出す一歩


Frankly, I have always had an issue with speaking up. I often look to my friends, who are all outspoken, courageous artists and thinkers, and wonder why I don’t have the guts that they have. Applying to be an intern writer at honeyhands was a step towards finding my voice. I figured that the more I wrote down and shared my honest thoughts, I would gain confidence in speaking my truth. I like to think that it is helping, slowly but surely.


正直、声を上げるのは得意じゃない。友達はみんな、率直で勇気のあるアーティストや理知的な人たちばかり。そんな友達たちを横目に、なんで自分はああなれないんだろうって思う。honeyhandsのインターンライターに応募したのは、「自分の声」を探すための一歩だった。思ったことを正直に書いてシェアすることで、自分なりの信念を声にする自信がつくと思ったから。少しずつだけど、確実に形になってきていると思う。



When I hear someone say something that I find ignorant or misguided, I have a bad habit of typically having no response at all. Saying nothing was better than creating a potential argument. That ultimately made me bottle up a lot of unaddressed feelings, preventing me from asserting boundaries and ending up hurt in the process. When I think about previous examples of this, I realized I often run into these situations the most in professional settings.


誰かが無神経や見当違いだと思えるようなことを言うのを耳にするたびに、返す言葉がない。これは私の悪い癖だ。要するに、言い合いになるよりは何も言わない方が良い、と思ってしまう。こんな風に振る舞っていると、やがて自分自身が行き場のない感情に飲み込まれたようになってしまって、結局傷ついてしまうようになった。そして自分が経験したことを振り返ってみると、プロフェッショナルな場でこんな状況に直面することが多いことに気づいた。


At a previous job, I worked as a videographer for a YouTube channel that specializes in reporting on trending pop culture news. From Monday to Friday every week, I would come into their studio in Los Angeles and shoot an episode for them. Afterwards, I would take home the footage and edit it into a completed video at home on the same day. The pay was great and the workload was fairly manageable. I felt very privileged to have a stable job like this so soon after graduating college.


前職は、流行のポップカルチャーのニュースを専門とするYouTubeチャンネルのビデオグラファーの仕事だった。平日は毎日、ロサンゼルスにあるスタジオに出勤して、1エピソード分を収録。そのあと、収録した映像を家に持ち帰って編集し、一本の動画に仕上げる。お給料も良くて、仕事の量もさほど多くはなかった。むしろ、大学を卒業してすぐ安定した仕事に就くことができて、すごく恵まれていると感じてた。



Not long after I started, however, my ex-boss and I began to butt heads regarding the capacity of my workload. She began adding extra tasks to my lists of things to do, sometimes including jobs that were not under my assigned role as a videographer. Her emails of demands increased gradually over time, leaving me at an awkward position to either silently abide or figure out a way to draw the line. Since it was one of my first jobs after school, I at first was not sure whether I should speak out or not. Days passed, and I began to stay up doing work later than expected. My stress levels increased as my ex-boss saw that I lacked any objection to the demands she would repeatedly give me. I vented about this to my friends, and they rightfully told me that I should say something so that she would stop.


でも、この仕事を始めて少し経った頃、当時の上司と、私の仕事量をめぐってぶつかるようになった。その上司は、私に与える仕事の量を増やすようになり、中にはビデオグラファーという職種とは関係のないものもあった。時間が経るにつれ、上司からメールが届く回数も増え、私は黙って耐えるか、それとも仕事上の線引きをする方法を何とかして見つけるか、という微妙な位置に立たされることになった。大学を卒業して初めての仕事だったから、始めは声を上げるべきかどうか分からなかった。しばらくして、夜遅くまで残業をすることが多くなった。度重なる要求に対して、私が反論しないことから上司は私に仕事を与え続け、私自身が受けるストレスも増えていった。このことを相談した友達からは、無理な要求をやめてもらうよう上司に言うべきだよ、とアドバイスをもらった。



One day, I received an email from my ex-boss about how she needs me to start designing the thumbnails of the channel’s YouTube videos, on top of my usual workload. This was another clear overstep of professional boundaries because it does not fall under my role as a videographer. I thought about what my response would be long and hard. Eventually, I replied and told her that this is not covered under what she’s paying me for, so I shouldn’t take on this task. Less than two minutes later, she responds with a slightly more aggressively worded message, saying that it “shouldn’t be a big deal” to take on this extra workload, considering that it “should take 20 minutes to do”.


