what i felt on international women's day

国際女性デーに感じたこと

by #mio


※この記事中には、性被害について記載されています。

CW: Sexual assault


今年の3月8日の国際女性デーの日に、自分が過去に体験したことについて考えていると、様々な感情が溢れてきて、頭の中がまとまらなくなってしまった。混乱した頭を整理するために、思い切って、自分のインスタグラムに今まで人に言ってこなかった、自分が体験した性被害について投稿した。大学生の頃にフェミニズムに出会ってから、自分の知識をアップデートしていくうちに、「あの時わたしがされたこと、言われたことは性被害に当てはまるのかもしれない」と思うことが結構ある。今回投稿した内容の中にも、体験した当時は性被害だと認識できていないものがあった。以下がその内容になる。(本当はこれ以外にもあるけど、あまり思い出したくないので3つだけ紹介したいと思う。)

・高校生の頃、街灯があまりない暗い道を自転車で走っていたら、同じく自転車に乗ったおじさんが横に来て「一緒に帰ろうよ?どっちの方向?」とニヤニヤしながら手首を掴んできた。その時は、怖くなって全速力で逃げたら追いかけてはこなかった。

・大学生の頃、地元の飲み屋街を友達と歩いていたら、「いいケツしてるな~」と、酔っぱらった見ず知らずの男性にお尻を触られた。

・大学生の頃、アルバイト先で、今よりも少し太っていたわたしに向かって容姿を侮辱するようなことを言ってくるおじさんがいた。

これらのことは、その当時は何も知識がなかったのもあって「よくあることだ」とそこまで深く受け止めていなかった。でも心の奥では傷ついていたのだろうな、と今なら思う。これらは、私が受けた数々の性被害のいくつかに過ぎない。今回は、私自身が女性として今の社会を生きることについて考えたことや、感じたことをシェアしたいと思う。


On March 8th, International Women's Day this year, I couldn't wrap my head around the idea of what I had experienced in the past. So I took the plunge and posted on my Instagram about the sexual assault I had experienced, which I had never told anyone. When I was a college student, I encountered feminism, and as I updated my knowledge, there were many times when I thought, "What was done to me and what was said to me at that time may be applicable to sexual assault." Here are some of them. (Actually, there are more than this, but I don't want to remember too much, so I'd like to introduce only three.)

・When I was in high school, I was riding my bicycle on a dark road with few street lights, when a man on a bicycle came up beside me and asked, "Let's go home together. Which direction?" He grinned at me and grabbed my wrist. I got scared and ran away as fast as I could, but he didn't chase me.

・When I was a college student, I was walking with my friends in a local bar area when a drunk stranger touched my butt, saying, "You have a nice ass."

・When I was a university student, there was a man at my part-time job who insulted me about my looks, saying that I was a little fatter than I am now.

At the time, I didn't have any knowledge about these things, so I didn't take it too seriously, thinking that it was a common thing. But I can see now that deep inside, I must have been hurt. These are just a few of the many sexual assaults I have suffered. In this article, I would like to share some of my thoughts and feelings about living in today's society as a woman.



近年、女性蔑視の問題発言がニュースで取り上げられている中で、特にげんなりしたのは前東京五輪・パラリンピック組織委員会森会長の「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」というあの発言。わたしは「多くの女性が声をあげ、他の女性たちと協力して社会に立ち向かおうとしているこの時代にその発言か…何を根拠にしたのだろう…」とやるせない気持ちになった。全文は書かないけど、他にも「女性っていうのはやっぱり優れたあれがありまして、競争意識が強い。誰か1人が手をあげて言われると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね」といった発言もあった。本当にそうだろうか?性別に限らず、競争意識が高い人も低い人もいる。なのに、それを女性の特徴として決めつけて、「競争意識が高いと発言が多くなるから理事会に時間がかかってしまう」というとても個人的で雑な解釈を、会長として公の場で発信していた。ため息しかでない。


In recent years, there have been a number of comments in the news that have been derogatory towards women, and I was particularly disgusted by the comment made by former Tokyo Olympics and Paralympics Organizing Committee President Mori, who said, "When a lot of our board members are women, the meetings take so much time." I felt a sense of disappointment, thinking, "At a time when so many women are raising their voices and working together with other women to confront society, that comment...what was the basis for it?" I'm not going to write the whole thing down, but there are other things I've heard, such as, "Women have a strong sense of competition. If one person raises their hand, others probably think, I need to say something too. That's why everyone speaks." Is that really true? Regardless of gender, there are people with a high sense of competition and people with a low sense of competition. Yet, as the chairperson of the board of directors, he made a very personal and crude interpretation of the situation, saying that the more competitive a person is, the more time it takes for the board meetings. I can only sigh.



