who am i / angela (photo & interview series)

March 6, 2017

Hello people,

Here is the very first article of my 'Who am I' series, in which I (ruru) interview and take photos of people who have multicultural backgrounds such as mixed race or born and raised in different countries.

The first person for this series that I interviewed was one of my friends, Angela.

Here is her story.

 

こんにちは、

今日は私、ルルが最近始めたフォトインタビューシリーズ 'Who am I' の第一弾。このシリーズでは、ハーフや生まれた国と育った国が違うなど、2カ国以上をバックグラウンドに持つ人たちにインタビューと撮影していきます。

最初に協力してくれたのは私の友達の1人、アンジェラ。

下で彼女のストーリーをチェックしてみて下さい :)

 

 

 

 

1, Please introduce yourself. 

 まず自己紹介をお願い。

 

 

My name is Angela, I was born in Poland in a very small town in the Silesia region 24 years ago. My parents moved to the UK when I was 11 years old, and I joined them a few months later after living with my grandma.

 

名前はアンジェラ、24年前にポーランドのシレジアという地域にある小さな町で生まれたの。私が11歳の時に両親がイギリスに引っ越して、

何ヶ月かおばあちゃんとポーランドで暮らした後に私も両親のいるイギリスへ引っ越したよ。

 

 

 

2, Do you remember when you moved to London?What did you feel before you moved and after you actually moved there?

 イギリスに引っ越してきた時のことはよく覚えてる?引っ越す前と後はどんな風に感じてた?

 

 

My family wasn’t rich so although we always had food on the table, I didn’t get to do things my friends would boast about so I often felt alienated. Finding out my dad got a job in London and we were to follow soon was extremely cool to me, it was going to be my first ever proper time abroad, my first big holiday that I’ve been dreaming of so I felt excited. I was later filled with anxiety over not being able to communicate with other people, but being a child at the time - I didn’t let it get to me too much. I missed my friends after moving but all of those connections faded out as I got on with my new life.

 

私の家族はお金持ちじゃないけれど、いつもちゃんとご飯が食べれるくらいではあった。ポーランドの友達が自慢するようなことは、私にはなかったからたまに周りより浮いてる気がしてた。お父さんがロンドンで仕事を見つけて、それについていくっていうのは当時の私にはすっごくクールだった。それが私にとって初めての海外だったから、ずっと夢にみてたホリデーみたいで、とてもワクワクしたのを覚えてる。その後になってから他の人とコミュニケーションがちゃんと取れるかとか不安でいっぱいになったけど、その時は子供だったしそんなに心配してなかったかな。引っ越してすぐはポーランドの友達が恋しくなったけど、イギリスになれるに連れてそんなこともなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

3, Was it hard for you to get used to the UK?

 イギリスになれるのは大変だった?

 

 

I think because I was so young I adapted extremely quickly to my surroundings and the general feel of the place. It was definitely different. Before I came over, the idea I had in my head for how it was going to be was entirely different to what it actually turned out to be.

 

まだ子供だったから環境に慣れるのには時間はかからなかった。でも引っ越す前に想像していたことと実際にイギリスに住むのは全然違ったかな。

 

 

 

4, Was there anything hard about going into a new environment? Such as a different language or making friends?

 新しい環境で大変なことはあった?違う言語で友達を作るとか?

 

 

The language barrier was the scariest part. Although I studied English at school as well as privately before moving, I was finding it hard to speak out. Any bilingual can probably relate when I say that social situations give the most anxiety. In class I was filled with worry over being called out and not knowing how to properly convey myself and everyone laughing at me. I often felt inadequate and stupid, I knew so many of the things that were being taught in class and I wanted to contribute, but my anxiety always took over. I really wanted to show I knew the answers and I had the knowledge, but I just couldn’t. Amongst friends and classmates I was frightened of talking because I didn't want anyone to make fun of my accent. I did make friends and I’ve met some wonderful kids that weren’t like ‘the rest’ but children are generally the cruelest of all. They don’t understand the kind of impact their words may carry, so I was often questioning whether my friends were really my friends or were they just faking it and being nice and helpful to the foreigner.

 

言葉の壁は一番怖かった。イギリスに来る前から英語は学校で勉強してたし、引っ越す少し前には個人レッスンも受けてたけど、実際に話すのは大変だった。多分多くのバイリンガルの人が共感してくれると思うんだけど、日常会話が一番不安を感じた。学校の授業では当てられてちゃんと話せないんじゃないか、みんなに笑われるんじゃないかって心配だったし、いつも自分は周りより劣ってるって感じてた。授業中答えられたり、できることも沢山あったけど、それより不安が大きくて。みんなに私は答えられるし、知ってるんだって見せたかったけど、結局はいつも何も言えなかった。友達やクラスメートと話す時も、私のアクセントをからかわれるんじゃないかって怖かったのを覚えてる。友達もできたし中には優しい子もいたけど、ほとんどの子はそうでもなくて怖かった。子供達は彼らの言葉がどれだけ私に影響するかなんてわかってないし、そのせいで友達に対しても彼らは本当に私の友達なのか、それとも私が外国人だから親切にしてるだけなのかわからなくて悩むこともあった。

 

 

 

 

 

 

5, Recently, you went back to Poland for the first time in 10 years, how was it?

