thoughts on BL shows from overseas

海外のBLドラマから感じたこと


タイのBL*ドラマ『2gether』が昨年大ヒットしたことで、アジア全土にBLドラマの波がきていると言われる。私も、他国でジェンダーがどう描かれているのか気になって、たまに見たりしていたの。今回は、BLドラマブームについて思うことも含めながら、私が好きなフィリピンドラマ『Gaya Sa Pelikula (Like in the Movies)』を見て感じたことをシェアするね。


* BL(ボーイズラブ)= 男性同士の恋愛をテーマに扱う漫画や小説などのジャンル。主に女性によって描かれ読まれてきた。LGBT+コミュニティからは男性同士の恋愛をファンタジーの対象とし、彼らの性を商品化している点についてしばしば批判もされてきた。

一方で、近年アジアで制作されているBLドラマは、LGBT+当事者をサポートするメッセージが含まれることもあり、同性愛をフィクションとして描いてきたBLと現実世界で生きているLGBT+当事者との間をつなぐ役割を期待されている。


It seems that there is a wave of popularity in BL* drama series in Asia since Thai drama series 2gether got a great hit last year. I have sometimes watched the genre because I’m interested in how gender is portrayed. So today, I would like to talk about my favorite Filipino drama series Gaya Sa Pelikula (Like in the Movies) and also share my thoughts on this phenomenon.


*BL (Boys’ Love) = a genre which love and romantic relationships between men are portrayed in comics and novels. It has been written and read mostly by women. It also has raised criticism from the LGBTQ+ community that it commodifies the idea of a romance between men by creating this fantasy world for such things to exist. On the other hand, you can see supportive messages for the LGBT+ community in BL drama series which have been produced recently in Asian countries. And so, they are expected to link between BL which creates this fantasy world and the real life LGBT+ community.



タイを中心として始まり、アジア全土に広まったBLドラマ制作。これらのシリーズの多くが英語字幕つきでYouTubeで配信されていて、そのアクセスのしやすさからも世界中から注目を集めてきた。タイでは、BLドラマがサブカルではなくメインストリームになっていると言われるほどだ。日本発祥のBLの影響を受けながらも、独自のBL文化を形成している。これらのBLドラマには、今まで主流だった漫画や小説などのBLフィクションではあまり見られなかった特徴もある。それは、視聴者や制作チームにクィアコミュニティの人々が含まれていたり、差別や親へのカミングアウトなどセクシュアリティをめぐる葛藤や問題が描かれていたりする点だ。私はこのような新しい試みに希望を感じる一方で、少し気になるところもあった。それは、他でも指摘されているけれど、性的同意についてあまり議論されていないところだ。ドラマによっては、一方がもう一方に詰め寄るいわゆる壁ドンのようなシーンがあるけれど、そういう描写が頻繁に見られると少し不安になる。なぜなら私のように、こういったシーンを観て相手を尊重する気持ちが欠けているな、と少し不快に感じる人もいると思うから。例えば、そういう一方が相手に迫るシーンで、相手の気持ちを確認するような言葉が加えられたり、迫られる側も不安な気持ちになることなく楽しんでいるという印象を与えられれば、視聴者ももっと安心して見られるし、性的同意を学ぶ機会にもなると思う。それからBLドラマでは、女性キャラクターがネガティブに描かれているものもよく見かける。例えば、私が見てきた女性キャラクターはメインの男性カップルのどちらかの元カノのようなポジションとして描かれ、邪魔者扱いされることが多かった。だから、男性同士の恋愛の脇役にとどまらない、丁寧に描かれた女性像が増えてほしいな、とも思う。個人的には、多くの人々が手軽に楽しむことのできるドラマシリーズという形だからこそ、こういうもう少し幅広いジェンダーの視点を反映させてもいいんじゃないかな、と感じていた。


BL drama production initially started in Thailand and then spread to other Asian countries. Most of these series are on YouTube with English subtitles, which helps attract international fans. It is even said that BL drama series is not subculture but mainstream in Thailand. It has been partly influenced by BL originated in Japan, but in Thailand, they have been developing their own BL culture. There seems to be something new in this phenomenon which people haven’t really seen in mainstream BL fiction like comics and novels. For example, there are queer people in the audiences and production teams. And, some BL drama series have dealt with issues surrounding their sexualities such as discrimination against gay people and their coming out towards their parents. While I find these new attempts as hopeful, there are things that bother me a little bit. As there are some people pointing out, consent has rarely been discussed. Some dramas portray scenes where one person suddenly leans towards the other person against a wall, like the action “Kabedon” famous in Japan. Watching those scenes on screen repeatedly makes me feel a bit uncomfortable because I feel like they don’t have enough respect for each other. If in scenes when someone is trying to pursue someone, and instead of only physically showing that, it is also accompanied by words that confirm how they feel for each other, the audience can watch it more comfortably and it can also be a good opportunity to learn consent. And, I have often seen that female characters are portrayed negatively in BL series such as someone who is an ex-girlfriend of one of the protagonists and is treated like they are a nuisance and someone who is in the way. So, I personally think that it would be great if there are more diverse representations beyond the traditional side characters of the male couples. Especially in drama series which a lot of people can enjoy, production teams can include those aspects in terms of gender.