最近では、報道ステーションの30秒CMも話題になった。(現在は、削除されてる。)「これは報道ステーションのCMです。」というテロップが表示された後、若い女性が誰かとテレビ電話をしているような構図から始まる。その女性がテレビ電話の相手(わたしたち)に話しかけているのだけど、その中の発言について、ネット上で議論が沸き起こった。女性の言葉をひとつひとつ抜き出してみる。

①「会社の先輩 産休あけて赤ちゃん連れてきてたんだけど もうすっごいかわいくって」

②「どっかの政治家が「ジェンダー平等」とかって スローガン的にかかげてる時点で 何それ時代遅れって感じ」

③「化粧水買っちゃったの もうすっごいいいやつ」

④「それにしても消費税高くなったよね 国の借金って減ってないよね?」

⑤「あ 9時54分!ちょっとニュース見ていい?」

⑤の言葉を発すると同時に、「こいつ報ステみてるな」というテロップが表示されて、CMが終わる。


Also, recently, a 30-second commercial for a Houdou station, a news channel, became a hot topic. (It's been removed now.) After the message, "This is a commercial for a Houdou station," the commercial begins with a young woman talking on a videophone with someone else. The woman is talking to the person on the other end of the phone (us the viewers), and what she says has caused a lot of discussion on the Internet. Let me extract the words of the woman one by one.

(1) "One of my seniors at work brought his/her baby after his/her maternity leave, and it was so cute."

(2) "It's like some politicians are using 'gender equality' as a slogan and it's so outdated."

(3) "I bought a lotion. Really good one!"

(4) "By the way, the consumption tax is getting higher, is the national debt actually decreasing?"

(5) "Oh, it's 9:54! Can I watch the news for a minute?"

At the same time as she said these words, a message saying, "This person must watch Houdou station," appeared on the screen, and the commercial ended.



今回、このCMの中で1番問題になっている発言は②の部分だとわたしは思う。わたしの解釈は、制作側は「今の時代、ジェンダー平等を意識して当たり前になっているのにも関わらず、それをスローガンにかかげる政治家ってどうなの?時代遅れじゃない?」といったような、政府への皮肉を込めたメッセージを発信したかったのかな、と思った。でもよく考えると、日本においてジェンダー平等に向けて改善されているのはごくわずかな部分であって、実際に大きく達成している訳でもないのに「時代遅れ」という発言は正しい使い方ではない、とわたしは思う。実際にジェンダー平等を達成したと全ての人が感じてこそ、もうそんなスローガンは「時代遅れ」だよね、と言えるのではないかな。問題視されている部分は他にもあって、最後の「こいつ報ステみてるな」という部分。一見、上手く使えばキャッチコピーとして採用されそうな気もする。だけど、その表現自体が「若い女性=無知」という偏見や誤った認識を再生産してしまってるのではないだろうか。「"若い女性なのに"なんでこんなに社会問題を口に出すのだろう?あ、報ステを見ていろいろ学んでいるからか!」という流れの持って行き方だとすると、あまりにも上から目線で酷すぎるなと感じる。その表現のために、このCMにわざわざ若い女性を起用したのだと思うと呆れてしまう。わたしはまだまだ知らないことがあるけれど、社会問題についてもどんなことでも分からないことや知らないことは調べるし、それについて考えて、わたしは自分の意見を持っている。それは自分自身のアップデートにも繋がるし、自分が存在する社会に目を向けることは重要だと思っている。だからこそ、この30秒のCMは、わたしを含め多くの人を馬鹿にしているみたいでとても嫌な気持ちになった。


In my opinion, the most problematic part of the commercial is the phrase (2). My interpretation is that the producers were saying, "In this day and age, it's normal to be aware of gender equality, but what about politicians who use it as a slogan? Isn't it outdated?" I wondered if they were trying to send an ironic message to the government. However, when I think about it, I feel that it is not correct to use the word "outdated" when there have been only a few improvements toward gender equality in Japan, and not much has actually been achieved. Only when everyone feels that we have actually achieved gender equality, we can say that such slogans are "outdated". There is another part of the story that is problematic: the last part, "This person must watch Houdou station." At first glance, it seems like it could be adopted as a catchphrase if used well. However, I think the expression itself is reproducing the prejudice that "young women are ignorant." Why does a young woman talk about social issues so much? Oh, it's because she is learning a lot from Houdou station!" I think it's too much. I am dismayed to think that they went to the trouble of using a young woman in this commercial to express this. There are still things I don't know, but I do research on social issues and anything I don't know, think about it, and have my own opinions. I think it's important to pay attention to the society in which I live. That's why I feel so bad about this 30-second commercial, because it seems to mock me and many others.



