what do you eat?

October 8, 2018

食べるものの決め方は?

 

Hey everyone! It's me, Hikari! How are you doing?

 

こんにちは!編集長のHikariです。みんな元気?

 

Today, I would like to talk about my diet. For me, food is one of my biggest pleasures, and I believe that food is a necessity to live, like oxygen is to breathe. What do you usually eat? How do you pick your food?

 

今日は、食生活について話そうと思います。食べ物って、あたしにとって一番と言ってもいいほど楽しみなもので、人間として生きていく上で酸素と同じように、毎日必要なもの。みんなはいつもどんなものを食べてる?どうやって食べ物を選んでる?

 

I have been a *pollo-pescetarian for the past 4 years. I always order the "special meal" on an airplane when I book flights. The last time I flew from Canada to Japan, I looked around and realized that my food choices or diet is unusual to most of the people in Japan, even though it seems veganism and vegetarianism have been taking over Western countries. Japanese passengers around me were watching me eat this "special meal" a.k.a vegetarian meal on the airplane. They didn't even know that was a choice you can make. I thought talking about diets would be a good new idea to discuss on honeyhands.

 

*Pollo-Pescetarian = People who consume vegetables, dairy products, fish and white meat like chicken but no red meat.

 

あたしは、*ポロ・ペスクタリアンになって4年目。飛行機を予約するときは必ず『スペシャル・ミール』と呼ばれるものをオーダーする。*ベジタリアンや*ビーガンなど、欧米では「普通」になってきている食の選択だけど、最近カナダから日本行きの飛行機に乗った時に、ほとんどの日本人にとって『ポークとビーフどちらにしますか』と聞かれてどちらも選べないことが「普通」ではないんだと、あたしが『スペシャル・ミール』という名のベジタリアン・ミールを提供されているのを見て、すごく周りから視線を感じたことに気づいた。それが選択肢にあるなんて思いもしなかったんじゃないかな。あたしもそうだった。だから、honeyhandsで食べ物について記事を書いてみようと思ったの!

 

*ポロ(ポヨ)・ペスクタリアン = 赤肉(牛肉・豚肉など)は食べず、野菜、乳製品、魚、白肉(チキン)のみを食べる人。

*ベジタリアン = 野菜、乳製品のみ。肉なし、魚なし。
*ビーガン = 野菜のみ。乳製品なし、肉なし、魚なし。(生き物が関わっていないもののみ。)

 

India 2012

 

Food is something you have to choose and consume every day, unless if you're really sick, you have some special conditions or if you have insane allergies. I love food and eating. I didn't even know that being a vegetarian or vegan were options for us humans to live until I visited India in 2012. I lived there with a local family for a month; the city I stayed in is located at an altitude of about 1,700m in Northwest-India where it's considered as the countryside. While I was there, I experienced "no meat" days. The family were Tibetan Buddhists and they had days without eating meat during the week. I was totally okay with it, and at the time, I was studying about religions and their customs so I was more interested in their way of life.

 

(病気だったりアレルギーがあったりしたら別だけど)食べ物って毎日の生活の中で、自分で選んで消費するもの。あたしは食べ物も大好きだし、食べることも大好き。ベジタリアンやビーガンが人間が生きていく上での選択肢だったなんて2012年にインドを訪れるまで考えたことがなかった。インドにいた時は標高約1,700mの北西インドにあるど田舎で地元の家族にホームステイする形で1ヶ月間生活したの。そこにいたとき、初めて『肉なし』という食生活に出会った。その家族は、チベット仏教徒だったから肉を食べる日と食べない日を1週間の中で分けていた。あたしはその時、様々な宗教やその習慣について学んでいたから、彼らの食生活にとても興味がわいた。

 

When I had meat for the first time in India, it was pork. The pork didn't look like what we see in the Japanese supermarket. It looked exactly like a pig. I saw it closely and I could see the little hair sticking out from the skin of the pork. I didn't feel good to see and learn what I had been eating for my entire life in Japan. I closed my eyes and tried a little bit, but I could feel it in my mouth and I pretended that I enjoyed it. A few days later, I got to visit a market where all the fresh vegetables, fruits and meat were sold. I enjoyed the atmosphere, it was like a farmer's market. I saw the meat vender which had some animals' heads with no eyes and thick bloody read meat hanging from the ceiling. Flies were flying around the meat. It was such a cruel and harsh thing to see.