 最近10年間で初めてポーランドに帰ったんだよね?どうだった?

 

 

Last month I went back to Poland for a measly 4 days after over 10 years of not having had visited. I’ve been meaning to go back for years, but somehow something always got in the way. Sad circumstances have forced me to go, however I’m glad they did. For the past year I’ve been getting strange flashbacks of my childhood - visions of random walks to the park, eating dinner at my grandmas house and chasing after my dog which made me feel like I really did not know where I belong. As a teenager going back seemed like the worst nightmare, I never had any desire to visit and now I had this strong urge to go back to those exact places, I missed them so much! It was the strangest thing and It made me so confused.

 

うん、先月に4日間。10年間帰ってなかった後にね。ずっと訪れたいとは思ってたんだけど、なんだかんだタイミングがなかったんだよね。

今回は悲しい事情があって、帰らなくてはいけなくなってやっと、でも行ってよかった。ここ数年、子供時代のことをいきなり思い出したりしてて、

公園まで歩く道だったり、おばあちゃんの家で夜ご飯を食べたり、犬と遊んでたりとか。でもそれらを思い出すことで、自分はどこに属してるんだろう?ってわからなくなった。ティーンの頃は絶対にポーランドには帰りたくないと思ってたし、帰りたいと思ったことはなかった。でも最近になって帰らなきゃ、帰りたい!って想いがすごく強くなったの。実際に行ってみたらすごく恋しかったんだなと思ったけど、すごく変な感じもしたし困惑した。

 

 

 

6,Which country do you feel close to now?

ポーランドとイギリス、どっちが自分の居場所だって感じる?

 

 

I’m still very much conflicted in regards to this. It’s weird, after visiting Poland I want to embrace my roots, but at the same time I grew up in England and I’ve got so much to thank both countries for.  

People are shocked when I tell them I’m Polish and follow it up with ‘oh you’re basically English’. Saying that isn’t true though and I don’t feel comfortable ever saying that. I’d probably call myself a Londoner if anything. Either way, I think being a bilingual person moving from the place of your birth and growing up in another country is both a wonderful thing and a curse. Having experience of different countries from an early age makes you more open to various cultures and your thought process is bound to be more abstract and enriched than that of a monolingual person. At the same time, somewhere along the way you will start questioning who you really are and where it is that you truly belong.

 

これに関しては今もすごく迷ってる。わからないけど、ポーランドに行った後自分のルーツをもっと大切にしたいなと思った。でもそれと同時に私は

イギリスで育ったから、どちらの国も大切だし感謝してる。

多くの人は私が実はポーランド人っていうと驚くんだよね、それで大体その後に ‘でも基本的にもうイギリス人だよね’ って言うの。

それは事実ではないし、自分がイギリス人だと言うのは違う気がする。もし言うんなら私は ‘ロンドナー(ロンドンの人)’ っていうかな。

どちらにせよ、バイリンガルであるということ、生まれた国と育った国が違うということは、素晴らしいことでもあるし呪いでもある。若いうちに

違う文化を体験することは、他の様々な文化に対してオープンにさせてくれるし、1ヶ国語しか話せない人より広くて豊富な考え方ができるようなると思う。でもそれと同時に自分は本当は何者でどこに属しているのかと悩むことになる。

 

 

 

 

7,Do you want to go back to Poland again?

 ポーランドにはまた帰りたい?

 

I want to go more often to visit my grandparents and spend holidays there reminiscing about the past. Although we’ve faced many hardships while we were there, I’d like to remember the good parts and not tarnish my fond memories of my childhood with living out my adulthood there. My goal is to carry on with my linguistics and Japanese degree and eventually move to Japan instead.

 

 

これからはもっと頻繁におじいちゃんおばあちゃんに会いに行きたいし、ホリデーを過ごして昔を思い出したいな。私たちがそこにいたときは、すごく大変なことたくさんあったけど、私は大人になってからそこで住んで、好きな子供の頃の思い出を曇らせないで、いい思い出を覚えておきたい。

今のゴールは言語学と日本語を大学で勉強してるから、それを続けて行っていつかは日本に住みたいな。

 

 

 

Thank you so much to Angela for helping me out and sharing her story with us x

 

 

 

 

Angela

 

instagram : @seppukutime

blog : ゴミ女の子

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!