q&a: traditional vs progressive / 伝統と進化

January 16, 2017

Hello world ❁❁

 

今日は、ジェンダーニュートラルとジェンダーレスの記事でho7さんにもらったコメントに記事で返信しようと思うの!別に質問をもらったわけではないけれど、ただコメント欄で返信するんじゃなくて、記事にして話してもいいかなと思って。エディターRuruと話して、思ったことを書いてみるね。

 

Today, I'm going to respond to this comment I got from ho7 on our gender neutral & genderless article. It's not a question but Ruru and I had discussed about it and we wanted to make it to an article to share what we think.

 

いただいたコメント:

はじめまして!いつもいろいろなことを学ばせていただいています!
私は高校生なのですが、制服や校則に疑問を感じています。なぜピアスを開けてはいけないのか?どうして男子は髪を伸ばしてはいけないのか?スカートの長さはどうしてみんな一緒にしなければいけないのか?縛られて生活して、言われた通りにしているから、言われたことしかできないような大人になってしまうんだと思います。伝統を守ることも大切ですが、いつまでも囚われていないで新しいことにも挑戦していかなければいけないと、改めて思いました。

 

So here's the comment:

Hello! I've been learning a lot from you guys.

I'm a high school student (in Japan,) I sometimes have doubts on ※school rules. Why some (most) of the schools have rules such as: no piercing, no long hair (for boys,) and girls' skirts' lengths should be the same? I feel like we'll become adults who need to be told what to do under these rules. This article made me think that it's important to preserve traditions but also, I think we need to challenge more new things.

 

※In Japanese schools, especially private ones, have decent but kinda narrow school rules. You can't change your natural appearance: no dyeing hair, no jewelries (no piercing,) no make up, no nail colors, and so on, we have to wear uniform every day and more! We value "group" more than "individual" so for example, we dress exactly same with darker colors: tan, brown, navy, or black. And also, you have to switch shoes inside and outside at most of the schools.

 

 

photo by marina naka 

 

 

あたしが高校生だったのは5年前のこと。あたしが行っていた高校の校則はとってもゆるかったのを覚えてる。女の子は制服のズボンかスカートを選べて、制服は『正装』っていうだけで制服を着なきゃいけないっていう風には言われていなかったし、髪も染めてよかったから、ほとんど自由に自己表現が許されていた分、いろいろなタイプの人がいた。

 

I was a high school student five years ago. I remember that my high school was pretty chill and cool about school rules for Japanese school. Girls could pick to wear either pants or skirts as a uniform, (I would say we didn't even have "uniform," it was called "formal wear,") we could dye our hair, and there was pretty much full of freedom to express ourselves.

 

でも、日本のほとんどの学校はそうじゃない。現実は、もっと伝統的。それって別に悪いことではないけれど、実際に世界や社会、人の考え方は、早いペースで変わっていっている。その分、人の価値観が変わっていく環境の中で、伝統的なものをキープしていくことはたまにものすごく難しい。伝統を守ることで、新しい考えが受け入れられなかったり、狭い考え方になってしまうこともある。

 

However, I know that most schools are not like that in Japan. The reality is still, very traditional which is not a bad thing but the world, society and how people think are changing so fast, and preserving traditions are very difficult sometimes in the environment. It sometimes even seems like narrow and close minded.

 

 

 

 

伝統を守ることと新しいことにチャレンジすることは両方ともとても大切なことだけど、どっちがあってるか判断することは難しいときの方が多い。新しいことにチャレンジするには、いつも勇気がいる。いつも伝統をやぶり、新しいことにチャレンジする時、必ずどういう風になるかって結果を確かめたい気持ちもある。

 

Preserving a tradition and challenging new thing are both very important but it's quite difficult to figure out what is right. "Change" is scary and it requires courage. When we decide to break a tradition and challenge new thing, we wanna make sure what exactly it should be.

 

例えば、スタジオジブリ映画『コクリコ坂から』では、その伝統を守る vs 新しいことにチャレンジすることが観れる。予告編を観ただけだと、この映画のストーリーは人の生活や青春についてだと思われやすいけれど、実際は政治的でもあって革新的でもある。例えば、この映画の中で学校で制服をやめて私服もOKにしたいと申し出た生徒は退学になったり。この映画は1963年が舞台だけれど、今とそこまで変わっていない。

 

For instance, we can see the struggles of between preserving traditions and seeking innovations in a film called From Up on Poppy Hill. It's from Studio Ghibli, and when you watch a trailer, you'll see that the story can be about youth and life but deep inside is pretty political. For example, a student who wanted to have no uniform at the school was kicked out of the school in the film. This film is set in 1963, and I don't think we haven't changed since then.

