spaces and mental health

June 20, 2018

スペースとメンタルヘルス

Alexandra Levasseur

 

Right after high school graduation in Italy, I spent my gap year and an half in Australia. I hopped from share houses, to farms, to hostels, to villas overlooking the Pacific Ocean. I packed and unpacked my turquoise luggage more than 10 times. It was hard; it was rewarding; it was challenging; it was strengthening. It was a whole lot of highs and lows. I worked a lot and I learned independence - which was what I wanted and, for that, I am so proud of myself. My gap year wasn’t exactly a ‘working holiday’ or ‘backpacking’ experience, and I definitely felt settled a couple times. Even then, my mental health became poor.

 

イタリアで高校を卒業してすぐに、私はオーストラリアで1年半過ごすことにした。シェアハウスにステイしたり、ファームにステイしたり、ホステルにステイしたり、太平洋が見渡せる別荘にステイしたり。私はターコイズカラーのスーツケースをパッキングして、アンパッキングしてを10回以上も繰り返した。大変だったけど、やりがいがあったし、挑戦的だったけど、私を強くしてくれた。気分がいいときもあれば、どん底のときもあった。いっぱい働いたし、自立することも学んだ。それは私がやりたかったことだったし、自分のことを誇りに思う。私のオーストラリアで過ごした1年半は『ワーキングホリデー』でも『バックパッカー』でもなかったけど、何度か一つの場所に落ち着くことがあった。それから私の精神状態は悪くなっていった。


I recently came across a Dazed and Confused article which resonated with me a lot. The article discusses how the new generations spend so much time in their bedroom, doing everything in their beds – which includes eating, working, chilling and entertaining themselves, and how this often depends on the conditions which these young people are forced living into.

 

最近、Dazed and Confusedの記事を読んで、ものすごく共感したの。(記事は英語のみです。)その記事では、新しい世代の若者は多くの時間をベッドルームで過ごして、食べたり、仕事をしたり、のんびりしたり、楽しむときですら、何をするにもベッドの上で過ごしてる。そしてこれがだんだんと若者の生き方の条件として強制されてくるということ。

 

 

It flashed back to me my first share house, a tiny apartment, with no dining or living room, as 2 extra single bedrooms had been created by putting up walls made out of a plastic curtain. The other two regular rooms were housing three people each – so, we were 8 people in a 50 sqm apartment with 1 bathroom. The price wasn’t right for the conditions, but it wasn’t a bad experience, as I was still enthusiastic about my new adventure in Australia and I can adjust easily in any situation. Still, I clearly remember spending the majority of my day eating bowls of cereal and watching tv series, as well as writing resumes and applying for jobs – all from the comfort of my bed. This didn't feel unhealthy. 

 

オーストラリアでの最初のシェアハウスは、小さなアパートで、ダイニングルームとリビングルームの一部も、シングルベッドを2つ入れてカーテンで仕切られた部屋に改造されているような場所だった。他にも普通の部屋が2つあったんだけど、それは1部屋3人部屋。だから、そのトイレが一個しかついてない小さいアパートに合計8人が住んでいた。値段もその条件では合ってなかったと思っていたけど、別に悪い経験でもなかった。というのも、私はまだオーストラリアで新しく始まったアドベンチャーにワクワクしていたし、私は結構簡単にどんなシチュエーションにも対応できるから。でも今でも覚えてるのは、シリアルを食べたり、TVシリーズを見たり、履歴書を書いたり、仕事に応募したり、一日のほとんどをベッドの上で過ごしてた。それは不健康にも感じなかった。

 

 

Scrolling through the article, I learned that the brain needs different spaces for different tasks, and that’s why so many people find it difficult to fall asleep straight away: the brain just takes a while before understanding it has to switch off. I think of how I felt when I was living in another share house - even though crowded, it had a spacious dining area and living room. I remember how sharing the bedroom with another 3 people wasn’t the best for my introverted personality, but it surely kept me on track and spending time in the living room made me engage more with my flatmates.

