i love you, like a friend

January 29, 2019

I LOVE YOU, LIKE A FRIEND:

A GUIDE TO FRIENDLY CRUSHES

 

『あなたが好き。友達として。』

 

 

It’s weird. When feelings start changing. Seeing someone so close to you with fresh eyes. It can happen all of a sudden, one day you might be hanging out with your friend when suddenly you realise how sparkly their eyes are. You had never noticed that before. It’s a whiplash. It also reminds you of one of those cheesy rom-coms you only dedicate your time to after you’ve binge-watched all your favourite tv shows. You can’t help but indulge in the thoughts of changing things, of getting closer to them.

 

気持ちが変わり始める時って、変だよね。今まで普通に見えてた人が急にキラキラして見える。これって突然起こりえること。友達だと思って普通に遊んでても、突然キラキラして見える。前まではこんなことなかったのに、って。ムチで打たれたかのように、「はっ」と気づくの。それから自分の好きなドラマや映画とは違ったラブコメを観たくなっちゃうかも。ラブコメの中のようなカップルみたいになれるだろうかって、あれこれ考えちゃう。

 

Second guessing all the little things and gestures you had never payed attention to before. However, the panic soon arrives and settles in. What are you doing? Why are you thinking about your friend like this? You mentally slap yourself, as you remember that there’s no good outcome out of this situation. Your friend doesn’t think about you like this. What are you going to do? Ruin a friendship? Make yourself look like an idiot? You would never be able to muster up the courage anyways. It’d be better if you stopped fooling yourself. You decide to swallow your hope, wishing it’ll disappear, and you brush off your daydreams. You think you’ll eventually forget, that this is just a phase and that your feelings aren’t worth the trouble of ruining a relationship. You’re scared that, if you’ll ever have the courage to be honest, your friend will turn her/his back, too embarrassed to face you again. You think that it will hurt more if you’ll lose her/him. The result? You’re stuck, being close to someone, but not as you would like to.

 

あれこれ考えたり、今まで注意してみてこなかった些細なことが見えてくる。だけど、すぐにパニックが舞い降りて、解決する。『何してるの?どうして友達のことを「そういう風」に考えてるの?』ってね。精神的に自分にビンタして、友達でいることがベストでそれ以上いい結果なんてないことを理解させる。『あの人は「そういう風」に私をみてないよ。どうすればいいの?友情を壊すの?バカみたいに見えると思うよ?どうせ勇気をかき集めても無理だよ。バカみないでここで諦めるのがいいよ。』って自分の願いや想いを飲みこむことにして、この想いが消えることを願って、空想を広げるのはやめ!いつか忘れるだろうって、これはある一時の迷いだって、友情を壊してまでこの想いを貫くことはないって。でも素直にいえば、ただこの想いを知られて背を向けられたり、もう顔を見れなくなるのが怖いだけ。そんな勇気もないだろうし。それにあの人をなくしたら、もっと傷つく。結果は?止まったまま。距離は近くても、想いは遠い。

 

 

Friendzone, countless articles written about it, countless movies whose plots are solely based on this topic nevertheless, we still haven’t figured out a way out of it. Now, I could be wrong, but I’m pretty sure that every human being has experienced it at least once in her/his lifetime; as if friendzone was a sort of cosmic karmic law casted upon us. A test we all have to go through. My theory obviously rests on empiric evidence, I’m open to confutations.

 

フレンドゾーン。こういったことについて書いてある記事や映画は山ほどある。こういった気持ちを持ったまま友達でいても、その抜け出し方は誰もわからない。私は誰もがこんな経験や想いを一度はしたことがあると思ってる。もはや誰かがこれは経験するべきものって決めたみたいにね。誰もが通過しなきゃいけないテストみたいに。私の考えは正しいと思う実際の証拠もある。誰か反対する人いる?

