cosmetic surgery and social media

January 23, 2020

美容整形とSNS

 

In the past decade, social media have radically changed the way businesses and professionals approach their customers. Digital marketing via platforms such as Instagram and Facebook has become imperative for big and small companies alike. The benefits of social media are multiple, they boost visibility, help with brand building and can lead to overall growth in sales. Unsurprisingly, cosmetic clinics and surgeons have also adapted to this new way of reaching out to customers, and began advertising their work on digital platforms by using hashtags, sharing videos of surgical procedures and before-and-after pictures of their patients.

 

過去10年の間に、SNSは、企業や専門家が顧客にアプローチする方法を根本的に変えてきました。InstagramやFacebookなどのSNSを通したデジタルマーケティングは、大企業も中小企業も不可欠になってきています。SNSをマーケティングの道具として使うメリットは複数あり、認知度を高め、ブランド構築をサポートし、売上の全体的な成長に繋がります。当然のことながら、美容クリニックと外科医も、この新しいマーケティング方法で顧客に手を差し伸べ、ハッシュタグを利用し、手術手順のビデオや患者のビフォー・アフターの写真を共有するなど、SNSで宣伝を始めました。

 

 

Because cosmetic surgery and social media share the cult of perfection, they go hand in hand; on one side, digital platforms drive women to chase the flawless look — and on the other, cosmetic surgeons grant their wishes. Unfortunately, this match made in heaven has many negative effects, especially for one’s self-esteem. Augmented reality (AR) filters and reshaping apps that allow people to see themselves in an edited version are considered to be potential triggers of body dysmorphic disorder (BDD), a body-image disorder characterized by a persistent and intrusive preoccupation with an imagined or slight defect in one's appearance.

 

美容整形手術とSNSは、どちらも「完璧さ」を求めるという理念を共有しているため、密接に関連しています。SNSは多くの女性に「完璧な見た目」を追い求めるように駆り立て、美容外科医がそんな女性の欲望を叶えています。残念ながら、この美容整形とSNSのパーフェクトマッチは、多くの人々の自尊心に関して悪影響を及ぼします。多くのSNSで見かける見た目を加工するフェイスフィルター(ARフィルター)を通して自分自身を見ることは、身体醜形障害*(BDD)を発症させる可能性があると考えられます。この精神疾患**は見た目の些細や存在しない欠点への極度のこだわりを特徴とするボディイメージの障害の一つです。

 

* 身体醜形障害(BDD)= 極度の低い自己価値感に関連して、自分の身体や美醜に極度にこだわる症状である。 実際よりも低い自己の身体的なイメージが原因である。

** 精神疾患 = 脳の障害や損傷などによる働きの変化が原因で、感情や行動に著しいかたよりが見られる状態のことです。統合失調症やうつ病などいろいろな病気の総称で使われます。

 

 

In the past few years, psychologists have started talking about a new phenomenon, later dubbed “Snapchat dysmorphia”, to describe people who undergo cosmetic surgery to resemble how they appear through Snapchat filters. People who spend a lot of time on digital platforms sharing their pictures are especially vulnerable to the risk of developing such disorders because they tend to compare their appearance to others and are thus more concerned about their body image. Moreover, the exposure to idealized images amplifies the insecurities of social media users who feel compelled to conform to unrealistic beauty standards. Taking into account the potential damage of AR filters that depict or promote cosmetic surgery, Instagram has banned their use on its platform. This new awareness about the impact of social media on mental health triggered a debate about the liability of Facebook, Instagram, Twitter, Youtube, etc. for the content published on their platforms. Do social media have a social responsibility? Or are they neutral distributors of content created by users?

 

過去数年の間に、自分がSnapchatのフィルターで加工された姿に似せて美容整形をする人が現れ、心理学者たちは「Snapchat醜形障害」と呼ばれる新しい現象について考え始めました。写真を共有できるSNSに多くの時間を費やす人々は、自分の見た目を他の人と比べてしまう傾向があるため、こういった障害を発症するリスクが特にあります。さらに、理想化された写真を見れば見るほど、非現実的な美しさの基準に合うようにならなければいけないと感じるSNSユーザーの不安を増します。Instagramは、美容整形を描写または促進するフェイスフィルターの潜在的な損傷を考慮して、使用を禁止しています。SNSが及ぼすメンタルヘルスへの悪影響の新しい認識は、FacebookやInstagram、Twitter、YoutubeなどのSNSはユーザーが作ったコンテンツに対して、SNS側が責任を持つべきかどうかについて、議論を引き起こしました。SNSには社会的責任があるのでしょうか?それとも、SNSはユーザーが作成したコンテンツを発信するだけの中立的な立場でしょうか?

 

 

In the past, the level of perfection now presents on platforms such as Instagram and Facebook could only be seen in magazines and advertisements portraying celebrities and models. Nowadays, normal people can aspire to achieve the same flawless look. For example, when I was younger I was really insecure about my nose. Because I’m half Filipino and half Italian, my nose is slightly more flat with respect to the pointed and well-defined noses of my fellow Italian friends and relatives. No matter what people told me, every time I looked at myself in the mirror, I couldn’t help but wish I looked different. I remember disliking having my picture taken because of how my nose looked. However, since I knew that nose jobs were very expensive and painful I never truly considered “fixing” what I regarded as a flaw. 

