the story of making kinpira gobo


きんぴらごぼうを作った話


実家住まいのわたしは普段料理をしない。お母さんの手伝いで作ったりはするものの、最初から最後まで1人で何かを作る、なんてことは滅多にない(ちなみにお母さん曰く、わたしが作るオムライスはお母さんが作るオムライスよりも美味しいらしい)。わたしの家では、朝食は各自好きなものを自分で作って食べる。例えば、お父さんは必ず食パンを食べるけど、お母さんは納豆や漬物をご飯と一緒に食べている。妹はよくチキンナゲットを焼いていたり、わたしはほとんど毎日お茶漬けだったりする。こんな感じで本当に各自バラバラ。昼食も各自違う場所にいるため、各々のスタイルで食べる。だけど毎日の夜ご飯は決まって、1番早くに仕事が終わるお母さんが作ってくれている。"料理"という家事をお母さんが担当してくれている分、わたし(たまにお父さんと妹)が洗濯物や洗い物、ゴミ出しを担当することで、家事を分担するようにしてる。というのもあって、私は実家では料理はしない。だけど最近、彼の家でコツコツといろんな料理に挑戦するようになった。週末に彼の家で夜ご飯を食べることがルーティン化してからは、ほぼ毎週料理をしている。基本的に和食が好きなため毎回素朴な味がメインだけど、最近は洋食や中華を作ってみることも。


I don't usually cook because I live at home with my family. Although I sometimes help my mother with cooking, I rarely make something by myself from start to finish (by the way, my mother says that the omelet rice I make is better than the one she makes.) In my house, each person makes and eats his or her own breakfast. For example, my father always eats bread, while my mother eats natto (fermented soybeans) and pickles with rice. My sister often bakes chicken nuggets, and I eat "ochazuke" (rice soaked with tea) almost every day. It's really different for each of us. We are all in different places for lunch, so we eat lunch separately. However, my mother, who finishes work earliest, cooks dinner for us every night. My mother does the cooking, and I (and sometimes my father and sister) do the laundry, wash the dishes, and take out the trash, so that we can share the chores. That's why I don't cook at home. But recently, I've been trying to cook at my boyfriend's house. Since it became a routine for us to have dinner at his house on weekends, I have been cooking almost every week. We like Japanese food, so we mainly cook simple dishes every time, but recently I have been trying to cook Western and Chinese dishes.



人それぞれだと思うけど、わたしの場合、食材を切っている時が料理をしている中で1番好きな工程だ。それは食材を自らの手で触ることで、固い、柔らかい、ヌメりがあるといった感触をちゃんと味わうことができるから。あとは、切っている時の音が好き、というのも理由のひとつにある。カタカタ、トントン、ざくざくといったように食材によって異なる音を聞くのが楽しい。


I guess it depends on people, but for me, cutting the ingredients is my favorite part of cooking, because I can feel the texture of the food with my own hands, whether it is hard, soft, or slippery. Another reason is that I like the sound of the cutting process. It's fun to hear the different sounds of different ingredients, like crunching, thumping, and chopping.


ここで、題名にもなっている「きんぴらごぼう」を作った話をしたい。お母さんやおばあちゃんが作ったもの、給食で出てくるもの、市販のお弁当に入っているものなど、いろんな場面できんぴらごぼうを幾度となく食べてきた。だけど、今まで一度も自分で作ったことはなかった。基本のきんぴらごぼうに使う食材はごぼうとにんじんのみだと思うけど、わたしの家では牛肉を入れることも多々ある。それも美味しくて好きだけど、今回は基本に倣ってごぼうとにんじんだけを使うことに決めた。


I would like to talk about how I made "Kinpira Gobo*", which is also the title of this article. I have eaten Kinpira Gobo many times in various situations, such as when my mother or grandmother made it, when it was served in school lunches, or when it was included in store-bought lunch boxes. However, I had never made it by myself before. I think the basic Kinpira Gobo uses only burdock root and carrots, but in my family, my mother often adds beef. But this time I decided to follow the basic recipe and use only burdock root and carrot.