 

Irony put aside, it is indeed a sticky situation. It can be a source of deep distress and let’s be honest: it hurts. There’s something so upsetting about having a crush on a friend. It can be frustrating and confusing. In addition to this, when you’re close to someone, it can be painfully easy to mistake a friendly admiration for something deeper. It’s hard not to question your feelings then: is it a phase? Is it simply physical attraction (hormones, who knows what they’ll do to you)? Are you sure you like him/her like that? What are you supposed to do?

 

皮肉はさておき、ちょっと厄介な状況。この気持ちを持ち続けると、これから本当に苦難の日々になるかも。正直にいえば、痛い。友達に片想いをするっていうのは調子が狂う。複雑だし、困惑する。それに、近づけば近くほど、友情としてよくしてくれてるのを勘違いすることもあります。だから自分に聞き続ける。『一時の迷いだよね?それとも肉体的な魅力?本当にそこまであの人のこと好きなの?どうすればいいの?』って。

 

 

First of all: be honest to yourself. Seriously, there’s nothing wrong: if you like her/him, you just like her/him; feelings might change with time, but this doesn’t mean that you have to deny them in the present. When denial stems from embarrassment things rarely turn out good. Stop feeling guilty, own your emotions, there’s nothing to be ashamed about. We are human beings and thus we are supposed to have feelings towards other human beings.

 

まず最初に言えることは、自分に素直でいること。本当にそれでいいの。もしあの人のことを好きなら、好き。感情は変わるかもしれないし、かと行って、今すぐに『これは違う』って気持ちを圧し潰す必要もない。やめたほうがいいって、ただ恥ずかしくて思うくらいなら結果はいい方にいくことの方が難しい。だから、モヤモヤしないで、自分の気持ちを信じて、そのままでいいし、何も恥ずかしがることなんてない。私たちは人間で、誰もが周りの人に対して常に感情を抱くもの。

 

 

Now, unless you’re genuinely happy with the situation, you should reflect on how you feel. Are you willing to change things? Are you willing to put your emotions aside? How long will you be able to do it? Let’s face it, I’m not stating that it’s impossible, but it’s very unlikely that something will magically happen without you doing something first. Thus, if you no longer feel comfortable with your relationship you should do something about it; if you want to confess your feelings, do it! It’s not an act ego, it’s ok to put yourself first. Even if you fear judgement and embarrassment, even if you don’t want to put your friend through this awkward situation, you ought to feel better. There are two inevitable possibilities: your friend could feel the same way, your friend could not. No matter where the truth lays, your life won’t change depending on it. It might be hard at first, but in the long run you’ll be grateful for your honesty. Even if things will turn out to be as you hoped they would, your life won’t depend solely on your new relationship. You’re so much more worth than that.

 

もし自分が本当にこの状況に本当に満足していないのであれば、自分の気持ちと向き合ってみて。『気持ちを変えられる?感情は別で、考えられる?あとどれだけ耐えられる?』ちゃんと向き合って何が見える?諦める必要はないと思うし、かといって魔法のように何かが起きて何かが変わるわけでもない。だからもし好きな人との関係に居心地悪さを感じたなら、何か関係を帰るきっかけを自分で作るべき。告白したいなら、しちゃえ!それは自尊心としてではなく、自分を尊重していいの。自分の気持ちを一番に考えてもいい。もしジャッジされたり、恥ずかしかったりするのが怖かったり、その友達をギクシャクした状況に陥れる結果になったとしても、きっと自分は気分がすっきりすると思う。2つの避けられない可能性がある。①あなたの想い人も同じように思っている。②あなたの想い人は同じように思っていない。どちらにせよ、あなたの人生がそれによって変わるわけではない。もし想いが届かなかったら最初は辛いかもしれないけど、時が立つにつれ、自分が素直でいれたことに感謝する日がくると思う。もし想いが届いても、あなたの人生はあなたのもので、新しい関係にコントロールされることはない。だって、あなたはあなただけの価値があるんだから。

So, if you were looking for a sign to change something, this is your sign. Wish you all the best.

 

だから、もし一歩踏み出す理由がほしいなら、この記事を読んだことがその理由。頑張って。

 

 

Images by Elisa

English Edited by Lisa

Japanese Translated by Hikari

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!