そんなことを考えているときに出会ったのが、フィリピンのドラマ『Gaya Sa Pelikula (Like in the Movies)』だった。YouTubeで全話配信されていて、英語や日本語など色々な字幕がついているよ。私はこの作品を見たとき、「ゲイとして生きること」がとても現実的に描かれていてパワーを感じさせるストーリーだと思った。この作品がどんな作り手によって生まれたのか気になって調べてみたところ、プロダクションチームの多くがLGBTQIA+コミュニティに属していることを知った。また、監督や脚本家はクィアのストーリーがクィアによって語られることの大切さを主張しており、なぜこのプロジェクトが私に響いてくるのかが分かったような気がした。予告編に「私たちのストーリーを取り戻すときだ」という言葉があるように、クィアの人たちにとって自分が描かれていると感じることが少なからずあるんじゃないかなと思ったから。私がこの作品が好きな理由は他にもある。綿密に練られたセリフやプロット、生き生きと描かれているそれぞれの登場人物、映像を引き立てる音楽など、1度見ただけでは掴みきれない魅力や発見で溢れているところだ。「あのセリフやシーンは、こういう意味だったんじゃない?」というようなやりとりをコメント欄で見るのも楽しい。そこであるセリフやシーンが暗示していたことに初めて気づくこともよくある。


It was Gaya Sa Pelikula (Like in the Movies) that I came across when thinking about the things above. It is on YouTube and has a lot of subtitles including English and Japanese. When I watched this series, I felt like it was such a powerful story which shows what it really means to live as gay men. I did some research about this series because I was curious about how this project was produced. And then I found out that this production team mostly consists of people from the queer community. In addition, its director and writer talk about how important it is that queer stories are told by queer people, and I kind of realized why this story resonates with me. As there is a phrase “It’s time for us to take back our story” in the trailer, which I felt queer people can really resonate with through this drama series. Another reason why I like this series is the intricate plotlines, dialogue, characters, and music. It is also fun to read the comment section where people talk about what specific lines and scenes imply. I don’t often notice anything about what those lines and scenes suggest until reading those comments.



このストーリーの中心になるのは、2人の大学生KarlとVlad。物語は、2人がひょんなことから恋人のフリをしてシェアハウスを始めるところから本格的に展開されていく。最初は慣れない共同生活で対立することが多い2人。しかし、相手のこと、そして自分自身のことを知っていくうちに、だんだんとお互いの気持ちに変化が表れていく。2人のセクシュアリティへの向き合い方は対照的だ。「男とはこうあるべき」という価値観の中で育てられたKarlは、自分の中で生まれる気持ちになかなかうまく向き合うことができない。それに対し、Vladはゲイであることをオープンにしており、そのことを前向きにとらえて生きている。私は、2人を取り巻く登場人物が丁寧に描かれているところも好きだ。弟のVladをサポートする姉のJuditや、隣人のAnnaからは、アライのあり方について考えさせられるし、女性として生きる上での苦しさも垣間見えると思う。


The main characters are two college students, Karl and Vlad. The story starts with them sharing a house together by accident. They aren’t so close to each other in the beginning, but they start to get closer as they get to know more about each other and also themselves. It looks quite different how they deal with their sexualities. Karl struggles to accept his feelings because he grew up in a patriarchal household. On the other hand, Vlad is an openly gay man and takes it positively. Besides, I like that other characters surrounding them are portrayed very well. For example, we can learn about what being an ally means and can see what struggles they have in society as women from Vlad’s sister Judit, and a neighbour called Anna.


この作品のひとつひとつのセリフがうまく考えられているな、と感じる。最後に、私の心に残ったセリフを3つ紹介するね。


I feel that every line is well thought out in this series, so lastly I would like to introduce three lines which touched my heart.



1. “You are valid.”

「あなたの感じていることは確かなものだよ」


VladとKarlが付き合っていると勘違いしたVladの姉JuditがKarlにかけた言葉。このシーンではコミカルに使われているけれど、こういう言葉を自分にもかけてあげたかったなと思う。私が感じているこの感情は正しくて、本物で、信じていいんだということに気づいたのはここ最近。私は今まで自分の中に生じた気持ちに気づいても「あれ?これっておかしいのかな?」って思って、見ないふりをしていたことも多かったと思う。社会や周りで「正しい」や「当たり前」とされていることではなく、自分が感じていることをもっと大切にしていきたいし、それに自信を持っていたい。


Judit says this to Karl when she misunderstood that Vlad and Karl are dating. This line is given in a little bit of a funny way, but I wish I could say this for myself. It is very recently that I realized that my feelings are valid and worth believing. Even if I notice some feelings inside, I have often been trying to pretend that nothing happened, thinking that this might not be normal. I want to care about and be proud of what I feel, not what society defines as normal.