 

インドで初めてお肉が夜ご飯に出たときは、豚肉だった。その豚肉は日本のスーパーで売られているようなものとはかけ離れた、豚肉というよりも「豚」だった。近くで見てみると、その豚の小さな毛が皮からチョンチョンと出ているのが見えて、今までの人生、日本で食べていた豚肉が急に「豚」だということにすごく複雑な気持ちになったの。目をぎゅっとつぶって食べては見たものの、口の中で感じたものは言葉にできない。その数日後に、新鮮な野菜やフルーツ、お肉が売られているマーケットに訪れたんだけど、そこの肉売り場では天井から無加工の真っ赤な血溢れたお肉や何種類かの動物の目と皮が取られた真っ赤な頭がぶら下がっていて、その周りをハエが飛んでいて、その残酷な光景に現実を思い出させられた。育った日本で見てきた、綺麗に加工されているお肉では考えることもない光景だった。

 

India 2012

 

At the moment, I thought about how people say, we have to eat to live, so animals have to be sacrificed. I saw them sacrificing this raw meat in front of my eyes - I also understood the reasons why people become vegan. Diet is an individual choice. If I hadn't gone to India, I wouldn't have seen the differences about diets between India and Japan. Although I thought a lot about it and I didn't change my diet at the time, I started eating less red meat unintentionally.

 

その時、「人間が生きるために動物は犠牲になるもの」という人がいるのを思い出したし、その生々しく残酷な形で犠牲になっている動物を目の前にして、あたしはビーガンの人たちがどうしてそういった食生活をしているのか理解できた。食は選択できるもの。インドに行っていなかったら日本とインドの大きな食の違いを気づけることはなかったし、食べるものについて考える機会はなかったかもしれない。その時、食について深く考えたけれど、食生活をすぐに変えようとは思わなかった。だけど、気づかぬうちに赤肉を避けている生活を始めてた。

 

About two years later, I moved to the US for school. My first day was when all the international students arrived. Our teacher took us to a burger restaurant to enjoy classic American food. I felt SO sick after the burger, and the thing I saw in India which was burned into my memory came back vividly. That was the last time I ate beef. For the past four years, I have never craved it. Soon after that, I gave up pork, as I still remember clearly the night I ate "the hairy pig" pork. Not gonna lie, it was a bit hard to give up bacon since I loved it, but for me and for the pigs, the decision made me feel a lot better. I also watched a documentary called "Cowspiracy: The Sustainability Secret" which looks at various environmental concerns, including global warming, water use, deforestation, and ocean dead zones, and suggests that animal agriculture is the primary source of environmental destruction (Cowspiracy: Facts). It helped me think a lot about the environment and my diet. a lot.

 

その2年後の2014年に、あたしはアメリカの大学に引っ越したの。着いた初日に大学の先生があたしたち留学生をクラシックなアメリカのバーガー(牛肉)に連れて行ってくれた。そのバーガーを食べたあと、急激に気持ち悪くなって、目に焼きついている生々しい残酷な赤肉が思い浮かび、その日は牛肉を食べた最後の日になった。それから今までの4年間、牛肉を食べたいと思ったことは一度もない。そのあとすぐに、インドで食べた「毛の生えた豚」の豚肉を思い出して、申し訳なく気持ち悪くなっちゃうから豚肉も食べるのをやめた。大好きだったベーコンを諦めるのは最初は大変だったけど、食べたあとの自分の気分を考えたり、豚のことを考えたり、環境のことを考えると、もう食べたいとは思えない。あまりグロいのは見れないけれど、『Cowspiracy』っていうNetflixにあるドキュメンタリーからもいろいろ学んだかな。このドキュメンタリーでは、地球温暖化、水利用、森林減少、海洋不全地帯などの様々な環境問題を検討し、畜産農業が環境破壊の主要な原因であることを示唆している。 このドキュメンタリーを見て、あたしの食生活を考えるとともに環境についても考えさせられたの。

 

India 2012

 

At the very beginning when I stopped eating *red meat (including broth), I thought about becoming a vegetarian, but I couldn't give up chicken or fish, so I decided to be a pollo-pescetarian until I get sick of chicken (I can probably live without chicken now). And it was hard for me to inform my friends and family at first because they're not accustomed with these ideas about different diets. They would order or make something with beef and pork and I wouldn't be able to eat it. It makes sense because the ideas of vegetarianism or veganism are not popular in Japan. So, it's hard for me to find something to eat at restaurants sometimes. Luckily, Japanese people love fish, so I always have at least some choice from the menu. Recently, it seems like veganism has arrived to Japan and there are a few more restaurants, mainly in Tokyo now. Some people have told me stuff like "I can't believe you don't wanna eat yakiniku! It's so good!" but for me, I'm so happy with not eating it. 

 

*Red meat = beef, pork, veal, goat, lamb, horse, etc... (I love them too much as animals and thinking them as edible meat makes me feel sick).

