book review: sexuality in japanese literature / 性と日本文学

January 23, 2017

 

Hello,

It's still freezing outside and nice to stay at home and be cozy.

What do you do when you are alone at home? Watch movie or net surfing?

Here are some great books I would recommend for you, especially people who is interested in sexuality.

It also would be good if you want to try Japanese literature. There are English ver for both books. (I put Amazon links)

 

 

You may or may not know, I'm not an expert or a literature student so I am not going to do critical analysis on these books. Read it and review it with my words.

 

 

こんにちは。まだまだ寒くお家に引きこもっていたい季節ですが、そんな時皆さん何をしているでしょうか?

映画鑑賞やネットサーフィンなど色々とあると思いますが、読書はどうでしょう?

今日は私のオススメの本(性にフォーカスしているわけではありませんが個人的にその辺が面白かった)を紹介したいと思います。

本が苦手、文学は堅苦しそうという人もいると思いますが両方分厚い本ではないので、是非挑戦してみてください。

(日本だったら図書館にある可能性大◉)

私は専門家でも大の読書家なわけでもないので、難しい解説などはしません。私の個人的な感想だと思って読んでください。

 

 

 

 

 

 

Niomi (1947) / by Jun'ichirō Tanizaki 

痴人の愛 / 谷崎 潤一郎

 

 

Jun'ichirō Tanizaki (1886 - 1965) is one of the most famous and important writers of Japanese literature. He is famous for his controversial subjects such as sexuality, masochism and erotic obsessions.

I've read only one of his books, which is called, Niomi,  and I enjoyed it so much.

 

谷崎潤一郎(1886 - 1965) 日本の文学界で最も有名で重要な人の1人。セクシュアリティーやマゾヒズムなどエロティックな題材を書くことで有名。

私は谷崎の本は下で紹介する『痴人の愛』の1冊しか読んでいませんがエロティックでおしゃれな感じで面白かったです。

 

 

 

 

 

Niomi

The book is about a man and a girl. At the beginning, the man is 28 years old and the girl, Niomi, 15 years old. One day, he saw her at a cafe. She is from poor family but she is beautiful so he decides to educate her and will marry her when she becomes an adult. However, he starts to be obsessed with Niomi while they live together. Although she is rude and horrible to him, he can't say no to her and forgive her all the time. End up, he became almost a slave to Niomi.  

 

The book reminds me of a famous Russian literature, Lolita by Vladimir Nabokov which is also about a young girl and an older man. (I didn't like 'Lolita' at all tho...) 

I was impressed that this book has published in 1947. 

Niomi was depicted as such a strong girl/woman and she is far from a traditional Japanese woman who is mainly support her husband and don't say her strong opinion. Additionally, Niomi is very open to her sexuality and she enjoys sex with many guys, which was taboo at the time.  (Well, still.)

Other great part of this book is we can see 1920s of Japan when Japan had started to Westernised. I am personally interested in those time so it was interesting to read those historical background from the book.

 

 

 

痴人の愛

ストーリーはある男と年の離れた女の子の話。男は彼が28歳の時、カフェで働く可愛らしいが貧しい家庭の15歳の少女を見かけます。彼は彼女に教育を与え立派に育ていつか自分の結婚相手にしようと引き取り、2人の生活が始まります。しかし、どんどん美しく成長していく少女にいつしか彼は虜になり、2人の立場は逆転。彼女を養い、上の立場にいた彼はいつしか彼女のいいなりになり、彼女がどんなにワガママでも失礼でも彼女無しではいられなくなっていく男の破滅ストーリー。

 

読んでいて有名なロシア文学、ナブゴフの『ロリータ』を思い出しました。映画にもなっているのでロリータのストーリーを知っている人も多いと思いますが、あちらも年上の男性(ロリータは少女愛がテーマの作品、この本はロリコンという言葉の由来になった)ですが、ロリータは1度ちらっと読みましたが、おじさんの少女への愛が私には無理でした、、、。

この本ですごいなあと思ったのは、1947年に出版されたとは思えない女性像の描写。少女、ナオミは日本の伝統的な大人しく男性を立てる女性像とはかけ離れた、とても力強い女性として書かれています。彼女はセックスにもオープンで多くの男性との関係を楽しんでいてそれらは当時、今でも女性にはタブーとされていることで、それをその時代に女性ではなく男性作家が書いたというのがすごいなあと思いました。

1920年代が舞台なので日本に西欧文化が入ってきたばかりの様子なども描かれていて当時の文化やファッションに興味がある人も楽しめるのではないかと思います。

 

