personal responsibility or society's?

August 12, 2019

 

個人の責任か社会の責任か

 

こんにちは!あずさです。

今日はこの頃よく言葉を聞く自己責任論について、私の経験と考えをシェアします。

 

Hi, it’s Azusa!

Today, I’m going to share my experiences and thoughts on personal accountability theory* that I have been hearing often recently.

 

*Personal accountability theory =  A Japanese term that describes a theory that places responsibility on individuals rather than on society and how it reared those individuals.

 

私がこの言葉をよく聞くようになったのは、この前の参議院選挙。特に野党は「自己責任ではなく、互いに支え合う社会を」と主張しているのを聞いた。先日、京都アニメーションのスタジオが放火され、35人が亡くなった事件では「こんな恐ろしい事件を起こすなら、犯人は1人で死んだほうがよかった」などという意見をツイッターでよく目にした。一方で、このような事件が起きてしまう社会の現状に目を向けて改善していくことが重要だという意見もあり、世間を二分しているようだ。容疑者が精神疾患だとする報道が早い段階でされたことに関しても、精神疾患と事件を結びつけることへの懸念の声が出ている。もちろん、人を殺すことはあってはならないことだし、許されることではない。

 

I started hearing this word in the last House of Councillors election. The opposition parties especially, argued that they are going to make society one that doesn’t accuse individuals and instead of one where people support and help one another. When there was an arson attack on Kyoto Animation’s studio where 35 people were killed, I heard many times on Twitter that the suspect should have died by himself instead of killing many people. On the other hand, others say that it’s important to look into the society where these incidents happen and to fix its issues. People are very divided on this issue. There was even criticism on how it was reported very early that the suspect has a mental illness, and people were concerned about how mental illness was linked to the crime. Of course, killing somebody is a crime and it’s unacceptable.

 

 

私はこのような一連の流れから、数年前に受けたジェンダーの授業を思い出した。障がいをテーマに扱い、障がいを個人モデル*ではなく社会モデル**で考える大切さを学んだ。障がいを持っている個人個人に困難を克服できない責任があるのではない。むしろ多様な人を受け入れる準備が整っていない社会に目を向け、それをどう変えていくかが重要とする考えだ。

 

*個人モデル(医療モデル):障害者が困難に直面するのは「その人に障害があるから」であり、克服するのはその人(と家族)の責任だとする考え方

*社会モデル:社会こそが「障害(障壁)」をつくっており、それを取り除くのは社会の責務だとする考え方

 

Looking at those things going on reminded me of a gender studies class that I took a few years ago. We learnt about disability and my professor said that it’s important to think about disability, not with an individual or medical model* but with a social model**. This means that the responsibility of overcoming difficulties shouldn’t be placed on disabled individuals. Instead, we need to pay attention to the society that isn’t ready to accomodate diversity  and what’s important is to think about how we can change that for the better.

 

*Individual model (or medical model): A way of thinking that says people with disabilities face difficulties because they have disabilities, and so individuals (and their families) are responsible for overcoming them.

**Social model: A way of thinking that says It is society that disables these people by creating barriers, so society is responsible for getting rid of these barriers.

 

 

周りの人と話していると、個人に責任があるという考えを聞くことがある。私は、以前塾でバイトをしていた。その塾には学校の勉強についていけない子が多くいた。最初の頃は、自分中心で考えてしまって「なんでこの子はこれがわからないんだろう」と思うこともあった。そんな私に、長年教員をやっていた母は「同じ分だけやったとしても、人によって成果は違う。勉強が苦手な子っていうのは一定数いるんだよ。」と教えてくれた。私はバイトを通して、人はそれぞれ学ぶスピードが違うということを学んだ。私は「この子たちがもっと自分らしく楽しく学べる教育の形があるんじゃないか」と考え始めた。塾のバイトを辞めた後、友達に塾での経験を話したことがあった。勉強してもなかなか成績が上がらない子もいるという話をすると、「その子たちの努力が足りないんじゃない?」と言われた。それは軽い感じだったけど、私は少しショックだった。

 

When I talk to people around me, I sometimes hear the idea that individuals are responsible for themselves. I used to work part-time at a cram school*. There were a lot of students that couldn’t keep up with classes at school there. In the beginning, I sometimes wondered why a student couldn’t answer a question. My mom who worked as a teacher for a long time said to me, “Even if people studied the same amount, the results would be different depending on each individual. There’s a certain amount of people who are not good at studying.” I learned from that job that everyone learns at a different pace. I started to think that there should be another way of education where students can learn more enjoyably and in their own way that suits them. After I quit that job, I talked about this experience to a friend once. I said that there are some students whose grades don’t really get better even if they study hard. My friend just said, “Aren’t they just not trying hard enough?” She said it lightly but I was a little shocked. 