 

さっき話した記事を読んでいくにつれ、脳みそは全てのタスクに違うスペースが必要だっていうことがわかった。だから多くの人は、なかなかすぐに眠れなかったりする、というのも、脳みそはここが寝るスペースだっていうことを理解するのに少し時間がかかるっていうこと。この記事はシェアハウスでの時間の過ごし方を思い出させた。それに3人で一つの小さな部屋をシェアしていたことは、内気な性格の私には合っていなかったけど、確かに人で溢れていた小さなアパートでも一応リビングルームやダイニングルームがあったからこそ、そこで時間を過ごすときは人とコミュニケーションができて時間の過ごし方に責任を持てていた。

 

Many of us (millennials, gen y, gen x) have already higher rates of social anxiety which is given to us by social media in general: we keep comparing ourselves to others and their lives, and being confident enough to put ourselves out there and get to know new people is a big task. I am sure I don’t speak only for myself. But, I look at my family and I look at how society has evolved. Older generations use specific spaces for specific tasks. The kitchen is for cooking, a table is required to sit down and eat your meal, the living room is for relaxing and socializing, bedrooms are for both studying and sleeping, but these two tasks take place in two different areas of your room – studying is at the desk and sleeping is in the bed. 

 

私たちのほとんどは、SNSによって一般的に与えられている社会的不安の割合が高い。自分や自分の人生を他の人や他の人の人生と比べたり、自信を持ってSNSに何か載せたり、新しい人に出会って友達になることは大きなタスクになっている。こう感じるのは私だけじゃないって思ってる。でも私は自分の家族をみると、どう社会が進化しているかも見えてくる。私たちよりも年上の世代は、特定のタスクを特定のスペースで行う。キッチンは料理をするスペース、テーブルはご飯を食べるスペース、リビングルームはのんびりしたり、会話を楽しんだりするスペース、ベッドルームは寝るところと勉強するところ。でも二つのタスクは別々の違うスペースで行われる。勉強するのは机で、寝るのはベッド。

 

 

Spending a lot of time in bed makes me lethargic, not focused - lazy. Lazy and slightly depressed, like I am not achieving anything, like I am not working towards my goals. I guess it’s a feeling many can understand, and an experience many have gone through before.

 

多くの時間をベッドで過ごすことで、私は無気力に感じるし、集中力が欠けて、だらけてくる。だらけるのとちょっと鬱っぽく感じる。やることをやっていない気分にもなるし、何も達成していない気分にもなる。多分これは多くの人が理解できることだと思うし、たくさんの人が経験した気分だと思う。


Pulling myself out of bed became very hard at one point, but that very simple task can change your mood, your motivation, your energy level. Still, not having that space in an house you share with strangers, where you can talk, spend time, share experiences together can be highly damaging for your self esteem too, as you’ll tend to isolate yourself more and more. How can the simple need of a common space for the health of the mind of (mainly) young people get so ignored when money is involved? As a society, the wellness of the individuals should be preserved. What solutions can we find for this? Cities are getting bigger and rent is increasing, but don’t we all deserve to have a healthy amount of space to live in?

 

私は自分のことをベッドから引き離すのが大変だったときが一度あったけど、こういった簡単なタスクの区別が自分の一日のムードやモチベーション、エネルギーを変えてくれたりする。誰かとスペースをシェアして、話したり、一緒に時間を過ごしたり、何か一緒にしたりすることがないと、それも自尊心が失われてしまう原因の一つになるし、もっと一人になろうとしてしまう。私たちの世代の若者の心の健康を共有するスペースが必要なときに、お金がかかるからと無視されていたらどうする?一人一人の健康は、社会的にもサポートされるべきだと思う。どんな解決方法が考えられる?都市はどんどん大きくなって、家賃はどんどん高くなるけど、私たちは健康に生きていくためのスペースはもらえるべきだと思わない?

 

All images by Alexandra Levasseur

English Edited by Lisa

Japanese Translated by Hikari

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!