interview: mental health part 1

January 8, 2018

メンタルヘルスとは? (主に発達障害・ADHD)

interview 1: chat with lisa

明けましておめでとう!今年もよろしくお願いします♡

今回は私の友達で、心療内科にカウンセリングを受けに行っているLisaに、メンタルヘルスについてインタビューしたよ。彼女は、私のhoneyhandsで書いた記事をいつも読んでくれて、それについて感想も言ってくれる数少ない友達。今回も、honeyhandsで記事にすることを前提に、自分の体験を打ち明けてくれて、すごく嬉しかった。

 

Happy New Year!

I interviewed my friend, Lisa who goes to therapy sessions for her mental health. She reads every single article I write for honeyhands and she gives me comments about them, which is so sweet of her. This time, she told me about her experiences for this article and I'm very happy to know a bit more about her. 

 

1. 簡単な自己紹介

Lisa。東京都在住の20歳。父、母、私の3人家族。小学生まで父の転勤の関係で関東や関西で育ち、中学からは都内の中高一貫の女子校で育つ。小さい頃からエレクトーンを始め、現在、東京芸術大学の作曲科2年に在学中。

 

1. About Lisa

My name is Lisa; I'm 20 years old and I live in Tokyo with my parents. I grew up in the Kanto and Kansai area because of my father's job situation. Since junior high school to high school, I went to a girl's school. I have played the electone since I was very little, and now I'm a major in composition at Tokyo University of the Arts.

 

2. メンタルヘルスとは?

メンタルヘルスと大きく捉えるとちょっと範囲が広すぎて、どう答えるのが良いかわからないんだけど、メンタルを崩す人は、急に崩れるんじゃなくて、徐々に何かしらの出来事が合って、ちょっとずつ崩れていくから、風邪みたいに急に熱が出る、みたいな話じゃない。だから、気付いたら病院に行かなくちゃいけない程度になっていることが多いと思う。変化が微妙だから、周りの人も気付きにくいかな。逆に、久しぶりに会ったら、雰囲気が変わっていた、とか、そういう風に思われることの方が多いと思う。

私の母はちょっと前まで、鬱病で心療内科さんにかかっていたんだけど、それと私の症状はまた別だし、一口にメンタルヘルスと言っても、色んな症状やケースがあるよ。

 

2. What is mental health in your opinion?

There are so many different types of mental health. I don't know what is the right thing to say about it, but I can say people who are mentally ill usually don't get mentally ill all at once and all of a sudden; they may get mentally ill without noticing. It's like something is breaking inside of you slightly every day. There can be something traumatic that causes you to feel this way. So, most people do not realize it until the time they need to go see a doctor. I feel like no one can realize from just seeing you, especially people who see you every day. My mother had depression, so she was going to see the doctor. However, my mental illness and hers are different so there are many cases for mental illness. (This is based on Lisa's experiences and it's her opinion.)

3.どんなこと(症状)で、診察を受けているの?

私は、発達障害(ADHD)という症状を疑って、心療内科に行っています。まだ、確定診断は受けていないんだけど、“恐らく、ADHDですね。”っていう診断をもらっているよ。

ADHDには大きく3つ種類があって、

・多動型…授業中動き回っちゃったり、手足をソワソワさせちゃうなど。

・衝動型…我慢できず話に割り込んでしまったり、順番が待てないなど。

・不注意型…忘れ物やなくし物が多かったり、ぼーっとしていて人の話を聞いてないように見えるなど。

と、それぞれ特徴があるんだけど、どれが一番強く出るかは人それぞれ。複合型と言ってこの3つの症状が合わさって出てくる人もいる。私の場合は、多動も衝動もなくて、ほとんどが不注意なんだ。

例えば、これを見て欲しいんだけど、中学1年の1学期の時の通知表です。

 

3. What kind of symptoms do/did you have?

I go to see the doctor because they think I have ADHD. I'm actually in the process of figuring out this right now, but that's what they told me. ADHD has three different kinds:

・Hyperactive Type … Can't stop moving, almost restless. (Ex. moving around while you're in a class)

・Impulsive Type … Impatient.  (Ex. can't line up or interrupting someone while they're speaking)

・Inattentive Type … Forget and lose things. (Ex. Less attention and not listening.)

It has various types and some people have combined symptoms as well. I'm not hyperactive or the impulsive type, but I am the inattentive type. For example, this is my grade 7 grades record. (It all said "Don't forget to submit homework.")

