where will my love life go?

May 1, 2019

私の恋愛はどこにいくのか?

 

私は男の子も、女の子も好きになる。そういう人って、セクシュアル・マイノリティに分類されるよね。セクシュアル・マイノリティとは、セクシュアル*とマイノリティ**が意味する通り「性的少数派」のこと。このセクシュアルマイノリティは、多数派とは異なる性的嗜好やジェンダーアイデンティティ、また性的な特徴を持つ人々のことを意味する。セクシュアル・マイノリティといっても、種類がたくさんあって一般にはあまり知られていないタイプの人たちも多く存在する。

 

* セクシュアル = 性的な/** マイノリティ = 少数

 

I’m attracted to both guys and girls. People like me are categorised as sexual minorities, which includes people whose sexualities and gender identities are not that of the majority. There are a lot of types of sexualities, and there are a lot that aren’t commonly known.

 

初めて女の子を好きになった時は、同じ大学の子だったの。すごく仲良しで、大和美人って感じの大人しめの綺麗な賢い子だった。その子には元々彼氏がいたから、どうにかなろうなんて思わずに、その女の子が好きっていう認識だけはっきりしていた。ただ毎日学校で同じ授業を受けてお昼ご飯を食べて、大嫌いな体育の授業をキャーキャー言いながら受けて、一緒に帰ってみたいな生活をしていた。短期大学だったので、2年間という期間だったけれども、その2年間はすごく楽しい時間だったのを覚えている。

 

My first crush who was a girl was a girl I was super close to who went to my university. She was the Yamato beauty type, and was reserved, beautiful, and smart (Yamato beauty = a typically Japanese-looking beautiful girl, usually with long black hair). She already had a boyfriend, so I wasn’t going to do anything -- I just knew that I liked her. Every day, we sat in the same classes, ate lunch, whined during the P.E. classes that we hated, and went home together. It was during junior college so it was only two years, but I remember those two years being such a great time.

 

(Writer's Idea of Yamato Beauty)

 

その後、男の子を好きになった。長年憧れていた人で偶然な出会い方をし、連絡するようになった。何回も遊びに行って脈ありだな、と思っていた。いざ告白してもらった時「なんだか違うな〜。前に女の子を好きになった時の方が私は自然体でいられた気がするんだよな〜。」と突然そんな風に考えちゃって、その場でお断りをした。

 

After that, I developed a crush on a guy. It was someone that I had admired from afar for a long time. I coincidentally met him by chance one day, and we started talking to each other. We hung out many times, and I had a feeling that he was into me too. But when he did confess his feelings to me, I suddenly thought “This doesn’t feel right. When my crush was on a girl I felt like I could be myself more...” and rejected him on the spot.

 

次に好きになった人は、最初の好きになった女の子とどこか似ていた後輩の女の子。賢くて、しっかりしていて、黒髪の綺麗な大人しめの大和美人。他の人の連絡よりも、その後輩の女の子の連絡を優先的に返して、返信を楽しみにしていたのを覚えている。付き合いたいって気持ちは出さないようにして、これから先仲良くいれる関係になりたかった。今も仲の良い友達なので、今はすごく満足している。

 

My next crush was a girl who was my junior and was somewhat similar to the first girl I liked. She was smart, responsible, reserved and a black-haired Yamato beauty. I remember I would prioritise texting her back first before others and be excited for her to text back. I tried to hide my feelings so that we could have a long-lasting friendship. We’re still close friends, so I’m happy with how it turned out.

 

 

その後は、男の人のことを以前好きになった女の子と同じくらい真剣に好きになったけど、うまく自己表現ができてなかったり、その人から好きって言ってもらえたのに、なんだか気持ち悪くなって、その場から逃げたりしてしまっていた。なんで気持ち悪くなったかっていう理由は1つではないけれども、これからその男の人と手を繋いだり、キスしたりするんだって想像すると「うげ〜。触らないでほしい。」って思っちゃったり、男の人に甘える自分が許せないって気持ちもあったり。側から見たら、些細なことかもしれないけど、「自分は女の子を好きになっても、男の子を好きになっても幸せになれないし、どうしたらいいの?どんな人を好きになったら正解なの?」って、よく落ち込んでいた時期があった。

 

After that, there were times when I crushed on a guy as hard as I did on the previous girl, but I wouldn’t be able to express myself properly or feel grossed out when they confessed their feelings for me. There isn’t just a single reason that explains why I felt grossed out, but some of the reasons are that when I would imagine holding hands with or kissing the guy I’m with it would make me think “Ugh... I wish he wouldn’t touch me,” and not being able to accept myself fawning over a guy. It might seem like trivial things to an outsider, but there was a period when I was depressed and thinking “I can’t find happiness even when I have a crush on a girl or a guy. What should I do? Who should I even be attracted to?”

 

最近、ある子に会ってからその落ち込んでいた気持ちが晴れそうなの。私のアイデンティティーはバイセクシュアル*だけど、その子は自分の好きになる性について模索していて、「自分は何なのか?」と疑問を持っている男の子だった。彼は「男女関係なくキスでもハグでもセックスでもしようと思えばできるけど、どちらかというと男女という観点にとらわれている気がしない」と要約できる考えを持っていて、彼も彼なりに「自分のアイデンティティーって何なの?」って、模索していた。彼が結構調べてみた結果、「パンセクシュアル**(オムニセクシュアル)」が近いかもしれないと教えてくれた。

 

Recently I’ve met somebody who is giving me hope that I can come out of my darkness. I identify as bisexual*, and this guy was questioning their sexuality, and wondering “What am I?” He thought “I could kiss, hug, and have sex regardless of whether someone is a guy or a girl, but I don’t think I’m limited by the gender binary,” and was wondering what his identity was. After some research, he told me that he might be closest to being pansexual**.

