what's "escape the corset"?

November 29, 2018

 『脱コルセット』とは?

 

こんにちは!インターンライターのYurinaです。みんなは、“脱コルセット”って聞いたことある?

 

Hello! I'm Yurina, honeyhands' intern writer. Have you ever heard "escape the corset"?

 

今、韓国でSNSを通して広がっている女性たちの運動のことで、若い女性たちをはじめとして、ノーメイクで出かけたり、コンタクトを外してメガネをかけたり、長かった髪をバッサリ切ったり、スカートを履かないといった運動が起こってるの。わたしは今、韓国の大学院に通っているんだけど、身近な友人たちが最近どんどんこの運動に参加しているのを見て、みんなにもシェアしたくなった。

 

Recently, women in South Korea are spreading "corset-free" movement on social media. Basically, young Korean women started going out without makeup, wearing eyeglasses instead of contact lenses, cutting their hair short, or stop wearing skirts. I go to graduate school in South Korea and many of my friends started joining this movement so I wanted to share about it.

 

今年に入ってから、セクハラ被害を訴える“MeToo運動”が日本よりも急速に盛り上がっている韓国で始まったものなんだけど、女性たちの間でもこの運動に関しては意見が極端に分かれていて、わたし自身、この運動に対する自分の立場をはっきりさせることに正直長い時間がかかった。韓国人の友人にも実際に話を聞いてみたから、シェアしていくね!

 

In the beginning of 2018, the #MeToo movement started spreading all over the world as an outspoken critique against sexual harassment and sexual assault, and it came to Korea way before it reached to Japan. Many Korean women had their opinions about it as it was a very divisive issue. It took me a long time think where I stand with this movement. I asked my Korean friends about their opinions  so I'll share with you!

 

 

まず"脱コルセット"というのは、男性が作り出した社会構造の中で、女性に対する抑圧として使用されるものや、女性に“女性性”というしがらみを与えるすべての制度をコルセットとし、それを脱ぎ捨てることによって、女性が主体的で独立的な1人の人間であることを証明する行為のこと。

 

The word "corset" in the term "escape the corset" refers to the mechanisms used to repress women in a societal structure created by men, as well as all the systems that place women in the constraints of "femininity". Only by shedding this corset can women demonstrate to be autonomous and independent human beings.

 

例えば、韓国で整形が盛んだっていうイメージは強いよね。2012年に行われたある韓国の市場調査の結果によると、男女の全体では約11パーセントが「整形の経験がある」と答え、19−49歳の女性においては5人1人が整形しているという結果が出ているみたい。(もちろん皆ではないし、友人の中ではしていない人の方が多いよ!)高校生までは勉強に専念して、大学に入る前に、また就職するために整形する場合が多くて、それくらい韓国は外見至上主義な社会だっていうことがわかる。そして、もちろんこの意識は全世界に共通することだと思う。

 

For example, I believer that many people think many Korean women have cosmetic surgeries. According to a Korean market research issued in 2012, about 11% of both women and men answered that they had had cosmetic surgeries. Between the ages of 19 to 49, one in five people had cosmetic surgeries in South Korea. Of course, that's not everyone and I have more Korean friends who have never had cosmetic surgeries. They focus on studying up until high school and before entering to university or getting a job, they tend to have cosmetic surgeries. That's how much they value "how they look" in their society. And I think it can be the same in a different way all over the world.

 

 

そんな社会だからこそ、女性たちは特に多くのお金と時間を費やしているし、周りの評価を常に受ける立場にある。インターネット上では、「フェミニストだったらこの運動を当然支持するべき!」といった意見や、強要するような意見があったりして、それに対してあまりよく思っていない女性たちも多いみたい。「自分は自己満足のためにしているのに、それを批判されているようだ」って。

 

Because of this society, women spend so much money and time on their appearance. People judge them based on how they look. On the Internet, people say "if you're feminist, you have to support this!" or something like that which is almost forcing everyone to join this movement and there are also women who don't agree with that. They say "I do this for myself and for my self-satisfaction. I feel like I'm being criticized."

 

わたしの大学院の友人の中で、ロングヘアーだった髪をバッサリ切って、化粧も前より薄くなった人がいたの。「前は、出かける前の準備に2時間半もかかってた。髪を洗って、乾かして、整えて、化粧をして。これが毎日続くもんだから、気がおかしくなりそうで時には泣きながら髪を洗った。化粧も、すればするほど気になって…外に出て、彼氏とデートをしても鏡ばかり気にしてた。」彼女は、誰のために髪を伸ばしてるんだろう、誰のために長い時間化粧をしてるんだろうって思うようになって、やめたら楽になったって言ってた。

 

One of my friends in the university, she cut her long hair really short and changed her makeup lighter. "It took me two hours and a half to get ready before. I washed my hair, dried my hair, set my hair, and did my makeup. It was my everyday life and sometimes, it made me feel crazy and I cried while I was washing my hair. As much as I wore makeup, it made me anxious. Whenever I go out, even with my boyfriend, I had to check myself on mirror all the time." She also said that she started asking herself, why are you keeping your hair long for? who are you doing makeup for? After she quitted, she felt so much better. 

