conversation etiquette

June 11, 2019

会話のエチケット

 

こんにちは、ひかりです。

Hi, it’s Hikari.

 

先日、日本で自民党が「失言防止マニュアル」を作り、党内の議員に配布したニュースが話題になりました。マニュアルには、「強めのワードに注意」と五つの具体例が記されています。

・「歴史認識、政治信条に関する個人的見解」

・「ジェンダー(性差)・LGBTについての個人的見解」

・「事故や災害に関し配慮に欠ける発言」

・「病気や老いに関する発言」

・「気心知れた身内と話すような、わかりやすく、ウケも狙える雑談口調の表現」

このマニュアルは、議員による失言、例えば杉田水脈衆議院議員による「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」といった発言(「新潮45」2018年8月号)や、麻生太郎財務相による「G7の国の中でわれわれは唯一の有色人種であり、アジア人で出ているのは日本だけ」といった発言(麻生太郎財務相 2018年9月5日)などが度々大きな問題になり、炎上するようになったために作られ、配布されたようです。「マニュアルに頼らないと、何が適切で何が不適切な言葉なのか判断できないのか」といった声や「マニュアル自体はメディア対策としてよくできている」など、賛否両論を巻き起こしています。

 

The other day, it was in the news that the Liberal Democratic Party of Japan created an “anti-gaffe manual” and distributed it amongst its members. This manual cautions against using strong words and provides five examples which are:

  • Personal views on politics and historical events

  • Personal views on gender and LGBT

  • Insensitive comments about accidents and disasters

  • Comments on disease and aging

  • Informal comments, especially those that are oversimplified and aim at getting a laugh

 

This manual was made in response to several ministers saying inappropriate comments and creating controversy, such as when a member of the House of Representatives, Mio Sugita said “How would people agree on using taxes to support LGBT couples? Those people don’t make babies. In other words, they are unproductive for society.” (Shincho 45, 2018 August issue) Another example is when the Minister of Finance, Taro Aso proudly said: “Japan is the only coloured race amongst the G7 countries, and we are the only one from Asia.” (Aso Taro Minister of Finance, 5 September 2018) There was both support and criticism of the manual saying things like “They can’t decide what’s appropriate to say without relying on a manual?” and “The manual is well-made to prevent media blunders.”

 

 

このニュースを受けて、失言や自分が普段使っている言葉、普段している会話について改めて考えてみたら、意外と「それ、失礼だよね?」という言葉や会話が自分の周りでも溢れていることに気がつきました。また、Azusaがhoneyhandsの記事で書いていたように私も、フェミニズムに出会ってから、他人から見た目や容姿について言及されることや、ルッキズム*について悩んでいたので、合わせてシェアしようと思います。

 

*ルッキズム = 外見的な美醜を重視して人を評価する考え方。容姿による差別をいう。

 

After hearing about this and reconsidering the words I usually use and things I usually talk about, I noticed that surprisingly, there were a lot of times I would think “Wait… is that rude?” I realized that the words and everyday conversations surrounding me were filled with these impolite remarks.  Also, as Azusa previously wrote in an article, I too have been thinking about people’s comments on others’ appearance and lookism since I learned about feminism. So I’d like to share these things together in this article.

 

 

例えば、人の見た目や容姿について言及すること。初対面で、見た目や名前で勝手に外国人だと決めつけ、出身地を聞くこと。不必要に年齢を聞くこと。自分と違う生き方の選択をしている人に出会った時に、勝手にジャッジをして干渉しようとすること。その人が望んでいないのに余計なアドバイスをすること。これらは全て失礼なことです。けれども、これらが失礼なことだと指摘をすると、「それだったら人と会話なんてできないだろう!」と怒り狂ってしまう人、「そうしたら、普段どんなことを話題にすれば良いのかわからない」と怪訝(けげん)な顔をする人に出会うことが多々あります。

余談ですが、ルッキズム的な考えを持っている私の母が子供に接する仕事を始めた時に、「子供は敏感だから、大人の小さな言葉によって影響されてしまうから、迂闊(うかつ)に容姿についてコメントすることは気をつけてほしい。けなすことは言語道断だが、本人が望んでいないのに容姿について褒めることは価値観の押し付けだからやめてほしい。」と母に伝えたら、「そんなこと言ってはいけないのなら、何も喋れなくなってしまうだろう!」と激昂されたことがあります。

 

For example, commenting on someone’s appearance. Asking where someone’s from by assuming someone is a foreigner based on their appearance or their name. Asking someone’s age when it’s unnecessary. Imposing your view on someone who has different values from you. Giving advice that was never asked for in the first place. All these things are rude actions. But I have come across people who respond to this with anger, exclaiming “How could I have a conversation with someone without saying these things?!” or worry, saying “I wouldn’t know what to talk about if I wasn’t allowed to discuss these topics...”

This might be a little off-topic, but when my mother who subscribes to lookism started working a job that involves interacting with children, I told her “Children are impressionable, and they can be affected greatly by things adults may mention on a whim. So maybe you should be careful about commenting on appearance without thinking. Insulting someone is inexcusable, but even complimenting someone’s appearance is a way people push their values onto others, and I think you shouldn’t do it.” She responded in rage, protesting “If I can’t even say those things, I wouldn’t be able to talk about anything at all!”

