do i have to define my sexuality?

May 23, 2018

 

みんなは自分のセクシュアリティについて考えたことはある?セクシュアリティって広い概念をもつ言葉だけど、ここでは自分の恋愛対象がどういう性の人に向くかという狭い意味でのセクシュアリティについて、私の経験や考えをシェアするね!

 

Have you ever thought about your sexuality? "Sexuality" has a broad meaning but I am going to share my experiences and thoughts in regards to the notion of what person you are going to like.

 

私は自分のことをストレートではないと思ってる。いつからそのことを意識したのかははっきりとわからないんだけど、高校生のおわりくらいのときかな。たぶんそれまではLGBTという言葉もそれほど知られていなくて、自分のセクシュアリティについて考えたこともなかったかも。でもLGBTを扱った海外の映画やドラマをみたり、ジェンダーやフェミニズムについて考えているうちに、もっと自由でいていいじゃん!って思ったんだよね。今まで振り返ってみると、私は女の子が好きだったことに気づいた。うまく言えないけれど、これは恋愛感情というよりもこの子のこういう面かっこいいなって惹かれる感じかな。その感覚はたぶん自分が中学にいたころからあった気がする。でも自分がストレートじゃないなって自覚しても、自分のことをバイセクシュアルとは思えなかった。よくわからないけれど、私はそうすることによって自分をある枠に押し込めてしまう気がしていた。

 

I don’t think I’m straight. I’m not sure when I realized that, but I think it would be around the end of my time in high school. Until then, LGBT+ culture was not that popular in my world and I had never really given thought to my sexuality in the first place.I started to feel like I wanted to be freer through watching foreign movies and shows that have LGBT+ characters, along with earning more about gender and feminism. Looking back at my experiences, I noticed that I liked girls. I can’t describe it well, but I am sometimes attracted to girls since I always look for something cool in them, whether it's personality or appearance. I've had this feeling since I was in junior high school. Even when I realized that I was not straight, I didn't think that I was bisexual. I don’t know, but I felt like I ended up labelling myself into one category and it made me scared a bit.

 

そんなとき、Savannah Brownの”my sexuality”っていうビデオを見たの。(彼女は詩や小説を書いていて、YouTubeにもいろいろなトピックを扱ったビデオをアップしているよ。インスパイアされるものばかりだから気になった人はチェックしてみてね!)彼女は自分が男の子にも女の子にも惹かれると言いながらも、「自分のセクシュアリティについてこうだ!と決める必要はないんじゃない?」と言っていたの。私はこの考え方がすごく好き!このビデオを見て以来、今まで自分のなかで悶々としていたものが少し晴れたように感じてる。

 

The other day, I watched “My Sexuality”, which is a YouTube video made by Savannah Brown. (She writes poetry and novels, as well as creating a variety of different videos focusing on various topics. There is a ton of inspiring content so I highly recommend you check them out!) She mentioned how she felt like she was attracted to both boys and girls, but she said did mention that “You don’t have to define your sexuality”. After watching this video, I felt like I could escape from my narrow view of labelling myself. 

 

私は自分につけるラベルを探していたのかもしれないけれど、そんなことしなくてよかったんだなって思えた。私は私だし、それでよかったのかもしれない。だから今は自分のセクシュアリティについて定義するのをやめた。私が好きになる人は男の子なのか、女の子なのか、もしくは自分をそれ以外だと自認する人かもしれない。それでいいじゃんって思えた。

 

I may be looking for some labels that I put on myself but I don’t feel like I need to do that. I'm just who I am and that’s fine. I stopped defining my sexuality. The gender that I’m going to like would be men, women or others and I realized that’s totally okay.

 

 

今、自分の中ではセクシュアリティについて考えることはあまりなくなったけど、外で人と話しているときに違和感を覚えることは日常茶飯事。例えば、高校からの友達と集まると、彼氏ができたかとか結婚の話ばっかりで少し複雑になる。みんながストレートだっていう前提に沿って、様々な話が展開されていくのはちょっと悲しい。私は日本の大学に通っているんだけど、前に日本人同士で英語でLGBTについてディスカッションをしたときに、話している人たちの中にはLGBTの人がいないっていう前提で明らかに話が進んでいて、なんか違うなあと思った。

 

I gradually stopped thinking about my sexuality that much recently, but I sometimes feel uncomfortable when I talk to people about it. For example, when I hang out with friends from high school, we talk always talk about things like 'so-and-so' has a boyfriend or what an ideal marriage is like, things of that nature, which can be confusing for me. It is a little bit sad that what we are chatting about is based on the assumption that everyone is straight unconsciously. I am heading to university in Japan and have discussed LGBT+ with some Japanese students in English before, but I felt a bit weird because our discussion was without thinking that there might be an LGBT+ person in that table at that time; what we discussed was based on the assumption that everyone was straight. 

 

 

私は今のところカミングアウトするつもりはない。だけど私が私の身近な人に何も発しない限りはなんの疑問もなくストレートだと見なされることに窮屈さを感じる。LGBTという言葉は私たちの身近になってきているけれど、その言葉で括られることによって、多くの人が無意識のうちに自分とは違うという線引きをしているのかもしれない。でも私のように自分をストレートだと自認しない人もたくさんいるだろうし、セクシュアリティについてもいろいろな考え方がある。そういう考えがもっと世界に浸透するといいな。友達と何かについて話していて、「あ、私ストレートじゃないんだよね」って言っても「あ、そうだったんだ」で何事もなかったかのように話が続けられるようになったら、もっとたくさんの人が自由に楽に生きられるんじゃないかなって思う。

 

I’m not going to come out to others, but I sometimes feel uncomfortable because everyone always considers me straight unless I say anything otherwise. Although the word ‘LGBT’ is becoming well known (internationally), many people might tend to think that they are different from LGBT people unconsciously by categorizing such people. There are a lot of people who don’t think that they are straight like me and everyone thinks about their sexualities differently. I hope that such an idea will spread around society. I think more people can be free and live without much stress if coming out isn't made into a big thing, if you know what I mean.

 

もし私みたいに自分のセクシュアリティについてもやもやした感情を抱いた人がある人がいたら、そのままでいいんだよって伝えたい。

 

If someone has complex feelings about their sexuality like me, I want to say “It is totally okay.”

 

English Edited by Lisa

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!