 

 

実際に、“着飾り労働”(わたしが勝手に命名した)にかける女性たちのお金と時間、ストレスはすごく大きくて、だからこそ、韓国における“脱コルセット”運動は女性たちが身を置いてきた環境からの解放のための1つの手段になると思うんだ。わたしは、外見を飾ることって男女関係なく、好意を受ける方法の1つだと思うし、基本的には必要なことだと思う。でも、特に女性だけに必要とされる化粧、体重やスタイル管理に関する圧迫、長い髪、女性らしい仕草、口調、アクセサリー、ネイル等…

 

The time and money that women spend on this "dress-up labour" (I made the name up) generates a lot of stress. The "escape the corset" movement becomes a way for women to liberate themselves from this environment they've been putting themselves in.  For me, dressing up and making their appearance good is one of the way to be liked and give a good impression so I think it's okay for both men and women. However, there are still things that women feel more heavy on duty. Something like doing makeup, managing their weight and their appearance, keeping their hair long, femininity, the way they talk, accessories, nails, etc...

 

一見、女性たちの特権として楽しんでいるように見えるものもあるけど、ひどい場合には女性たちが「今よりもっと痩せたら、綺麗になったら、今よりマシな人生になる」と考えてしまうほどであることに、わたしは問題点を感じてる。日本社会でも、たとえばアルバイト先や職場などで、当たり前のように「女性陣がいると花があるわぁ」って言われるように、時にはその人がもつ能力よりも、常に綺麗な状態であることが要求されることってあると思うんだ。

 

These things can be seen as something that only women can enjoy, but also these things make women think "if I became skinnier, and more beautiful, I can have a better life." And this is an issue. It is the same in Japanese society as well. For example, think of the sentence "the place seems brighter just because there are girls!" People say these things at workplace and these words can be heavy on women. we think that we have to be beautiful all the time.

 

 

ここまで読んで、「おしゃれすることや綺麗になるために努力することは自己満足のためであって、自分にとって決して抑圧ではない!」と思う人も多いと思う。わたしは中学、高校を女子校で過ごしたけれど、皆おしゃれやダイエットに興味がなかったわけではないし、女性らしくあることを強要された記憶もない。でも女子校の中でも、「女子っぽい」「女の子らしい」という言葉はいつも褒め言葉として存在してたし、逆に「女子校出身の子はおっさんっぽい」という言葉も(褒め言葉でもけなす言葉でもなく)同時に存在してた。このように、“◯◯らしくあること“は常に私たちをつきまとってる。

 

Obviously, there are people who enjoy fashion and making an effort to be beautiful for self-satisfaction, and not taking as a society's pressure. I went to girls' school for both junior high and high school. Not everyone wanted to be fashionable or try to lose weight or nobody forced us to be feminine. At the same time, it was normal to say that girls who go to an all-girls school are "like old guys" (this was neither a compliment or an insult). As you can see, we are always categorized in some way. 

 

個人の満足でさえも、(普段は意識していなくても)男性の価値観によって作られた社会構造に原因があると考えるのが、脱コルセットを主張する人たちの考えなんだとわたしは理解している。よく「女の敵は女」という言葉が出されるけれど、少し視点を変えると、男と女っていう単純な構造ではない、男性視点によって作られた世界の視点を私たちが皆共有しているって考えることが自然なんじゃないかな。

 

Beauty work has its roots in a social structure created by the values of men, even though this is often not perceived by people who think they participate in those practices because of personal satisfaction. People often use the words "women are women's enemies", but if we slightly change our point of view, we can see that society is not simply divided  into "men" and "women". I think it's easy to agree with the fact that we all share a view of the world that was created by male perspective.

 

このシェアが、これまで当たり前に存在していた一種の“抑圧”に対して意識的になる、誰かの一歩になればいいなと思う。そして“女性性”だけではなく、これまで私たちがとらわれてきた“男性性”についても考えてみる機会になればいいと思う。もちろん、答えは1つではないから、ぜひ、皆の考えもここにシェアしてほしい!

 

I really hope this article will make you think about "pressure" we feel in our life. And maybe it's time to think about not only "femininity", but also "masculinity", the ideas we created about men. There's no right or wrong answer and I wanna hear your ideas and thoughts!

 

Images by Yurina

English Translated by Hikari and Eli

English Edited by Eli

  

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!