the way i protect myself

「怒ること」は自分を守ってくれるものなんじゃないか


誰かに嫌なことを言われた・されたとき、私には咄嗟に笑ってごまかす癖がある。本心は、ちっともおかしくないし、「やめて」と言いたい。けれど、そのときの私はだいたい「ニコニコする」ことで、相手の言動を受け流してしまう。そして、一人になった時に「なんであのとき自分の気持ちを伝えず、ただ笑ってしまったんだろう」と自己嫌悪に陥る。ちょうど大学生になった頃から、ずっとこのループにはまり苦しんできた。けれど最近になって、少しずつだけど、嫌なことを言われてもニコニコしてしまう癖をやめられるようになってきた。今回は、その経験をシェアしたい。


I have a habit of laughing to hide feelings when someone says or does things I don’t like. The truth is, it is not funny to me at all and I want to tell them to stop it. I usually shrug off their comments or actions by smiling. Then, later when I am alone, I hate myself for laughing and not speaking up. I have been stuck in this loop since I was a university student. Recently, however, I've gradually been able to stop this bad habit of mine. In this article, I would like to share my experiences.



幼い頃、周りの大人から、「いつも笑ってて良いね」と褒められてきたのを覚えている。その影響からか、高校生ぐらいまで、自分のニコニコする癖は良いことだと思っていた。最初に「ニコニコするのは良いことなんだ」と強く感じたのは、中学一年のときだった。私の父と母は、二人とも中学校の先生をしている。私の地元は田舎だったため、学校も人の数も多くなく、割と閉鎖的で情報が伝わりやすい環境だった。そのため、私が通っていた中学には、教師である両親と顔馴染みの先生がいつもいたし、家の中でも両親から私の知っている先生たちの話を聞かされるということがあった。


I remember that adults around me praised me for always smiling when I was young. It’s likely that because of this that I used to think that my habit of smiling was a good thing until I was in high school. It was in the first year of middle school that I first thought that smiling was a good thing.

Both of my parents were middle school teachers. Since my hometown was in the countryside, there were not many schools or people, and the environment was rather close-knit and information was easily transmitted. So, there were always teachers at my middle school who knew my parents, and at home, my parents would tell me stories about the teachers I knew.


そんなある日、父から「〇〇先生、nanaが笑ってくれてすごく元気出たんだってよ」と言われたことがあった。父の話を詳しく聞いてみると、以前私が父と知り合いの先生に挨拶をしたとき、どうやら私はニコニコ笑っていたらしい。そして、その先生は私の笑顔に励まされた、という話だった。当時の私は、その先生に挨拶をしたかどうかもあまり憶えていなかった。けれど、こういったことが重なり自分のニコニコする癖は、ポジティブなものなのだと感じていた。


One day, my father told me that “Miss A was really cheered up when you smiled at her.” When I asked my father about it in detail, he told me that I had smiled when I greeted a teacher he knew. He said the teacher was encouraged by my smile. At the time, I couldn't even remember if I had greeted the teacher or not, but I felt that my habit of smiling was a positive one.



ニコニコする癖が、私にとって重荷になり始めたのは、大学生になってからだった。大学時代、私は何度もセクハラを受けた。サークルの飲み会では、男子から言葉や接触のセクハラを受け、アルバイトのときは男性からも女性からもセクハラを経験した。友人からは、「胸が小さい」といった身体的な特徴をバカにされたこともあった。けれど、どんな時も私は笑って受け流していた。すごく嫌なのにどうして笑ってしまうのか、言われているとき・されているときは分からなかったけれど、後々考えてみると、私にとって笑顔でいることは自分を「守る」ためのものだったんだと思う。「やめて」と言うことで、相手に嫌われたくなかったし、気まずい空気が流れることも怖かった。波風を立てない方が面倒がなくて良いや、とも考えていた。


It wasn't until I was a university student that my habit of smiling began to become a burden to me. During my university years, I was sexually harassed many times. I experienced verbal and physical sexual harassment from guys at society drinking parties, and sexual harassment from both men and women at my part-time job. Some of my friends made fun of my physical characteristics, such as my small breasts. But I used to just laugh it off. I didn't know why I laughed even though I hated what they said and did so much, but I think I was merely trying to protect myself by smiling. I didn't want other people to dislike me by saying "Please don't." I was also afraid of creating an awkward atmosphere by saying it. I thought it would be better if I didn't make a big deal out of it.



でも、ただ笑って受け流すのは、決して自分を「守る」方法ではなかった。笑顔でいることは、相手に「怒っていませんよ」の許しを与え続けることで、相手は私が嫌がっていることに気づかない。だからずっと無礼な言葉を言われ続けるし、私の心のダメージとストレスもどんどん大きくなっていく。


But just laughing it off was never a way to “protect” myself. Laughing about it gave people the impression that “I am not mad at you”, and they didn’t realise that I didn’t like it. So, they would keep saying rude words to me, and my emotional damage and stress would get bigger and bigger.


一度だけ、自分の言葉で相手にはっきりと言い返したことがあった。それはバイト先で知り合った人と一緒にご飯を食べに行った時。彼とは趣味が合うだけでなく、プライベートなこともよく話し合う仲だったから、バイト以外でもたまに遊んだりしていた。でも、その人は、私を馬鹿にする言葉を何度も言う人で、私も彼の言葉を笑って流してきた。そのため、だんだん彼との付き合いは私にとってストレスの大きいものになっていった。


One time, I clearly spoke up in my own words. That was when I went out to eat with a guy I met at my part-time job. We had the same hobbies, and we were comfortable enough to talk about personal stuff, so we often hung out outside of work. But he made fun of me many times and every time he did it, I laughed it off, and hanging out with him became stressful over time.