summer pressure

July 1, 2019

夏の抑圧

 

Summer. It used to mean peace, fun and rest. As a child, it meant that I could spend the whole day playing, not caring about anything else. Even if I never went on adventurous vacations with my family, even if I never had crazy memories to tell my friends once school started again, I didn’t care; because going to the playground, watching tv and playing with my crayons were enough. When I was young, summer days had no end, time was diluted, and ice cream was all I needed to cure the boredom of a child who dreamed too much.

 

夏。私にとって、ちょっと前まで、それは平和であり、楽しみであり、休暇だった。子供のときは、一日中遊び回って、何も気にせずに過ごした。家族とワクワクするような休暇が過ごせなかったとしても、夏休み明けに学校で友達にクレイジーな夏の思い出話ができなかったとしても、気にしたことなんてなかった。公園の遊具で遊んだり、TVを観たり、クレヨンでお絵描きしてるだけで十分だった。私の子供のときは、夏に終わりがなくて、時間も薄く、アイスクリームさえあれば、暇すぎる時間も夢のような時間に変えられた。

 

 

Summer means something different now. It started last year. One hot morning I woke up, sleep still in my eyes, a whole summer day facing me: I started panicking; the lack of plans for the day was enough to send me spiralling, my mind swimming in a feeling I couldn’t really understand. Something new was happening, a fear I had never met before, bubbling inside my head, slowly paralyzing me.

 

成長した今の私にとって、夏は昔と少し違う。去年始まったの。暑い夏の日の朝に起きた自分の目はまだ眠り足りなくて、夏の長い一日が待ってる。パニックになるの。予定がないなんて渦巻きの中に閉じ込められたみたいになる。私の頭の中はぐるぐるして何が起きてるかわからない。子供の時から今まで感じたことのない恐怖に、私の頭の中はいっぱいだった。

 

I tried to ignore my new acquaintance, for some reason though, I couldn’t stop obsessing over the fact that I had nothing to do, I felt so empty. My body soon followed my thoughts, I started feeling nauseous and dizzy, a weight on my chest pushing me down: the feeling now had a physical form. It was growing on me, in me.

 

できるだけ私はこの新しい感情を無視しようとしたけど、どういうわけか私は『何もすることがない』という考えに飲み込まれて、からっぽな気分になった。私の身体はすぐに私の頭を理解して、気持ち悪くなったり、吐き気がするほどになって、身体が重く感じた。もはや物理的な感じ。そしてそれはどんどん私の中で成長していった。

 

- the crippling guilt of not doing enough, paralyses me from doing something -

- 何もすることがないという罪悪感が私を麻痺させる -

 

 

Last summer went on. Because time goes by, perfectly unmoved, forcing the cuts to heal and the scars to lighten. I spent my days trying to locate the wound, to find out what was hurting me. Nevertheless, the only thing I could think about was my uneasiness. Drained of all my energies, I was feeling so shallow that nothing could make me feel good, better. I was stuck in my head, with my self-destructive thoughts. No matter how much I tried to distract myself and live in the moment, I was fearing the future. I couldn’t focus on the present, because I was too busy preoccupying for what would come next, or better, wouldn’t.

 

去年の夏からそれは続いた。時間が経つにつれて、その感じた想いには動じず、切り傷を癒して、傷跡を明るくしてくれる。どうして傷ついたのか、どこを傷つけたのかを考える日々があった。それでも、私は自分の「不安」を考えられるずにはいられなかった。すごいエネルギーを使って、私は何も自分を幸せな気持ちにしてくれるものがないことに浅はかな気持ちになっていた。私は自分の頭の中に閉じ込められ、自己破壊的な考えで埋め尽くされた。どれだけ自分の気分を晴らそうとして、その瞬間を楽しんで生きようと思っても、私は私は未来を恐れてた。私は『今』に集中できず、次がよくなるようにと、未来のことばかり考えていたから。

 

- it was illogical, I couldn’t help but making sense of it -

- 非倫理的なのに、私は意味がなすように考えることをやめられなかった -

 

 