 

 

 

 

どんなに小さな伝統だとしても(毎年家族と誕生日を祝うとか)、それをやぶることに対して、一度それが正しいことか間違っているか考えることがある。もっと長い歴史を持つ、大きな伝統になると、たった一部分を変えるだけでも決断するのがもっと難しい。そしてその結果は実際に変え始めてみなければわからないし、良い結果になることも、悪い結果になることもある。

 

Even breaking a little tradition, such as celebrating your birthday with your family every year, makes you think that it's right or wrong thing to do. And when it comes to bigger traditions with long history, that'll be more difficult to make a decision to change, even a part of it. And we wouldn't know until we actually start changing it. It could be really great, or it could be really bad.

 

 

photo by marina naka 

 

 

エディターRuru: 私は中高一貫の女子校に通ったけれど校則は何がいけないという以前にその理由がはっきりしなかったり言うわりに矛盾があるところが腑におちなかった。伝統とか言ってるけど結局は社会的な体裁だろうし。でも個人的にはメイク禁止でよかったなと思ってる。私は見た目にコンプレックスがあったからメイク出来てて、皆もしてたら恐らく当時の私だったら自分もしなきゃ!ってなってただろうし見た目に対する固執(省略)若くてまだ自分がわからない中高生なら国関係なくどこでもあると思う。ただ日本はなんでもちょっと厳し過ぎるのかな。もうちょっと肩の力を抜いたら、と思っちゃうけど。

 

Editor Ruru: I went to a private girls' school for 6 years and I was thinking the school rules are full of contradictions before I thought about what is right or wrong, like I didn't understand the reasons of the rules. They said "tradition" but I feel like they care about what people and society think about schools. However,I was glad that we weren't allowed to put make up on, personally. I cared about how I looked and what people thought about me so if everyone was doing it, I must felt like "I have to do it too!" at the time... I think if you're young, people would feel that you have to do same things with others around you no matter where you are, like not in Japan. But, Japan is too strict and I think they can chill more.

 

 

photo by marina naka 

 

 

それを踏まえた上であたしが思う『伝統vs進化』とは:あたしたちはいつ何を変えるべきかを知るべき。もし、もうその伝統を変えたほうがいいっていう案が出ているなら、あたしは何か変えるべきだと思う。(もちろん内容にもよるけれど。) 特に、コメントでいただいたように、日本の学校の校則はとても古くて、伝統保守的すぎると思う。文化や世代が変わるように、人も変わる。さっき言ったように結果を最初に知ることができないから『変化』には勇気が必要だけど、でもそれを避け続けて、あたしはどうやって成長して、学んで、生きていけるのかとも思う。何も変えないことは、はっきり言えば、つまらない。挑戦してみて、うまくいかなかったら戻ればいいし、どこがいけないか直せばいい。もし生徒たちが自分自身を知るのに、成長するのに、その『伝統』的な校則が自己表現を邪魔するならば、何か変えるべきだとあたしは思う。あたしは若い日本人の子たちに、周りと同じにしなきゃいけないから自己表現ができなかったり、自分は何が好きで、どんな人で、何が欲しいのかわからないような、そんな自分自身を見失うような場所にはいてほしくない。伝統的で保守的なせいで、みんなに『こうあるべきなんだ』と考えてほしくない。自分自身を見つけることは無限大で無制限であるべきだと思う。

 

My thoughts on "traditional vs progressive" are: we should know when and what to change. If it's already becoming a topic to change something, then I believe there's something to change. Especially, from the comment, I think Japanese school rules are too out of date, and old-school. People are changing as culture is changing. As I said,  "change" is very scary because I won't be able to know the result first, but how can I grow, learn, and live without changing? That would be so boring. Give it a try, if it doesn't work then you can go back or fix it somehow. If "the traditions" interfere with finding who the students are, the rules should be changed. I don't want Japanese young people to be stuck in the place where they can't find who they are, or what they want. I don't want them to think "what they should be" from the traditions. Finding who you are should be limitless and infinity.

 

 

 

 

でもそれと同時に、あたしは日本の伝統的な文化や習慣、常識はとても価値のあるものだとも思う。違う国で、違う文化の中で生活して学んだの。あたしはそんな『おもてなし』の心だったり、マナーの良さや、人への敬意の払い方は守っていくべきものだと思う。その中で、ただもっと新しい考えを受けいれられるように、そして個人のオリジナリティをもっと表現できるようにしていくべきだと思う。

 

At the same time, I think that Japanese traditional culture, customs and common senses are pretty precious. I learned that from living in different countries and culture. I don't want ever to change that like hospitality, manners, and respectfulness. We need to be more flexible to be more open minded and be original, individually.

 

あたしの考えは明確ではないかもしれないけれど、ho7さんからいただいたコメントを読んで思ったことはこんな感じかな。もしあたしたちが『変化』に恐れ続けていたら、次の世代の子たちがかわいそうだとも思う。どうしたら日本の文化や伝統を守りつつ、自己表現がもっと自由にできるようになると思う?

 

Well, my thoughts can be unclear but that's what I thought when I read this comment. I think it'll be really tragic for not only our generation but also next ones, if we continue having a fear of changing. How can we find who you are, if we preserve those traditions in Japanese culture?  What do you think?

 

xx Hikari

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!