 

InstagramやFacebookなどのSNSに存在する「完璧さ」のレベルは、以前は有名人やモデルを描いた雑誌や広告でしか見ることができませんでした。それが今では、普通の人たちがその「完璧さ」を達成することを目指しています。例えば、私が小さかったとき、自分の鼻に本当に自身がありませんでした。私はフィリピン人とイタリア人のハーフなので、イタリア人の友人や親戚のような先の尖ったハッキリした鼻と比べて、私の鼻は少し平らだったからです。周りの人に何を言われても、私は鏡で自分自身を見るたびに、私の見た目が違っていれば、と望んでいました。自分の鼻へのコンプレックスのせいで、写真を撮られるのが嫌だったことを覚えています。でも、私は鼻の美容整形がとても高く、苦痛であることを知ってからは、私は自分のコンプレックスを「修正」しようと考えたことはありませんでした。

 

 

A few years ago, as I was scrolling through Instagram I started seeing videos depicting non-surgical nose jobs, namely the injection of fillers into the nose to alter its appearance. I was amazed by the before-and-after pictures and how drastically different patients looked because of the fillers. I remember thinking that I could finally solve my “problem” with one easy solution, and for several weeks I looked for clinics near my hometown that could provide me with this procedure. Thankfully, I never ended up changing my nose and I’m grateful to have learned to embrace my natural and unique appearance with the help of friends, relatives and books that made me realise that beauty comes in all different forms. My short-lived obsession was surely fueled by the videos and pictures that I saw online. The more time I spent looking at those before-and-after pictures, the more I convinced myself that I needed to undergo a nose job.

 

数年前に、Instagramをスクロールしていたときに、鼻の非外科手術、つまり見た目を変えるために鼻にフィラー*を注入することを描いたビデオを見るようになりました。ビフォー・アフターの写真と、フィラーのおかげで患者がどれほど見違えたかに私は驚かされました。私はその時、こんなにも簡単な解決策で「問題」をようやく解決できると考えたことを覚えています。そして数週間、この手順を提供してくれる地元の近くの診療所を探しました。ありがたいことに、結果的に私は鼻を変えずに終わりました。本や友達、親戚のおかげで、「美しさ」はあらゆる形でもたらされることを実感し、自然でユニークな見た目を受け入れることを学んだことに感謝しています。この私の短く終わった執着は、私がオンラインで見たビデオや写真、そして手順がどれほど簡単に見えるかによって確かに売り込まれました。今思うと、ビフォー・アフターの写真を見る時間が長ければ長いほど、私は鼻の美容整形をする必要があると確信していたと思います。

 

* フィラー = 「埋めるもの・詰めもの」などの意味で、美容医療においては注入剤や注入医療のことを指す。 いわゆる一般的には"プチ整形"と呼ばれるもののひとつで、切らずに注入剤を注射するだけでシワやたるみなど老け顔の悩みを解消できると人気が高い。 

 

 

Thanks to social media, users are more knowledgeable about cosmetic surgery because they have access to videos and pictures portraying surgical procedures. In addition to this, the treatments are more available to them because it’s easier to get in touch with clinics and surgeons who share their work online. 

 

SNSのおかげで、ユーザーは整形手術を描写したビデオや写真にアクセスできるため、美容整形についての知識が増えていると思います。これに加えて、オンラインで仕事を共有しているクリニックや外科医との連絡が取りやすくなるため、治療がより利用可能になります。

 

Another interesting aspect of the relationship between social media and cosmetic surgery is that there is less stigma about getting work done. This new acceptance could be seen as a by-product of the normalisation of cosmetic procedures by social media. Many social media personalities and influencers started sharing their experiences about going under the knife, sometimes even advocating for plastic surgery. In fact, some of them go so far as to recommend clinics and surgeons, filming the whole process for their followers. Some of these influencers might consider their actions as harmless and I appreciate their honesty, especially because lying about not having had any plastic surgery is pointless and contributes to the creation of unrealistic beauty standards. Moreover, spreading more knowledge about how surgical procedures are done can have some positive effect and help people find professional and reliable surgeons. 

 

SNSと美容整形手術の関係で、もう一つの興味深い側面は、整形をすることに対しての偏見が少なくなったことです。この新たな整形を受け入れる姿勢は、SNSによる美容整形の正常化の副産物として見ることができます。多くのSNSのインフルエンサーは、美容整形することについての経験を共有し始め、時には形成外科手術ですら支持しました。実際に、インフルエンサーの何人かはクリニックや外科医をオススメしたりするほど、手術前や後の過程を撮影し、フォロワーに共有しています。こういったインフルエンサーたちは自分の行動を無害だと考えているかもしれません。特に、整形手術を受けたということを秘密にするのは無意味で、非現実的な美しさの基準を作ることに貢献するため、手術を受けたと正直に言う、彼らの正直さには感謝します。そして外科的処置がどのように行われるかについてより多くの知識を広めることは、もちろんポジティブな効果があり、人々が専門的で信頼できる外科医を見つけるのを助けることができます。

 

 

Plastic surgery shouldn’t be stigmatized or something to be ashamed about, but influencers shouldn’t be allowed to profit from advertising it. In fact, many influencers are either paid to promote cosmetic clinics and surgeons or get free treatments if they share their experience with their fans. As previously stated, sharing personal thoughts concerning cosmetic surgery can help people to know more about how treatments work. However, I think that promoting cosmetic surgery and monetizing viewers’ insecurities, trying to persuade them that they need to undergo treatments, is intrinsically wrong and contributes to a detrimental trend by breeding an idea of beauty which is unrealistic, especially among younger generations who are extremely vulnerable and gullible. 

