way to communicate

意思を伝えるということ


honeyhandsのライターを始めてから約半年が経過した。学校の探究学習に活かしたくて、ライティングの経験を積むために応募したのが参加のきっかけだったけれど、いつの間にか、記事を書いたり編集の過程で自分の考えるパターンに気づくことが楽しくなり、今に続いている。それと同時に、自分の考えを伝える難しさについて考え始めた。文章を書いていると誤解が生まれてしまうのは避けられないことだけれど、その理由を考えてみると、より伝えたいことをわかりやすく、目的に合わせた言葉を選んで書くことができるんじゃないかな。


It has been half a year since I started writing articles for honehands. Initially, I started it because I wanted to have an experience in writing articles. But as the time went on, I found joy in writing articles itself and noticing my typical pattern of thinking. At the same time, I started thinking of difficulties in expressing thoughts. Of course, we cannot write paragraphs without making any misinterpretation. However, I believe identifying the reasons for it could help us write more clearly and appropriately.



自分の考えを言葉にすることが難しい理由が、私には三つある。まず、私が文章を書くときに、私の頭の中にある考えを100%、文字によって写し出せるわけではないということ。例えば、私が前の記事に書いた「もともとは科学的根拠のないものだと思われていた瞑想やマインドフルネスにもストレスの軽減や免疫の向上、睡眠の質の向上など、脳科学的な効果の裏付けが出てきたことを考えると、非科学的とか科学的とかなんでもジャッジするのはナンセンスな気もする。」という文を見て、私が科学の正確性を信じないような人だと思う人もいたかもしれない。でも、私が伝えたかったのは、科学はほとんどのケースで正確であることを前提にした上で、今の科学ではまだ説明できていないこともあるかもしれないということだった。このように、「ちゃんと伝わるかな?」と気にしだすとどんどん文章が長くなっていってしまう。それを防ぐために、自分の考えをさまざまな面から見て、なるべく簡潔に伝えられるバランスを取ろうと、私は文章を書くたび試行錯誤している。もちろん、それを調整できるのが文章を書く上手さというものでもあると思うのだけど、私はまだその具合がわからずに、考えすぎてしまうことがある。


Why is it so hard to put my thoughts into words? First of all, we cannot project everything we are thinking into words perfectly. For example, this is the sentence I wrote in a previous article. “Considering meditation and mindfulness which originally weren’t scientifically proven, have been proven now to be effective in reducing stress, improving immunity and quality of sleep, I think it is nonsense to judge anything as scientific or unscientific alone, without other considerations.” Seeing this sentence alone, some may think I am the kind of person who does not believe in scientific credibility. What I tried to mean by this sentence was that though science is reliable in most cases, it is possible that there is something which cannot be explained by current science in this world. As you can see here, you cannot write all the nuance or underlying thoughts behind sentences or else the sentence would be too long and too explanatory. In order to avoid it, I try my best to find the balance between simplifying the sentences and observing my thoughts from different points of view. I think that is a part of what makes you a good writer, but I am not there yet.



二つ目は、私が視覚的に考えがちだということ。私は、概念を頭の中に画像として捉えることが多い。例えば「年」というコンセプトを、私は環状になっている道と捉え、前に歩いて行くと同時に季節がすぎていくイメージを持っている。季節ごとに道端に生えている木が青々と葉を茂らせたり、葉を落としたりする。「人生」だったら、ひとりひとりが壁も天井もないエレベーターの床に立って、それぞれのコースを登っていくイメージ。ここに書いた二つは説明のしやすいものを選んだんだけど、文章にすることがすごく難しかった。こうやって頭の中で視覚的に考えていると、文章を書いている時に比喩を使わないと話しにくかったり、ぴったりな言葉が見つからなくて困ったりする。


Second of all, visualizing is an important factor when it comes to putting my thoughts into words. Picture this, you are walking on a road and the scenery changes as you walk forward, a circular road that continues forever: that is how I would visualize the word “year”. The image I have for the word “life” is an elevator without any walls or ceiling that each person is assigned to and they go up and down along their own courses. These two examples are easier ones to explain though it took me a while to explain them in words. Thinking with images like this, I often catch myself having a hard time searching for the right words or metaphors to explain what I am thinking.



三つ目は、自分自身の感情を認識するのに苦手意識があるということ。ポジティブな感情は、表現することも、言葉にすることもできる。だけど、私はネガティブな感情が自分の中に現れるたびに自分の心をシャットダウンしてしまう。その気持ちをうまく表現することができないし、自分でもその感情がどんなものなのか、怒っているのか悲しいのかもよくわからない。だから他の人にも自分の感情を伝えることができなくて、もどかしい思いをしたりする。この「自分の感情を認識して管理できる能力」を感情知能(EQ)というらしい。私はそのEQを伸ばすために、まず『6 Steps to Improve Your Emotional Intelligence(感情知能を向上させるための6つのステップ)』というTEDトークで紹介されていた「感情を書き出してみること」から始めてみている。


Last of all, I am not so good at recognizing my emotions. I can express my feelings and communicate them except when they are negative ones. When one of those pops up in my head, I automatically shut myself down and I cannot describe them well since I don’t know what the feeling that I am feeling is. It is frustrating to not be able to tell what I am feeling. Recently I found out that this ability to identify and manage emotions is called emotional intelligence. According to the TEDtalk called “6 Steps to Improve Your Emotional Intelligence”, the first step to improve your emotional intelligence is to write down what you are feeling. I am currently working on it.




自分の意見やストーリーを発信したり、誰かに何かを伝えることは、結局は受け取り手や相手がいて成立するもの。だから、自分の考えを完全に言語化しようとすることに捉われずに相手の受け取り方や感じ方を想像してみて、その上で、自分の考えをよりわかりやすく人に伝えられるように言葉にしていく練習をしようと思う。そのために、私の考えの多面性を伝えることのできる文章を意識して書いてみたり、できるだけ多くの人が理解しやすい比喩を使って考えをまとめてみたり、自分の感情知能を発達させていくことを続けていきたい。これらの行動を通して、自分が書いたり、話したりする上で、自分の発信することを客観的に見つめて、相手とより深く、豊かなコミュニケーションが取れるように表現力を伸ばしていけたらいいな。


I believe the first principle of effective communication is thinking for others and considering how others would interpret the things that you put out. On that basis, I am going to try imagining how others would read or feel reading my works and sending a clearer message instead of boxing myself into a perfectly-put-my-thoughts-into-words mindset. To that aim, I hope to consciously write paragraphs that can carry different dimensions of my thoughts, use analogies that many can understand and emphasize with, and develop my emotional intelligence so that I can grow my expression skills to have richer and deeper communication.


Images by Lala

English Edited by Hanayo

Edited by Hikari Sawada and Hikari


0件のコメント