 

 

本当に、人の見た目や出身しか話題に出来ないのだとしたら、あまりにも感性が貧しく、発想が幼稚なのではないでしょうか。人の表面的なことを話題にしなくても、その人の好きなものや熱中していること、学んでいること、どんな未来を望むかということ…話題はたくさんあります。

また、人の見た目に言及しない褒め方だってたくさんあります。最近新しく始めたバイト先の店長は、私のことを「忙しくなってもいつも元気に働いてくれるから、あなたがいるとその場が明るくなる!」と褒めてくれます。「綺麗だね」とか「いつも可愛いね!」と言われるよりも、こちらの方が言われてとても嬉しかったです。可愛いと言われると、嬉しい気持ちもありますが、なんとなくナメられているのかな、とモヤモヤしたり、私の良いところは見た目と若さだけなのかも…と、自己嫌悪に陥ったりすることがあります。そもそも、私たちは綺麗であることや可愛くあることを、世界に提供するために生まれてきたわけではないはず。「美しいことが良い」という価値観を押し付け合うのにそろそろ疲れませんか?

 

If someone really can’t discuss anything beyond the superficial, doesn’t it show a lack of perceptiveness or narrow-mindedness and immaturity? There are a ton of other topics to discuss, like the things they like, their passions, what they’re learning, what kind of future they hope for, and so on.

Likewise, there are many ways to compliment someone that doesn’t involve their looks. The store manager of the store I just started working at always compliments me saying “You light up the room because you always work so hard no matter how busy it gets!” Compared to compliments like “You’re pretty,” or “You always look cute!” this compliment made me a lot happier. When someone calls me pretty, I do feel happy but at the same time, I feel kind of weird from feeling like I’m being talked down to. Sometimes it leads me to self-hate because it makes me wonder if the only good parts about me are my looks and youth. And to begin with, we weren’t born to provide beauty or cuteness to the world. Aren’t you tired of imposing and being imposed the idea that “being beautiful is good”?

 

 

この記事は、見た目に言及しない褒め言葉の例を22個挙げたものです。私はこれを読んで、今までこんな風に人に褒めてもらったことは、あまり無かったなあ、と思ったらちょっと泣きそうになってしまいました。特に幼少期〜10代の頃に「あなたは可愛い・綺麗」ではなく「あなたは世界をよりよく変えてくれる!」とか「あなたは創造性があっていいね!」とか、そういう風に褒めてくれる大人が周りにいたらよかった…。先ほども述べたように、私は時々、自分の価値は見た目と若さにしかないのではないか、と自己嫌悪に陥ってしまいそうな時があります。他の人やこれからの子供たちには、そんな思いをして欲しくありません。見た目や若さを消費したり、ステレオタイプ的な考えで決めつけるような会話ではなく、内面の良さや自分で得たものを誇りにできるような、その人自身と向き合った建設的な会話ができるように、私たち大人が意識や知識のアップデートをしていくことが大事なのではないでしょうか。

 

This article suggests 22 compliments that aren’t based on physical appearance. Reading this and realizing that not many people have complimented me in these ways almost made me cry. I wish that in my childhood and teenage years, there had been adults that complimented me saying “You will make the world a better place!” or “Your creativity is great!” instead of “You’re pretty.” As I said earlier, sometimes I doubt my self-worth and wonder if my value only comes from my looks and youth. I don’t want others or the future generation to feel like this. I believe that it’s important for us adults to update our thinking and knowledge and have meaningful, constructive conversations that uplift one’s inner beauty and accomplishments instead of conversations that are built from ideas about looks and youth or stereotypes.

 

 

そして、どういった言葉ならハラスメントに当たらないか、失礼でないか、がわからない人は、その言葉や話題が

  • 「自分の優越を主張し、無意識に相手と主従関係をつくり出そうとしていないか」

  • 「自分の価値観を押し付け、上から目線でジャッジしようとしていないか」

ということに配慮すると良いのではないでしょうか。また、会話の中でこう言った失礼な言葉に出会ったら「それは失礼です。」と言えるようになったら良いと思います。私も注意することによって、その人との関係が悪くなるのが怖くてなかなか言えないのですが、最近は伝えてみるようにしています。この人には伝えにくい、でも、この人と会話をし続けるのも辛い、というときは(その状況から)積極的に逃げるようにもなりました。それだけでもちょっと楽になります。

 

Furthermore, people who aren’t sure what comments would be considered harassment or rude should consider:

  • whether you are unconsciously commenting to demonstrate your superiority and create imbalances in power dynamics

  • whether you are projecting your values onto someone, and looking down on them for not wanting to fulfilling them.

It would also be great if people could speak up and say “That’s impolite,” when they hear a rude remark. This is difficult for me too since I get worried that it will damage the relationship I have with that person, but I have been trying to speak up recently. I’ve started to remove myself from situations where I feel like it’s hard to speak up against a certain person, but also feel like it’s hard to continue talking with them. Just doing that takes the weight off my shoulders.

 

私の身体や私の人生は、私のものであって、誰かがジャッジしたり強要したり消費したりして良いはずがありません。同様に、他人の身体や他人の人生は、その人のものです。そういった意識がもっと浸透する世の中になってほしいと思います。そのためにもせめて私はルッキズム的なコメントやステレオタイプなジャッジから来る発言をしないようにしたいです。

 

My body and my life are my own, and it’s wrong for anyone to judge, demand, and in a way, consume it. Likewise, others’ bodies and lives are theirs only. I hope for a world where these values are pervasive. For this, I will try my best to refrain from making comments that are rooted in lookism and judgements that are rooted in stereotypes.

 

Images by Hikari Sawada / #ProjectBodyHair by Billie

English Translated by Kiara

Edited by Hikari and Kiara

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!