 

整形手術は非難されるべきではなく、恥ずべきことでもありませんが、インフルエンサーが広告することで利益を得ることは許されないと私は思います。実際に、多くのインフルエンサーは、フォロワーと自分の経験を共有することで、美容クリニックや外科医を宣伝してお金をもらったり、無料で治療を受けたりしています。でも、美容外科をPRしてフォロワーの不安を収益化し、「あなたは治療を受ける必要がある」と言うことを説得しようとするのは、本質的に間違っており、特に若い世代の間で非現実的な美しさの概念をもたらす有害なトレンドを促すと思います。 

 

 

I don't dislike the procedures themselves, rather their unrestricted promotion on social media. In fact, I don’t think that procedures should be banned or that cosmetic surgery should cease to exist, but that they shouldn't be depicted and sold as the first and best option to achieve self-confidence. In my opinion, because the advertisement for cosmetic treatments like Botox and dermal fillers normalizes the use of treatments to overcome insecurities, it encourages the idea that when you feel self-conscious about yourself the best solution is changing your appearance. This mentality is incredibly toxic for one’s self-esteem and it only benefits surgeons, clinics, and influencers who are paid to promote cosmetic surgery. 

 

私は施術自体が嫌なのではなく、SNSでの無制限の宣伝が気になります。実際、施術や美容整形手術を禁止するべきではないと思いますが、私たちが自分の自信を得るための最初で最良の選択肢として、美容整形を宣伝・販売するべきではない、と私は思います。私の意見として、ボトックス*やダーマルフィラー**などの美容医療の広告は、人々の自信を克服するためにある手段として標準化されているため、自分自身の見た目に不安を感じてしまうとき、こういった広告が自分の見た目を変えることが最良の解決策だという考えを後押してしまいます。この考え方は、自尊心にとって非常に不健康であり、結果的に外科医やクリニック、およびお金をもらって宣伝をしているインフルエンサーにだけ利益をもたらします。

 

* ボトックス = 筋肉の動きを抑えることによって、シワをできにくくするのである。

** ダーマルフィラー= 皮膚充填剤。美容分野でしわ治療やボリューム回復のために皮膚下に注射で注入する製剤。

 

Ultimately, platforms such as Instagram, Facebook, etc. should be held accountable for the distribution of content which is detrimental for users’ mental health, and make an effort to create a more positive environment. I think that the body positivity movement could be one of the answers to the toxic beauty trend that we have seen flourishing on platforms. In particular, it has the potential to positively impact social media users by creating a community of support, and inspire people to accept themselves instead of urging them to undergo cosmetic procedures to overcome their insecurities. 

 

最終的に、InstagramやFacebookなどのSNSは、ユーザーの精神的健康に有害なコンテンツの配信に対して責任を負い、よりポジティブな環境を作っていく努力をする必要があると思います。ボディ・ポジティブ運動は、SNSで繁栄してしまっている有毒な美容トレンドへの答えの一つであると思います。特に、ボディ・ポジティブをサポートできるコミュニティを作っていくことでSNSのユーザーにプラスの影響を与え、自分への自信を克服するために美容施術を行うように促すのではなく、人々がありのままの自分を受け入れるように促すことができると思います。

 

Body Positive Accounts:

@radhikasanghani

@libbyshappyproject

@miakang

@love_disfigure

@girlgaze

 

Videos:

 

References:

REVE Chat - "Top 9 Ways How Social Media Impacts Your Businesses"

Psychology Today - "Social Media and The Rising Trend of Cosmetic Surgery"

Candice E. Walker, Eva G. Krumhuber - "Effects of social media use on desire for cosmetic surgery among young women"

Dazed - "The truth about ‘Snapchat dysmorphia’"

TIME - "How Social Media Is a Toxic Mirror"

 

Surveys:

Spa Executive - "The most popular cosmetic procedures by country"

Market Watch - "AAFPRS Annual Survey reveals Trends In Facial Plastic Surgery"

GlobeNewswire - "Latest International Study Shows Global Rise In Cosmetic Surgery - USA, Brazil, Japan, Italy and Mexico continue to perform the most procedures worldwide"

 

Images by Elisa

Japanese Translated by Hikari

Edited by Kiara and Hikari


 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow us on Instagram!

contact:

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black SoundCloud Icon
  • Black YouTube Icon
©Copyright 2020 honeyhands. All Rights Reserved.