ある日、上司から一通のメールが届いた。メールの内容は、通常のタスクに加えて、動画のサムネイル画像の編集をしてほしい、というものだった。ビデオグラファーとしての仕事の内容には含まれていないタスクだったから、この要望は仕事上の線引きを越えてしまっていることが明らかだった。時間をかけて、必死に返答を考えたあと、「お給料の範囲には含まれていない仕事だから、このタスクは引き受けられない」と返事をした。そうしたら、2分も経たないうちに上司から返信が来た。このタスクは「20分しかかからない」から、追加の仕事だけど「大したことじゃない」という、少し攻撃的なメッセージだった。


Knowing my ex-boss, it was likely that she was downplaying the amount of time it would really take to design and create the video thumbnails so that I would end up feeling more obligated to work on this task for her. Looking back on it now, I realize that her saying that this added assignment “shouldn’t be a big deal” was a form of gaslighting. Even if it did take me 20 minutes, piling up my workload will ultimately end in more of my unneeded stress for a task that I wasn’t even getting paid to do.


その上司の性格からして、「20分」という実際にかかる時間よりも短い時間を提示することで、きっと私にこのタスクを引き受けることに対して強い義務感を感じさせたかったんだと思う。今振り返ってみれば、「大したことじゃない」と言うのはガスライティング*の一種だと気づいた。仮に20分しかかからなかったとしても、仕事量が増えることで、対価の支払われないタスクのせいで私は余計なストレスを受けることになる。


* ガスライティング = 心理的虐待の一種であり、被害者にわざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向ける手法。



I took another hour to think of my response. I needed her to realize that what I am saying is a hard “no”. Finally, I responded: “My day rate covers videography and editing. I understand if it seems like it’s not a lot of work, but I have to set boundaries on the tasks that I do.”


そのあと1時間かけて返答を考えた。私の回答が絶対的な「ノー」であることを上司にわかってもらう必要があった。「私は動画の撮影と編集に対して対価をもらっています。今回のタスクは大したことではないかもしれませんが、仕事の範囲に対しては境界線を引かなければなりません。」というのが、私からの最終的な回答だった。


After sending that email back to her, I never got a response back -- meaning that I stood my ground, and she read my message as a “no”. Seeing that I settled this situation by asserting my boundaries, I felt proud of myself. I think the first step to finding the courage to speak up, is to be completely honest with yourself. When people treat you wrongly or disrespect your boundaries, telling yourself that “it’s ok” further muddies your own judgement of the situation. Sometimes we have to step up in our own way and say, “no, it’s not ok and I feel disrespected”. This can be demonstrated through many different ways besides verbal; I found a small way to stand up for myself by simply writing my emails with a firmer tone. There are other times when I overhear coworkers saying something that I think is founded in racism or ignorance, and I try to counter their point by offering a different perspective. Sometimes it works, and they begin to listen more when I talk. Granted, this is still very difficult for me to do, so I am trying it little by little. Ultimately, I believe that the place you work in should not silence your self worth and confidence, and when you feel like it does, it’s important to give space for yourself and listen to what you need.


返事は返ってこなかった。つまり、上司は私からの回答を「ノー」として受け取ったということ。仕事の内容に線を引くことで事態を収拾できたことがわかって、自分のことを誇りに思った。自分に正直になることが、声を上げる勇気を出すための一歩だと思う。他の人に粗末に扱われたり、必要以上に踏み込んでこられたとき、「これでいいんだ」と思い込むことで、逆に状況を判断する力が鈍ってしまうことがある。「いいえ、これは間違っている」と声を上げなければならないこともある。私は実際に声に出す以外にも、声を上げる方法があることを見つけた。落ち着いたしっかりとしたトーンの文面で、メールを書くのも一つ。人種差別的な考え方や、無知さに由来するような同僚たちの発言を聞いたときは、違った見方を提供することを通して反論するようにしてる。私のこのやり方に効果がみえて、私の話をもっと聞いてくれるようになることもある。もちろん、決して簡単なことではないけど、少しずつ試すようにしてる。職場の環境のせいで、自尊心や自信を失うべきじゃないと思う。でも、失ってしまいそうなときは、自分自身のための居場所を確保して、自分には何が必要なのか、考えてみることが大事なんじゃないかな。


Images by Asuka

Japanese Translated by Mia

Edited by Kiara and Hikari

contact:

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black SoundCloud Icon
  • Black YouTube Icon
©Copyright 2020 honeyhands. All Rights Reserved.