The discomfort soon invaded every aspect of my life. The things that made me happy before, suddenly didn’t anymore. I started feeling guilty when I hanged out with my friends, I was so distracted by my anxiety, I couldn’t enjoy the time spent together. I started avoiding social interactions, fearing that people would notice my struggle and see through me, the fear that was eating me alive. It didn’t help, it made my distress flourish, things I had never considered scary before, unexpectedly became obstacles to my well-being. When my friends started asking me questions, noticing my strange behaviour, I convinced myself that I wasn’t a good friend, indeed I was a horrible one. I became obsessed by the idea that everyone was secretly hating me, persuading myself that I would never be enough, I wasn’t enough for myself anyways.

 

不快感な気持ちはすぐに私の人生のあらゆる面で影響を及ぼした。前は私に幸せをくれたものたちは、突然そうではなくなった。友達と遊んだときにも、罪悪感を覚え始め、私は不安に襲われて一緒に過ごす時間を楽しむことができなくなってしまった。交友関係を避け始め、周りの人に私の不安や苦痛を知られたくなくて、恐怖に襲われてた。この状況はもっと私に苦痛を与えたし、今まで自分が怖いとすら思ったことは、予想外に私の『幸せ』に影響を及ぼした。友達が私の変なふるまいに気づいて、いろいろ聞かれたりしても、私は自分は彼らにとっていい友達ではないと言い聞かせてた、私はひどい人だってね。みんな私のことを密かに嫌っていて、私は十分じゃないと自分自身を説得しているように考えるようになってしまった。

 

- I kindly rejected the idea of loving myself -

- 自分を愛することを否定しちゃった -

 

Every time I scrolled through social media, I was mocked by images foreign to me. Screen reflecting the perpetuated idea that, as a young person, I must enjoy the best years of my life, that I shouldn’t waste time worrying, rather living my youth at its fullest.  As I compared my discomfort to other people’s happiness, I convinced myself that I was flawed: I wasn’t capable of being happy. I started believing that I was never going to feel better, to feel peaceful again, that I would never overcome my demons. I began wondering how I lived before I started fearing being awake. Before the daydreams turned into nightmares, before I became my own enemy, before the enemy started tearing myself from the inside.

 

SNSをスクロールするたびに、見えてくるものは私とは無関係だと嘲笑われているように感じた。若者として、何も心配せず、全力で青春を楽しんで、人生で最高の数年を過ごすべきだという考えが携帯のスクリーンの中に反映されていた。自分の不快感を他の人の幸せと比べることで、自分が完璧ではないと言い聞かせることになる。私だって幸せになれる。だけど私は自分はもうよくならない、平穏を取り戻せないと、私の中の悪魔と戦わなきゃいけなかった。どんな風に生きてきたっけと考えれば考えるほど、弱く感じた。空想が悪夢に変わる前、私が自分の敵になる前、そしてその私が内側から自分を引き裂き始める前のこと。

 

 

- it’s crazy what we would do to

ourselves, we hate and hate until

there’s nothing left,

for us to hate,

but bags of bones

seeking rest -

 

- 私たちが自分自身に対してできることはクレイジー

残るものがなくなるまで私たちは自分自身のことを

嫌うことができるなんて -

 

 

As time goes by, unmoved by the fears, I learn how to calm the pain and heal myself. I learn how to ask for help and I let others help me. I’m getting better. The daydreams came back, and they started replacing the nightmares. It wasn’t easy, it hurt, but not as much as facing those fears alone.

 

時が経つにつれ、恐怖から動けずとも、私は落ち着き、自分の痛みを癒すことを学べる。そして、私は助けを求めることも学び、人に助けてもらうことも覚える。私はよくなってきているよ。悪夢とすり替えに空想が戻ってきて、簡単じゃないけど、苦しいことはあるけれど、一人でその恐怖に打ち方なくてもいい。

 

- As I lay awake,

I ask myself if I’ll escape it

“You always do”, time replies -

 

- 目を開けて寝っ転がって、

私はまた逃げるのかどうか自分に尋ね

『何度でも』と時間が答える -

 


Images by Elisa

English Edited by Lisa

Japanese Translated by Hikari
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!