 

*赤肉(ダシも含め)を食べないと決めてからは、ベジタリアンになろうかとも考えたけど、鶏肉や魚を食生活からなくすことが考えられなかったから、とりあえずは鶏肉に嫌気がさすまでは赤肉なしの生活にしようと、ポロ(ポヨ)・ペスクタリアンになろうと決めた。(ぶっちゃけ今はもう鶏肉がなくてもいいやって思ってる。)最初は家族や友達に知らせても、そういった食生活に慣れていないから焼肉や餃子に連れて行かれたり、豚肉や牛肉が使われている料理を作ったり、オーダーしたりっていうことがあって、日本でのあたしの選択肢は大幅に狭くなった。日本ではビーガンやベジタリアンという考えがまだまだ浸透していないけど、ラッキーなことに日本はシーフード料理がたくさんあるからどこかに食べに行くといくつか食べられるものはある。それでも最近ではビーガンやベジタリアン向けのレストランも増えてきて、日本にも浸透し始めているということが感じられる。何人かの人には「焼肉食べれないなんてありえない!超おいしいのに〜」と言われたことがあるけれど、食べたいとも思わないし、今の食生活にとっても満足してる。

*主な赤肉 = 牛肉、豚肉、馬肉、ラム肉、ヤギ肉など。(あたしはこういった動物が大好きすぎて、食肉として消費されているということを考えるだけで気持ち悪くなってしまう。)

 

India 2012

 

In the US or Canada, it was so much easier to be a pollo-pescetarian. Whenever I'm in Canada, my boyfriend's mom cooks such a wonderful meal for all of us and she always pick chicken or fish with a lot of vegetables for dinner because of my diet, even though everyone in the family eats beef and pork. Whenever we do go out, there are so many vegetarian or vegan options, so I've never had struggles picking what I wanna eat in Western countries. Even dumplings have vegetable options which we don't have yet in theJapanese supermarket (But I do dislike vegan meat. That's one of the things I don't understand. LOL).

 

アメリカやカナダでは、ポロ(ポヨ)・ペスクタリアンでいるのはとても楽。カナダにいるときは、彼のママがあたしの食生活に合わせて(あたし以外の家族はみんな牛肉も豚肉も食べるけれど、)いつもすごくおいしいご飯を鶏肉と魚と野菜だけで作ってくれるし、どこかに出かけてもいつも必ずベジタリアン、もしくはビーガンメニューがあるからメニュー選びに苦戦したこともないかな。餃子ですらベジタリアン用の肉なしがあったりする!(ただビーガン・ミートは好きじゃない。これは本当に理解できない 笑)

 

When I try studying about veganism or vegetarianism, I sometimes find people force others to become vegan or vegetarian. But honestly, it shouldn't be like that. It's an option. I don't think that the idea is a religious thing anymore either. When I tell foreign people that I don't eat red meat, most of the people ask me if it's because of the religion in Japan. I get a bit uncomfortable because for me, Japan is one of the most irreligious countries in the world - I would rather these people to just ask me "why?" instead of using the word "religion" which doesn't really exist for me. It's really a personal preference, I guess. 

 

ビーガンやベジタリアンについて学ぼうとすると、必ず「ビーガン/ベジタリアンになるべき」みたいなことを言う人を見る。そういう風に誰かに強制したりするものじゃないと思う。そして宗教的な習慣だけではなくなってきているとも思う。食はみんな自由に選べるものであるべき。理由も宗教の教えに従いたいとか動物を守りたいとか個人的なものでいい。あたしも海外の人に赤肉を食べないって言うと、だいたいの人に日本の宗教的なもの?と聞かれる。あたしが宗教的でないように、あたしの食生活は宗教によるものでもなければ、文化的なものでもない。ただ、あたしが自分のために好むもの。もう食の選択について『宗教』という言葉を使う必要はないな、と感じる。

 

Nowadays, some people choose to have a plant-based diet, but still wear leather, and use animal-tested products. Some people choose to be a vegan who avoid any animal products and animal-tested products to save animals. To be honest, I don't think one person is able to change the world or rid the world of killing animals, but maybe one day, we all might change that to save the planet. Who knows? Maybe it's just the beginning or maybe we'll go back. It's hard to think about the environment while we try to eat something we love, and I think we should enjoy what we eat, but also we should care more and learn more about the world we live in at the same time.

 

最近では、プラント・ベースドの人は動物性食品を食べずに野菜のみだけど、革製品を着たり、動物テストが行われた商品を使う人もいれば、動物性食品を食べず、動物の使われた革製品や動物が犠牲にならないといけない商品は一切手に取らないビーガンもいる。一人の人の食生活で動物を犠牲にしていくことは変えられないとしても、もしかしたら地球を救うためにみんながビーガンやベジタリアンになっている日がいつか来るかもしれない。もしかしたら、あたしたちは地球を変えていくのに前に進んでいるかもしれないし、後ろに戻ってるかもしれない。自分が食べたいもの・好きな食べ物がある中で、健康や食生活、環境のことについて考えることって簡単じゃないし、短い人生の中で食べたいものを楽しみたい。だけど、それと同時に毎日選択できるものを意識して選んでみて、知らない世界や環境のことを学んでみることも、同時にできると思う。

 

What do you think about vegetarianism / veganism? How do you pick your food daily? What's your diet? I'd love to discuss and hear many opinions since I don't know anyone who has a specific diet besides myself. Please let me know x

 

みんなはベジタリアンやビーガンについてどう思う?どうやって食を選んでる?みんなの食生活ってどんなもの?あたしの周りに同じような食生活をしている人がいないからぜひ話を聞いてみたい!教えてね◎

 

English Edited by Lisa

Images by Hikari

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!