 

Wikipedia (Jun'ichirō Tanizaki)    https://en.wikipedia.org/wiki/Jun%27ichir%C5%8D_Tanizaki

                    (Niomi)   https://en.wikipedia.org/wiki/Naomi_(novel)

Amazon (English)  https://www.amazon.com/Naomi-Junichiro-Tanizaki/dp/0375724745

 

 

 

 

 

 

 

 

Confession of a mask (1949) by Yukio Mishima 

仮面の告白 / 三島 由紀夫

 

Yukio Mishima (1925- 1970) is also one of the most important and famous Japanese writers. Confession of a mask is my first book by Mishima I've read so far and I really liked it. 

I don't think all his books are focused on sexuality but this book does, and it is known as sort of his biography of his sexuality in his childhood into an early twenties.

 

三島由紀夫(1925- 1970)谷崎と同じく、それ以上に有名で重要な作家の1人。これが私にとって初の三島の本なのですが、とても面白かったので紹介したいと思います。今まで『スキャンダラスな人』(割腹自殺したり)のようなイメージしかなかったのですが今後もっと三島作品を読んでみたいなあと思いました。谷崎のように性に関する作品が多いわけではないと思うのですが、仮面の告白は三島本人の幼少期から青年にかけての性的な欲望などをもとに書かれている自伝的な話です。

 

 

 

Confession of a mask

The plot starts when he was little and realising his attractions and desires toward to men. He seems not so confused that his sexual attractions to men but homosexuality is not openly talked in Japan at the time which made him to try to attract to women. When he becomes around twenty years old, he meet a girl and fall in love (kind of) but he still not sexually attracted to her......

 

Although homosexuality was not openly talked in Japan at the time, the fact that he published the book was such a scandal. The book is sort of his biography but in real life he got married and had children. I think lots of people, both male and female have experiences of attract to the same gender once even though they think they are heterosexual. 

Sexuality is getting opener topic nowadays and people aware that there are lots of sexual orientations and you don't have to decide one and label yourself. However, it wasn't like that at that time I believe (or not for a few people? I don't know, to be honest). So, I was surprised that how Mishima already had such a liberal mind. 

His writings also famous for classic and beautiful, which may a little bit hard to read if you are not used to read literature.

 

 

 

仮面の告白

ある少年は幼少期から男性のみに惹かれ、最初はそれがおかしいとも思っていませんでした。成長してからも自身が男性に惹かれていることにそこまで葛藤しているようではないですが当時の日本(戦争中ー敗戦後の日本が舞台)では、同性愛は一般的に話されるものではなかったため、彼も女性とのセックスに挑戦してみるなどします。20歳近くなった彼はついにある女性に惹かれ交際を始めますが、やはり性的魅力は感じず、、、、というお話。

 

谷崎と題材は違いますが、こちらも同性愛がオープンでない当時に自分の自伝的小説として発表はすごい、もちろん当時はスキャンダルになったそうですが。自伝ですが、実生活での三島は結婚し、子供もいたので同性愛者というわけではないようです。私は多くの人は自分が思っていない、気づいていなくても両性愛者だと思います。一度は同性に惹かれたことがある人も多いのではないでしょうか?

近年セクシュアリティーはオープンになってきていて、多くの人が性は2つだけでなくセクシャルオリエンテーションも様々だと知り始め、私はこうだと!と決めつけなくてもよくなってきています。でも当時は多くの人にとっては違ったと思います。作家でエリート家系出身の三島が、どのような環境にいたのかはわかりませんが、その時代にこんなに冷静に自分の若い頃のセクシュアリティーについてかけるのはすごいなと思いました。

彼は美しい文体などでも有名ですが、あまり本を読まない、もしくは文学作品は読まない人には少し難しいかもしれないです。

ですが、薄い本なので初めて読むにはいいと思います。

 

 

Wikipedia (Yukio Mishima)  https://en.wikipedia.org/wiki/Yukio_Mishima

(Confession of a mask) https://en.wikipedia.org/wiki/Confessions_of_a_Mask

Amazon(English) https://www.amazon.co.uk/Confessions-Mask-Yukio-Mishima/dp/0720612853

 

 

 

 

If you've read those books please let me know what you think of them!

and if you have any recommendations for me that would be lovely too. I'd love to know ;)

 

今回は2冊紹介しました。もし読んだことある、読んだ人は是非感想を聞かせてください!

他にもオススメの本などあれば教えて欲しいです。それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!