また、①「会社の先輩 産休あけて赤ちゃん連れてきてたんだけど もうすっごいかわいくって」の部分にも疑問を感じる。「職場に子どもを連れてきても仕事ができる環境が整っている」と伝えたかったのかもしれないけど、そもそも赤ちゃんを連れて仕事をしにいけるような寛容な会社はどれくらいあるのだろう。もし、「職場に子どもを連れてきても仕事ができる環境が整っている」と、あたかもそれが「普通のことになっている」という風に見せているのだとしたら、出産や子育てにまつわる様々な問題を矮小化しているのではないかと思う。今回のこのCMは、理解に苦しみ、何を伝えられているのか全く分からない内容だった、とわたしは思う。ジェンダーギャップ*や、性差別に苦しんでいる人が多い世の中に出す内容として、この内容にGOサインが出たという事実にも頭を抱える。このCMを制作するにあたって、誰も「これはおかしいですよ」と言える人がいなかったのだろうか?


* ジェンダーギャップ = 日本語で「男女格差」を意味する。


I also have a question about the phrase (1). "One of my seniors at work brought his/her baby after his/her maternity leave, and it was so cute." She may have wanted to say that there is an environment where he/she can bring his/her child to work, but he/she may have just come to show his/her baby to everyone at work. In the first place, I wonder how many companies are tolerant enough to allow people to bring their babies to work. If they are trying to make it seem as if it is "normal" to have an environment where people can bring their children to work, then I think they are trivializing the various problems associated with children and parents. In my opinion, this commercial was difficult to understand and I had no idea what it was trying to convey. I am also troubled by the fact that this commercial was given the go-ahead to be released in a world where many people are suffering from gender gap* and sexism. Was there no one who could say, "This is not right," when making this commercial?



他には、オリンピック・パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクターの佐々木宏さんが、お笑い芸人の渡辺直美さんの容姿を侮辱するような演出の提案を含むメッセージを、演出チーム内に送っていたことも問題になった。わたしはこのニュースを見て、彼女の体型を笑いに変えるような演出内容の提案に、本当に心が苦しくなった。自分自身の体型を受け入れることが可能な人もいれば、そうでない人もいる。自分の体型と向き合おう、愛そうと苦戦している人達が、世界的に放送される演出を見てどのような感情になるのか考えて欲しい。実際わたしも他人に「太い」と言われたことがある立場として、気にしている立場からその言葉をポジティブに捉えられないし、イジリだとしても何もおもしろくないし、笑って許すことなんてできない。チーム内の誰かが佐々木さんに向けて「それはおかしいですよ」と発言したことによって、国際的なオリンピックの舞台でそのような演出が披露されなくて本当に良かったと思う。


Another problem was that Mr. Hiroshi Sasaki, the creative director overseeing the staging of the opening and closing ceremonies of the Olympic and Paralympic Games, had sent a message to the staging team that included a proposal to insult the appearance of comedian Naomi Watanabe. When I saw this news, I was really distressed by the suggestion to turn her body shape into a laughing matter. Some people are able to accept their own body shape, while others are not. I want people who are struggling to face and love their body type to think about how they will feel when they see the production broadcasted worldwide. In fact, as someone who has been called "fat" by others, I can't see the positive side of it, and even if it was a tease, I wouldn't find it funny or forgive it with a smile. I'm very glad that someone on the team said to Ms. Sasaki, "That's not right," and that such a performance was not presented on the international Olympic stage.



はじめに書いた通り、今年の国際女性デーを通して自分の過去を振り返った時に、「あれは性被害だったんだ」と気付くことがあった。銀行で働いている女友達は、会社で定期的に「パワハラやセクハラを受けていないか?」というアンケートが実施される、と言っていた。素晴らしい取り組みだと思う