 

*cram school = a tuition center

 

 

社会で生きにくいと感じている人や、ある特定の分野に苦戦している人について、自分を基準にして何かを言うことは簡単だ。今その人が置かれている現状や起こしてしまったことについて、その人自身に責任があるという言い方もよくされる。「自分が努力して何かを乗り越えられたから、それを達成できない人は怠けているだけだ」「たくさん人を殺すくらいなら、容疑者は1人で死んだ方がよかった」そのような意見を聞くたび、個人を責めることが何かプラスのことにつながるのか疑問に思う。もちろん、人を殺すことは犯罪だし、容疑者の起こした事件の重大さが軽くなることはない。でも個人を責める風潮がさらに高まることで、今まで苦しい思いをしていた人が、ますますそれを強いられることになると思う。

 

It’s easy to say something from your perspective to someone who doesn’t feel comfortable living in a society or to someone who isn’t good at something or can’t handle something based on their experiences. It’s also often said that an individual is responsible for the situation that they are in, or for what they have done. I’ve often heard phrases like “I worked hard to overcome this thing, so people who can’t do the same are just lazy.”, and “the suspect killed a lot of people, so he should have died by himself.” Every time I hear something like this, I wonder if accusing somebody would do something positive. Of course, killing someone is a crime and what the suspect did shouldn’t be taken less. But as the trend toward accusing individuals is accelerating, people who have struggled in life would just be forced to do the same thing more. 

 

 

私が触れたもの以外にも、若者の貧困や、引きこもり、就職氷河期を経験した失われた世代(ロスジェネ世代)などをはじめとして、自己責任論で語られやすい課題はたくさんある。「個人の責任だ」と責めることは、問題の根本的な解決には繋がらない。その人や事件がどう社会と関連しているのかを丁寧に見極め、それをどう変えていくかを考えてくことが大切だと思う。私たちはそれぞれ色々なことを抱えて生きているし、人生にいつ大変なことが起こるのかわからない。そんな中で「こうなったのは自分が悪い」と置かれている状況に対して自分を責めたり、他人に対して「個人の努力不足」「あなたのせい」というような言葉が多く発せられると、互いに頼ることが難しくなってしまい、私たちがさらに孤立することにつながりかねない。社会や人々の意識を変えていくことは時間がかかる。でも表面の出来事だけではなく、その背景について少し考えてみたり、まだ知らないことについて知ろうという姿勢を忘れずにいたいと思う。

 

Besides what I touched on, there’re a lot of issues that are easy to talk with personal accountability theory like youth poverty, hikikomori*, and generations that experienced job scarcity. Accusing somebody doesn’t solve the cause of the problem. I think that it’s important to look into how someone and the incident are related to society carefully, and think about how we can change it. We all have different challenges and never know when difficulties will arise. Accusing the person instead of the situation by saying things like “What happened is my fault”, “They didn’t try hard enough” or “This is your fault” makes it difficult for us to depend on each other, and it will lead to more isolation. Although it takes a long time to change society and people’s mindset, I’d like to keep in mind to think about not only the event on a surface level but also its context and what’s behind it, and I'd like to always be open to new things to learn. 

 

*hikikomori = a phenomenon or mental illness where people withdraw from society and do not leave their house.

 

みんなは自己責任論についてどう思う?

 

What do you think about personal accountability theory?

 

References:

Yahoo!Japanニュース - 社民党・吉川はじめ幹事長「『自己責任・自助努力で』ではなく『支えあう社会をつくりたい』」

Yahoo!Japanニュース - 橋下徹氏、京アニ放火事件で青葉容疑者へ「一人で死んで欲しい。他人を犠牲にしていいのか?社会でこういうことは言い続けるべき」

msnニュース - 京アニ事件「犯人野放し」批判で検証、病歴と犯罪の知られざる関係性

NPO法人CILだんない - 『社会モデル・医療モデルとは?

「個人モデル」と「社会モデル」

BLOGOS - 『なぜ格差は自己責任だと言われるのか

with news - 『貧しいのは本人のせい?エリートに広がる「自己責任論」

Huffington Post Japan - 『自己責任が他人を切り捨てる言葉になっている

Huffington Post Japan - 『「自己責任」だと説教しても、貧困問題は解決しない

Business Insider - 『ひきこもる就職氷河期世代。ひきこもり100万人時代、中心は40代。家族が苦悩する「お金問題」

NHKハートネット - 『「8050問題」とは?求められる多様な支援

文春オンライン - 『40代無職と70代無職の親子が「共倒れ寸前」は自己責任か

朝日新聞デジタル - 『ロスジェネ、置き去りの20年 いま再び注目される訳

 

Images by Azusa

Edited by Kiara and Hikari

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!