現文 提出物をきちんと出しましょう。

代数 提出物をきちんと出しましょう。

幾何 提出物の期限を守りましょう。

理科 提出物の期限を守りましょう。

英語 提出物の期限を守りましょう。

 

提出物を出さなきゃいけないっていう意識がそもそもあまりなかったし、提出物をちゃんと出している皆んなは“しっかりしているから”、だと思っていた。自分が出さないのは“しっかりしていないから”、だと思っていたから、特に何とも思っていなかったし、変な話、割と勉強はできたから、全然気にしていなかった。今思い返せば、小学校の時も夏休みの宿題を終わらせたことが無かったかも。でも、あんまりそれが悪いことだと思ってなかったんだ。あとは、式典とかでそわそわしがちだったり、知らないうちに手遊びしていたり。これも当時はあんまり自覚していなかった。高2の時に、部活が吹奏楽だったんだけど、文化祭での責任者をやってて、練習場所を取らなきゃいけなかったのね。でも完全に忘れちゃってて、困ったことになった。これは結構大変なことになってしまった。

 

I'd never thought submitting homework is important. I thought everyone who's submitting are just "good students" and I wasn't. I didn't worry about my grades because I knew I was understanding all of my classes. When I think back, I realized that I'd never submit any of my summer vacation homework at elementary school either. I didn't think that was bad. Also, I go into my own world when I'm at ceremony and have to sit still for so long. I started playing with my hands and thinking different things. I didn't think that was normal. However, when I was in grade 11, I had a responsibility for booking a practice room for our brass band at school to practice for a big school event. And I totally forgot it and it was really bad.

 

提出物とかは成長するにつれて、出せるようになったんだけど、今でもちょこちょこ無くし物や、忘れ物があったりして困ることがある。例えば、教科書を持ち込むテストの時に教科書を忘れてしまったり、履修登録の期限をうっかりしていて、単位を落とすことになってしまったり….。

そういう症状とか、経験から、自分は“人から物を借りても返せない”、とか、“自分じゃできない”、みたいな否定的信念を持つようになってしまって、物の貸し借りが怖かったり、いろいろ辛くなっちゃうことがある。症状は、私の場合はこんな感じかな。

 


As I grew up, I started dealing with submitting things at school but I still forget many things where I put it and end up losing things. It's not nice. For example, I forgot my textbook at home for an exam when I needed it, and I forgot to register classes at university and lost a few credits. From these experiences, I started thinking about myself like "I can't give things back to people when I borrow" and "I can't do it by myself because I can't remember." I started blaming myself and having self-denial. I became scared of borrowing and lending things, and have a hard time thinking about it. These were my symptoms.

 

4. 心療内科に行こうと思ったきっかけは?

最初に症状を疑ったのは高3の秋だったんだけど、その頃、私は受験のストレスで作曲のレッスンに行くのがどんどん辛くなってしまったのね。特に私は、その時期に新しい先生につくことになったから、環境が変わって余計に辛かった。それで、自分がメンタルヘルス的に崩れているんじゃないか、それこそ鬱なんじゃないかと思って調べたのがきっかけだった。調べているうちに「マンガで分かる心療内科」っていうWEBサイトを読むようになったんだ。ADHDの話が7、8話くらいあるんだけど、それにたどり着いて読んでいたら、“これ、私のことじゃない?”って思ったの。診断サイトみたいなのは調べるといっぱいあるから、色んなサイトで調べてみたんだけど、どのサイトでも、“そうじゃないか”、っていう結果が出たから、“あーそうなのかもしれない”、って思ったんだ。それで、診断が欲しい、と思ったのがきっかけだよ。

 

4. How did you decide to go see a doctor?

I doubted myself with those symptoms when I was in grade 12; it was autumn. At the time, I was stressed and started finding it really hard to go to my composing lessons for my exams for entering university, especially because my composing teacher had changed and I was learning and studying in a new environment -this made the situation harder. So I considered whether I'm mentally ill and becoming depressed, so Googled it. I found "Comical Psychosomatic Medicine" (you can learn about mental health with manga) and I read through everything. There were chapters talking about ADHD (maybe it was chapter 7 or 8) and I wondered "is it about me?" There are many diagnosis tests online and I tried a bunch of them. Every site told me that maybe I have ADHD and I realized "oh maybe I do have it." I wanted to have a real diagnosis from a doctor, so I decided to go.

*インタビューの続きは、次の記事に書くね!次は、診察の様子とか、病院を選んだ理由とかを聞くので、皆んな楽しみにしていて :) 因みに、私、hikari (sawada)もマンガで分かる心療内科、もともと知っていて、読んでいたよ。1話1話が短くてわかりやすいし、色んなトピックを扱っているから気になる人は是非読んでみてね。

 

*This is interview part 1 and part 2 is coming next week which she shared about her experiences at the hospital and how she chose her doctor so stay tuned :) I also knew about the manga and read everything. Every chapter is very short so it's easy to read and it talks about many kinds of mental illness so please check it out!

 

Images by Hikari Sawada & Lisa

Translated by Hikari

English Edited by Lisa

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!