2. “You don’t look gay.” “That’s not a compliment.”

「君はゲイに見えないよね」- 「それは褒め言葉じゃないよ」


「君はゲイに見えないよね」と言ったKarlに対して、Vladが「それは褒め言葉じゃないよ」と返し、それはマイクロアグレッション*のひとつにあたると指摘するシーン。私も知り合いの人のこのような無意識な言葉にがっかりしたことがある。そのとき、私は「その言葉、ちょっと違う気がするな」とすぐに反応することができなかった。相手がだれなのかによって変わってくると思うけれど、自分が言えるときには積極的に声を上げていきたいし、上げていいんだと思わせてくれたシーン。


* マイクロアグレッション = 普段の何気ない会話や行動、学校や職場などの日常生活の中に現れる、差別や偏見に基づいた無意識的な「見下しや侮辱」のこと


It is from a scene where Vlad said to Karl, “that’s not a compliment,” when Karl said to him, “you don’t look like gay.” And Vlad tells him that it’s considered as microaggression. I have also been disappointed at what someone said based on stereotypes about queer people. I couldn’t say that I don’t think it’s right at that time. So, that is one of the scenes that makes me want to speak up more when I can and also makes me feel that it is okay to do that.


3. “Am I just going to be a mother who will carry all the burden? Really?

I’m also an artist, okay? And a voter; a woman with weaknesses and flaws too.”

「私は負担を背負う母親になるだけじゃなくて、アーティストだし、有権者だし、女性でもあるし、弱点や欠点もある」


隣人のAnnaが今は離れて暮らしている娘の話をするシーン。彼女が10年育てた娘を役立たずの夫の元に送ったいう経緯を聞いたとき、私は正直そのことについてどう感じたらいいのかわからなかった。将来自分の娘を責めないために、少し距離をとる必要があったと言う彼女。育児は女性がするものという風潮がまだ残る中で、母親という役割は自分の全てではないという言葉は響くものがあった。


It is a scene where their neighbor, Anna, talks about her daughter who lives apart from her. When I found out that she sent her daughter she has raised for 10 years to her ex-husband, I didn’t know how to feel about that to be honest. She says that she needs to take time and space to not blame her daughter in the future. She also says that a role as a mother is not everything for her. This line means something to me because there have still been pressures on women to take on the role of being mothers and that that is the only role for a woman.



私はこのドラマを見ていて、「こういう状況ありそうだな〜」と親近感を感じることがよくあった。クィア当事者が多くを占める制作チームだからこそ、こういうセリフやシーンを入れることができた部分もあると思うし、だからこそクィアの視聴者からも支持されているのだと感じた。あと、このドラマは、作品の新しい楽しみ方にも気づかせてくれた。私は今まで映画やドラマを見たら1回きりのことが多かったから、見るたびに発見があって作品の印象が少しずつ変わっていくのも面白かったよ。みんなにも機会があったらぜひ見てみてほしいな!みんなは深く考えさせられたり、新しい見方を学んだ作品ってある?


I often feel like the things that happen in this series could happen in real life. I think that these lines and scenes can be put in the series partly because there are queer people in the production team. And it also leads to a lot of support for this series from queer audiences. Besides, this series taught me a new way to enjoy shows and production pieces. When I watch movies and drama series, I usually watch them once. So, it is interesting to find something new every time I rewatch this series and the story looks a little different when I notice those tiny things. I would recommend you to watch it if you have time! Have you watched something that makes you think deeply or teaches you how to see the world differently?


Reference:

Nippon.com - 『進化・深化するBL文化:『風と木の詩』から『きのう何食べた?』まで―ボーイズラブは社会を変えるか

GQ Japan - 『日本のボーイズラブ研究を1冊に! 『BLの教科書』が目指したこととは?【前篇】

周典芳 - 『台湾の男性同性愛者による BL 漫画の批判的受容

文春オンライン - 『「友人がなぜかタイ語のツイートを大量にRTしている」SNSを席巻するタイBLを知っていますか?

i-D Japan - 『韓国、タイ、台湾でのBLドラマの盛り上がりと複雑な背景

Vice - "Boys’ Love: The Gay Romance TV Genre Taking Over Southeast Asia"

CNN Phillippines Life - "With Boys' Love, a generation of gay boys get a second coming of age"

Wonder - "Industria: A Tell (Almost) All With Gaya Sa Pelikula Director JP Habac"

Phil Star Global - "Gaya sa Pelikula: A narrative that represents the LGBTQIA+ community"

Scout - "LGBTQ+’s sexualities are not for straight people’s entertainment"

現代ビジネス - 『マイノリティが日々傷ついている「無意識の差別」の正体


Images by Rina Amagaya and Azusa

English Edited by Hanayo

Edited by Kiara and Hikari

0件のコメント