 

*バイセクシャル (両性愛) = いずれの性の人に対しても、美的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱くような性的指向を持っていること。

* Bisexual = a person who is attracted aesthetically, emotionally, or sexually to men and women.

**パンセクシャル (全性愛) = 好きになるにあたってセクシュアリティを条件としない。好きになることに相手のセクシュアリティなんて関係がないという考えのこと。

** Pansexual = a person whose attraction to people is not limited by gender identity.

 

 

 

パンセクシュアルがバイセクシュアルと違う点は、セクシュアリティ関係なく、人が好きなのであって、好きになるのにあたって、セクシュアリティは好きになる要因・条件にはならないというところ。バイセクシュアルは、確かに女の子が好きなのか、男の子が好きなのか決めないという時点で2つのセクシュアリティが絡んでいる。パンセクシュアルなんて当事者の私でも初めて聞いた言葉だったし、パンセクシュアルって言葉の意味を調べて見た時、なんだか私は性別にとらわれている、視野の狭い見方・考え肩をしていたのかな、と少し自分のアイデンティティを恥ずかしいとまではいかないけれど、疑ってしまった。私たち人間は有性生殖で子孫を残す。性別にとらわれることはおかしなことではない。だけど、性別に囚われていることに違和感を持ち始めている。自分はなんてひねくれているのだろうかという気持ちになった。

 

The thing that separates pansexuality from bisexuality is that pansexual people are attracted to people regardless of their gender. Bisexuality takes into account the person’s sex. Pansexuality was a new word to me even though I am a sexual minority myself; and when I looked it up, it made me question the validity of my sexuality and whether I was just seeing people for their sex instead of for who they are on the inside. It didn’t make me embarrassed about my sexuality, but it made me have some doubts. Us humans reproduce sexually to create offspring. It’s not a strange thing for attraction to be affected by sex. But, I’m starting to feel uncomfortable about the fact that I am. It made me feel like such a twisted person.

 

 

きっと体・構造は、ただの器なのかもしれない。だから性別に囚われないという考え方があってもいいんじゃないかだろうかと考えた。そう考えることは私の気持ちを軽くさせた。 「私の体は女の子。だから男の子を好きになる努力をしよう。今は気がすすまないけど。」「でも女の子を好きな自然な自分が好きなんだけどな。」って女の子男の子女の子男の子…と、性に囚われてばかりで、その人の内面やどんな人で何が好きなのかとか、1人の人間として相手を見れていなかった。それが私が今まで幸せになれなかった原因だ。この答えにたどり着いた瞬間、私の悩みは消えてしまった。次はどんな人を好きになるんだろうと今はワクワクしている。

 

Maybe bodies and structures are just vessels. After contemplating it, I arrived at the idea that it definitely makes sense that someone may think that way. Thinking of it this way made me feel like a weight has been lifted off my shoulders. I was so focused on sex before -- I had thoughts like “I have a female body. So I should strive to like a male, even though I don’t really feel like it right now,” and “But I like myself as I am, as a female who likes females.” I was so focused on sex that I wasn’t seeing people for who they are on the inside -- like their personality or what they’re into. I wasn’t seeing them as a whole human being. This is the reason why I wasn’t able to find happiness. The moment I realised, my worries disappeared. I’m excited to see what kind of person I’ll be interested in next.

 

Image by Hinako

Illustrations by Lola Rose

English Translated by Kiara

A Note From the Editorial Team / 編集部から一言

 

The thoughts and opinions in this article are solely of the author and do not reflect the view of honeyhands.

 

この記事内での考えや意見は、ライターの個人的な想いや考えであり、honeyhandsの考え方を反映しているわけではありません。

 

Due to the increasing recognition of non-binary genders, the definition of bisexuality has undergone change. As a result, there are many different definitions of bisexuality, and none are incorrect. There is no official definition and some definitions are more inclusive of non-binary folks, and some are just different definitions.

 

ノンバイナリージェンダー*の認識が高まる中で、バイセクシャルの定義も男と女の二つの性だけではなく、様々なセクシュアリティを含んだ定義に変化してきました。そのため、バイセクシャルの正式な定義は存在せず、複数あって、どれも間違っていません。ノンバイナリーを配慮している定義もあれば、違う定義もあります。

 

*ノンバイナリージェンダー = 第3の性別とし、性別二元制の視点で区分することなく、男性でも女性でもないと自分を位置づけること。

 

In this article, the author did not take trans individuals into consideration, but this part of her thought process was an important step for her to actually develop her thoughts on her sexuality and gender inclusivity.

 

この記事では、ライターはトランスジェンダーなど他のジェンダーについて言及していないけれど、彼女自身も学んでいる途中なので、セクシュアリティやジェンダーについての理解への一歩として捉えてもらえると嬉しいです。

 

honeyhands Editorial Team

honeyhands 編集部

 

もっと知りたい人へ: https://tokyorainbowpride.com/

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!