*Kinpira Gobo = One of the side dishes of Japanese cuisine. It is made by stir-frying shredded vegetables (usually burdock root and carrot) in a sweet and spicy sauce which includes sugar and soy sauce.



初めて作るので、クラシルという料理アプリの力を借りながら調理スタート。まず食材を洗っていく。プラスチックの袋に入れられたごぼうとにんじんを取り出す最中に、「プラごみが出てしまった…」と少し罪悪感を感じる。買い物をしていると、そこら中にプラスチック製の袋やトレイにいれられた食材を見かける。脱プラ生活を心がけているわたしにとっては悲しくなる光景だ。でも、「プラスチック製のパッケージやトレイに入っていることで、傷つきやすい野菜や果物は守られている」「プラスチック製の包装をやめてしまうと、売り物にならない傷んだ野菜や果物が増える=食料廃棄物が増えてしまう、という懸念がある」など、プラスチック製の包装が必要な場合もある事実を知ってからは、場合によってはしょうがないのかもしれないとも思うようになった。ましてや今はコロナウイルスの影響もあって、目に見えないウイルスが食材についている可能性も考えると、衛生的には良いのかもしれない。ただ、地元の農家さんが直接卸しているような小規模のスーパーでは、野菜や果物がそのままの状態で売られていることもあるし、道の駅なんかでも同じような光景を見かける。それにプラスチックではなく、段ボールの箱に入って売られている光景を見たこともある。このような取り組みを見かけると、私は少し傷が付いていたとしても包装されていないものを選んで購入したいな、と思う。


Since it was my first time making Kinpira Gobo, I started cooking with the help of a cooking app called Kurasiru. The first step is to wash the ingredients. As I was taking out the burdock root and carrots from the plastic bags, I felt a little guilty, thinking "plastic trash has been generated...". When I go shopping, I see plastic bags and trays everywhere. It's a sad sight for me as I try to live a plastic-free life. However, I have learned that there are some cases where plastic packaging is necessary, such as "plastic packages and trays protect fragile fruits and vegetables'' and "there is a concern that if we stop using plastic packaging, there will be more damaged fruits and vegetables that cannot be sold, which means more food waste". After learning the fact that plastic packaging is necessary in some cases, I came to think that it may be inevitable in some. Nowadays, with the influence of Covid-19, it may be hygienic considering the possibility of invisible viruses attached to foodstuffs. However, in some small supermarkets where local farmers sell directly to wholesalers, fruits and vegetables are sold in their original, organic state, and you can see the same thing at roadside rest areas. I've also seen them sold in cardboard boxes instead of plastic ones. When I see such efforts, I prefer to buy unwrapped products, even if they are slightly damaged.



話をきんぴらごぼうに戻して。洗った食材をまな板の上に乗せて、わたしの好きな切る作業に入る。クラシルで「きんぴらごぼう」と検索すると様々なレシピが出てくる。今回は「基本のきんぴらごぼう」というレシピを選んだ。このレシピ内ではごぼうを"ささがき"*にすると書いてある。ここで疑問が生まれる。「ささがきとは…!?」クラシルでは丁寧な動画のレクチャーがついているので、やり方は見れば分かるんだけど、そもそもこの切り方を"ささがき"と呼ぶんだという新しい発見を得て一旦手が止まる。レシピには"ささがき"と書いてあるけれど、少し難しそうだったので今回は縦に細切りをすることにした。にんじんも同じように切っていく。ごま油を敷いたフライパンに、切って水にさらしておいたごぼうとにんじんを入れて炒める。ごま油を使用するのは風味を付けるためだ、と以前お母さんから教わった。しんなりしてきたら調味料を加える。今回は、みりんと醤油、あとは砂糖を入れた。汁気がなくなるまで炒った後、白ごまを振りかけて完成。初めてにしては上手くできたと思う。砂糖を入れすぎたのか、お母さんが作るよりも少しだけ甘くなってしまったけど、今後何度も作りながら味を調整できるようになっていけたらいいな。


<